人生にゲームをプラスするメディア

出荷完了から販売終了へ…新作が控えているPSP、大きな駆け込み需要が発生か

ソニー PSP

PSP
  • PSP
  • PS Vita
  • ヨドバシカメラ
  • アマゾン
昨日ソニー・コンピュータエンタテインメントジャパンアジア(SCEJA)が、PSP(プレイステーション・ポータブル)の出荷を完了することを発表しましたが、まだ世間のPSP需要は高い様子を見せております。

Amazon.co.jpでは新品のPSPが人気商品となっており、価格は2万円に高騰。そのほとんどがマーケットプレイスの出品者からのものです。また、ビックカメラやヨドバシカメラといった家電量販店では、既に販売が終了しており、購入することができません。

では、なぜ需要があるのでしょうか。そもそもPSPは発売から10年も経ちますし、既に次の世代のハードであるPS Vitaが登場しています。ですが、現在展開中であるブロッコリーの人気シリーズ「うたの☆プリンスさまっ♪」の最新作はPSPですし(発売日未定)、2014年8月発売のコーエーテクモゲームスの『討鬼伝 極』はPS Vita版だけでなくPSP版もリリースされます。また、全てのタイトルがPS Vitaの「UMDパスポート」に対応しているわけではありません。

しかし、既にSCEJAはPSP1000/2000のアフターサポート受付を終了しているため、旧世代のPSPを持っている人でも、壊れてしまえば遊べなくなるであろうゲームが出てしまいます。となれば、出荷完了のニュースにより需要が大きく膨れ上がるのは明白です。

もちろん、SCEJA自身も移行を促進させようとしており、PSPを下取りに出すことでPS Vitaが最大3,000円引き(学生の場合は4,000円引き)で購入できる買い物券を配布するなどの行動を起こしています。また開発側としても、アイデアファクトリーの女性ゲームブランド「オトメイト」は9月以降の新作ラインナップの全てをPS Vita向けタイトルにするといったことをしています。

とはいえ、PSPで登場する新作ゲームがある時点で、完全な移行はなかなか難しいことでしょう。SCEJAもそれを理解してPSPの出荷を完全に終了させたのでしょうが、現状ではまだPSPを求める人が多いようです。
《すしし》

編集部おすすめの記事

ソニー アクセスランキング

  1. 【特集】『GUILTY GEAR』石渡太輔氏x「楽園追放」水島精二監督対談―3DCGだからできたことと、CGでは再現できない「魂の部分」とは

    【特集】『GUILTY GEAR』石渡太輔氏x「楽園追放」水島精二監督対談―3DCGだからできたことと、CGでは再現できない「魂の部分」とは

  2. 『FFXIV: 紅蓮のリベレーター』のベンチマークソフトが配信開始! 新要素を綴る最新トレーラーもお披露目

    『FFXIV: 紅蓮のリベレーター』のベンチマークソフトが配信開始! 新要素を綴る最新トレーラーもお披露目

  3. PS4/PS Vita『祝姫 -祀-』現実と幻覚が交錯する世界を映像でお届け─キーワードは“呪い”と“悪夢”

    PS4/PS Vita『祝姫 -祀-』現実と幻覚が交錯する世界を映像でお届け─キーワードは“呪い”と“悪夢”

  4. PS4が「ロト エディション」になって登場!『ドラクエXI』や「はぐれメタル」USBカバーフィギュアが同梱

  5. PS4『ポータルナイツ』のゲーム内容を紹介する国内向け最新トレイラー!

  6. PS4『GUNDAM VERSUS』DL版の予約販売がスタート! 発売日0時からプレイ可能

  7. 『GUILTY GEAR Xrd REV 2』SteamでもアップグレードDLCが配信決定、オンラインロビーの情報なども公開

  8. ソニー2016年度連結業績―PS4は2,000万台到達―ゲームは大幅増収増益

  9. あまりにセクシーな2B…『ニーア オートマタ』過去作コスチューム/闘技場DLC発表!

  10. 【特集】今から始める『ダークソウル』シリーズガイド…君はどれから死にに行く?

アクセスランキングをもっと見る