人生にゲームをプラスするメディア

『龍が如く 維新!』予約特典追加!「サウンドトラック」に加え、ダイジェスト映像のナレーションキャラクターを変更できる「プロダクトコード」封入

セガは、PlayStation 4/PlayStation 3ソフト『龍が如く 維新!』の予約特典を追加しました。

ソニー PS4
PS3版『龍が如く 維新!』パッケージ
  • PS3版『龍が如く 維新!』パッケージ
  • PS4版『龍が如く 維新!』パッケージ
  • 予約特典パッケージイメージ
セガは、PlayStation 4/PlayStation 3ソフト『龍が如く 維新!』の予約特典を追加しました。

『龍が如く 維新!』は、『龍が如く』シリーズの最新作で、桐生一馬が歴史上の人物「坂本龍馬」として出演するアクションアドベンチャーゲームです。舞台は、龍馬が生まれ育った南の大藩「土佐」から始まり、稀代の大人物が集結する日本の中枢「京」を中心に展開。龍馬は斎藤一と名前を変え、素性を隠して、恩師を斬り殺した謎の剣士を追っていくことになります。

本作の予約特典として、「龍が如くシリーズ ベストサウンドトラック」が発表されていましたが、今回、「ダイジェストナレーションボイス プロダクトコード」が予約特典として追加されることが発表されました。追加される予約特典の「ダイジェストナレーションボイス プロダクトコード」は、ダイジェスト映像のナレーションを、任意のキャラクターに変更することができるようになるコードです。

『龍が如く 維新!』本編では、物語が新しい章に進んだ際に、前章のダイジェスト映像がナレーションとともに再生されます。予約特典に封入されている「プロダクトコード」を入力すると、通常なら決まっている各章のナレーションキャラクターを任意のキャラクターに変更することができます。全章のナレーションを坂本龍馬(CV:黒田崇矢さん)へ変更、前半のナレーションを沖田総司(CV:宇垣秀成さん)、後半のナレーションを遥(CV:釘宮理恵さん)に変更など、自分好みにカスタマイズすることが可能になります。なお、現在、『龍が如く 維新!』公式サイトにて、サンプルのナレーションボイスを視聴することが可能です。

「ナレーションボイス」収録キャラクター(CV)
・坂本龍馬/斎藤一 CV:黒田崇矢さん
・沖田総司 CV:宇垣秀成さん
・永倉新八 CV:小山力也さん
・松原忠司 CV:東地宏樹さん
・井上源三郎 CV:咲野俊介さん
・原田左之助 CV:安元洋貴さん
・岡田以蔵 CV:中谷一博さん
・中岡慎太郎 CV:山路和弘さん
・西郷吉之助 CV:岩崎征実さん
・お登勢 CV:朴ロ美さん
・佐々木只三郎 CV:西凛太朗さん
・遥 CV:釘宮理恵さん
・幾松 CV:平野綾さん

◆◆◆ ◆◆◆ ◆◆◆

予約特典は、PS4版、PS3版とも同じ内容となります。キャンペーンは特典がなくなり次第、終了するため、「プロダクトコード」を入手したい方は、早めに予約をしましょう。

『龍が如く 維新!』は、2014年2月22日発売予定で価格は8,600円(税込)です。

(C)SEGA
《さかまきうさろーる》

編集部おすすめの記事

ソニー アクセスランキング

  1. 『モンハン:ワールド』「ナナ・テスカトリ」や「ゾラ・マグダラオス」の“歴戦王”が登場決定!『Horizon Zero Dawn』コラボ第3弾の開催も

    『モンハン:ワールド』「ナナ・テスカトリ」や「ゾラ・マグダラオス」の“歴戦王”が登場決定!『Horizon Zero Dawn』コラボ第3弾の開催も

  2. PS4『モンハン:ワールド』アステラ祭【豊穣の宴】が開催!まるで仮装のような「重ね着装備」も続々登場

    PS4『モンハン:ワールド』アステラ祭【豊穣の宴】が開催!まるで仮装のような「重ね着装備」も続々登場

  3. 『キングダム ハーツIII』衝撃的なワンシーン―ソラVSアクアの戦闘画面が公開!

    『キングダム ハーツIII』衝撃的なワンシーン―ソラVSアクアの戦闘画面が公開!

  4. 不気味な怪物との逃走劇が始まる?『DEATH STRANDING』新映像!【TGS2018】

  5. 『GOD EATER 2 RAGE BURST』が10月3日より「PS Plus」のフリープレイで登場決定!

  6. 雄々しく、そして人間らしく―『信長の野望・大志 with パワーアップキット』の小山プロデューサーが語る理想のAI 【TGS2018】

  7. PS4『モンハン:ワールド』受付嬢の新衣装に思わずドキッ!アステラ祭【豊穣の宴】は9月21日から

  8. 【吉田輝和の絵日記】アクションADV『シャドウ オブ ザ トゥームレイダー』刮目!ララの腕力(かいなぢから)

  9. 『EARTH DEFENSE FORCE: IR』手応えのある操作感、没入度の高いグラフィック、処理落ちなしの巨大生物─全ての体験が刺激的だったプレイレポ【TGS2018】

  10. 10年の全てを熟成させた『Devil May Cry 5』は「カッコいい」ありき―クリエイター陣が語る「ファンのために作られたDMC」とは

アクセスランキングをもっと見る