人生にゲームをプラスするメディア

アニメ版や設定資料集が同梱されたシリーズ10周年に相応しい内容の「戦国無双4 TREASURE BOX」を開封

ソニー PS3

アニメ版や設定資料集が同梱されたシリーズ10周年に相応しい内容の「戦国無双4 TREASURE BOX」を開封
  • アニメ版や設定資料集が同梱されたシリーズ10周年に相応しい内容の「戦国無双4 TREASURE BOX」を開封
  • アニメ版や設定資料集が同梱されたシリーズ10周年に相応しい内容の「戦国無双4 TREASURE BOX」を開封
  • アニメ版や設定資料集が同梱されたシリーズ10周年に相応しい内容の「戦国無双4 TREASURE BOX」を開封
  • アニメ版や設定資料集が同梱されたシリーズ10周年に相応しい内容の「戦国無双4 TREASURE BOX」を開封
  • アニメ版や設定資料集が同梱されたシリーズ10周年に相応しい内容の「戦国無双4 TREASURE BOX」を開封
  • アニメ版や設定資料集が同梱されたシリーズ10周年に相応しい内容の「戦国無双4 TREASURE BOX」を開封
  • アニメ版や設定資料集が同梱されたシリーズ10周年に相応しい内容の「戦国無双4 TREASURE BOX」を開封
  • アニメ版や設定資料集が同梱されたシリーズ10周年に相応しい内容の「戦国無双4 TREASURE BOX」を開封
コーエーテクモゲームスより3月20日に発売となったPlayStation 3&PlayStationVitaソフト『戦国無双4』。諸々の特典がついた豪華版「戦国無双4 TREASURE BOX」が届いたので早速開封してみました。



真田兄弟が対峙するメインビジュアルが描かれた外箱。金色と黒が豪華版に相応しいゴージャスさを醸しています。



背面上部には通常パッケージと同様のゲーム紹介が、下部にはセット内容が記されています。



よくみるとキャラクターやロゴマークがクリア加工されており角度によって浮き出て見えます。細かいこだわりが感じられます。



内部は黒で統一されており2重構造になっています。仕切りも黒でまとめられていてオシャレですね。上段にソフトやCDが、下段には『戦国無双4』キャラクター設定画集が収められています。



上段はさらに2段に分けられ、最上段には『戦国無双4』ソフトとポストカードセットが、その下にはOVA「戦国無双SP~真田の章~」(Blu-ray)とオリジナルサウンドトラックCDが丁寧に収められています。



上段を開けるとキャラクター設定画集がお目見え。A4サイズのハードカバー仕様で、ロゴマークはクリア加工が施されています。全144ページでフルカラー。登場する全キャラクターの設定画が網羅されています。

キャラクター1人につき見開き2ページでレイアウトされ、左は設定画・決めセリフ・過去のデザインが配置されており、比較して見ることも可能。右はイメージイラストが丸々1ページにレイアウトされていて迫力満点です。

また本作は『戦国無双』シリーズ10周年ということで「戦国無双10周年の足跡」と題したページもあり、歴代のパッケージイラストやCGの変遷、10年の歩みを辿る年表もまとめられています。特にCGの変遷は時代を感じると同時に、それぞれのナンバリングのデザインコンセプトにも触れることができとても興味深い内容になっています。懐かしのCGイラストを見ると、つい過去作を引っ張り出してプレイしたくなりますね。



ポストカードセットは全15枚。軍や地域ごとにキャラクターが分類されています。宛名面は統一デザイン。切手部分に幸村がプリントされているので、切手を貼るのがもったいないです。



OVA「戦国無双SP~真田の章~」(Blu-ray)はテレビ東京系列にて3月21日昼12時より放送予定のオリジナルアニメーションが収録されています。特製アニメセル画カードはパッケージの中に収められていました。「真田の章」と言われてしまうと、他の章のアニメ化も期待してしまいますね。



ゲームパッケージもチェック。白を貴重とした「3」よりも豪華で、「2」の華やかなイメージに近いですが、ただ華やかなだけではなく、真田兄弟の「明」と「暗」の対比がデザインからも感じられます。

パッケージもセット内容もとにかく真田兄弟推し!なので、史実の真田家が好きな筆者にとっては最高のご褒美です。なお、筆者はGAMECITYにて購入したのでこのほかにも『戦国無双4』 ストーリー&キャラクターBOOK、『戦国無双4』 手ぬぐい、『戦国無双4』オリジナルマイクロファイバータオル、店舗別特典のねね スペシャル衣装(お市モデル)ダウンロードシリアル、オリジナルクリアファイル2枚が付き、まさに至れり尽くせりの特典内容でした。アニメを観るかゲームを進めるか、非常に悩ましいところです。
《みかめ》

編集部おすすめの記事

ソニー アクセスランキング

  1. 『GUNDAM VERSUS』期間限定生産版特典にて「ガンダム・バルバトスルプス」参戦決定!モード紹介PVや新たな参戦機体も判明

    『GUNDAM VERSUS』期間限定生産版特典にて「ガンダム・バルバトスルプス」参戦決定!モード紹介PVや新たな参戦機体も判明

  2. 各兵科の特徴がわかる『地球防衛軍5』3rdPV!―「モテたい」って理由でEDFに入隊できるもんなの…?

    各兵科の特徴がわかる『地球防衛軍5』3rdPV!―「モテたい」って理由でEDFに入隊できるもんなの…?

  3. 『ねぷねぷ☆コネクト』配信時期を変更、2017年6月に─延期のおわびにゲーム内アイテムを用意

    『ねぷねぷ☆コネクト』配信時期を変更、2017年6月に─延期のおわびにゲーム内アイテムを用意

  4. ヴァンが早口言葉に挑戦!?動画・120秒でわかる『FFXII ザ ゾディアック エイジ』第2弾が公開

  5. 『新次元ゲイム ネプテューヌVIIR』の発売予定日が決定、ティザーサイトが公開に―予約特典情報なども

  6. PS Vita『俺達の世界わ終っている。』2017年秋発売! 「変態」「中二」「残念」など7つの罪を持つ面々が登場

  7. PS4『雷電V Director's Cut』発売決定―2人同時プレイや新ステージを追加!

  8. 【特集】『FFXIV』で行われた親孝行「光のお父さん計画」達成記念!親子2人を突撃インタビュー

  9. バンダイナムコ、一人称スリラーADV『GET EVEN』を2017年に配信─PS4/STEAMにて展開

  10. 【特集】『GUILTY GEAR』石渡太輔氏x「楽園追放」水島精二監督対談―3DCGだからできたことと、CGでは再現できない「魂の部分」とは

アクセスランキングをもっと見る