人生にゲームをプラスするメディア

基本無料ではなく完全無料!? 『Unreal Tournament』シリーズ最新作の挑戦

ゲームビジネス 開発

Epic GamesによるUnreal Engine 4の使用例。『Unreal Tournament』最新作はこのエンジンを元に制作が進められています
  • Epic GamesによるUnreal Engine 4の使用例。『Unreal Tournament』最新作はこのエンジンを元に制作が進められています
  • 『Unreal Tournamet 3』のMODの一例です。抜けるような青空の下でスノボを満喫!? もはやFPSですらなくなっています
いまやすっかり浸透したF2P(基本無料)モデル。多くのプレイヤーが無課金・小額課金で遊べるのは「一部の高額課金プレイヤーが他の多数のプレイヤーを支えているから」というのがカラクリなわけですが、なんと「Not free to play, just free.("基本"無料ではなく、まさに無料)」を謳うゲームが出てきました。プレイヤーには夢のような話ですが、メーカーはどのように利益を得るのでしょうか。その仕組みに迫ってみましょう。

◆無料のカラクリ1:ゲーム制作エンジンを有料で提供


その夢のようなゲームの正体は、先日発表されたEpic GamesによるPC/Mac/Linux対応のスポーツ系FPS『Unreal Tournament』シリーズの最新作です。余談ですが、FPSは「スポーツ系」と「リアル系」に分類することができ、スポーツ系はアクション性が高い・テンポが速い・マルチプレイ重視、リアル系は銃の性能や人間の身体能力などをリアルに再現・操作が難しめ・1人用のキャンペーンモードも充実……などの特徴が挙げられ、『Unreal Tournament』はスポーツ系の代表格といえるタイトルです。

閑話休題。そんな『Unreal Tournament』最新作無料の秘密は、同作の制作にも使われるEpic Games自社製のエンジン「Unreal Engine 4」にあります。Unreal Engine 4は月額サブスクリプションモデルがあり、月額19ドルを支払うことで誰でも自由に使うことができます。それに加えてこのゲームに関するすべてのコードとコンテンツ、最新情報をあますことなくオープンにすることで、ユーザーやファンたちと一緒に最新作を作ろう、というめずらしい制作体制が取られているのです。こうしてできたゲームが、無料で提供されるというわけですね。「自分の好きなゲームの最新作に深いところから関われるならお金を出してもいい」と考える熱心なファンも大勢いるでしょうから、そういう意味ではこのビジネスモデルも「一部のユーザーが多数のユーザーを支える」ことで成り立っているといえます。

◆無料のカラクリ2:ユーザー制作による有料MODの利益を折半


そしてもう1つの収益源が「MODの販売」です。MODとはModificationの略で、ゲームの内容に変更を加えたり、新たな要素を加えたりするファイルやプログラムのこと。PCゲームではFPSのみならず様々なジャンルでユーザー発によるMODが盛んで、MOD導入可能なゲームになにも適用していないことを「バニラ」と呼ぶほどです。ゲームをプレーンなアイスになぞらえ、MODを「ゲームをさらに魅力的に(自分好みに)するトッピング」と捉えているわけですね。そんなMODの一部を有料で販売するマーケットを用意し、売り上げを制作者と折半することを予定しているようです。

これら2点を収益源とすることで、できあがったゲームを遊べればいいファンたちは無料で遊べる……というビジネスモデルになっているようです。ゲームとして形になるのはまだまだ先の話ですが、多くのユーザーの意見を取り入れ、技術を持ったユーザーがそれを形にしていくビジネスモデルは、ゲーム制作クラウドソーシングの好例となるのか、投げっぱなしの悪例となってしまうのか。ゲーム自体のデキはもちろん、Epic Gamesの挑戦からも目が離せません。

(C) 2004-2014, Epic Games, Inc. All rights reserved. Unreal and its logo are Epic’s trademarks or registered trademarks in the US and elsewhere.
《蚩尤》

編集部おすすめの記事

特集

ゲームビジネス アクセスランキング

  1. 建築ビジュアライゼーションにも活用される『Enlighten』-ゲーム開発技術との関連性は?ヒストリア代表に訊く

    建築ビジュアライゼーションにも活用される『Enlighten』-ゲーム開発技術との関連性は?ヒストリア代表に訊く

  2. ニンテンドースイッチ版『RiME』にシリコンスタジオの「Enlighten」を初採用─絵画のように美しい世界を豊かに演出

    ニンテンドースイッチ版『RiME』にシリコンスタジオの「Enlighten」を初採用─絵画のように美しい世界を豊かに演出

  3. ゲーム開発者の平均年収は「539万円」─据置型ゲーム機従事者が増加傾向、スマホ従事者は3年連続の減少

    ゲーム開発者の平均年収は「539万円」─据置型ゲーム機従事者が増加傾向、スマホ従事者は3年連続の減少

  4. ミストウォーカー、新作タイトルで現代アーティストの小松美羽とコラボを実施 ─ 個展には描き下ろし作品が展示中

  5. 2017年10月発売の新作ゲームは何を買う?―注目タイトルまとめ!

  6. 「日本と海外におけるゲーマーにとってのリージョン制限」・・・イバイ・アメストイ「ゲームウォーズ 海外VS日本」第22回

  7. 株式会社ディンゴが倒産、編集部でも確認―代表作は『フォトカノ』『初音ミク -Project DIVA-』

  8. 日本初のチーム対戦フィールドVR『攻殻機動隊 ARISE Stealth Hounds』がVR ZONE SHINJUKUに登場

  9. 【UNREAL FEST EAST 2017】堀井氏がSwitch版『DQXI』の最新情報をポロリ!? ここだけのエピソードが満載だった『DQXI』基調講演

  10. 『大逆転裁判2』の作業量は前作の倍!? ローカライズ裏話も――『逆転裁判』特別法廷セミナーレポート・後編

アクセスランキングをもっと見る