人生にゲームをプラスするメディア

【ガチレポ!】第30回 共闘ACT『ゴッドイーター2』はちょっぴりマニアなカスタム要素、俺流アクションが魅力的

皆様いかがお過ごしでしょうか。Amiです。そろそろ年末に向けて積みゲー消化計画を立てなければいけませんね……さて、今回のガチレポ!はPSP / PS Vitaで発売中の『ゴッドイーター2』を紹介してみたいと思います。

ソニー PSV
ゲームはキャラクター作成からスタート。衣装など豊富に用意されている
  • ゲームはキャラクター作成からスタート。衣装など豊富に用意されている
  • ブラッドのメンバー・ナナ。謎の食べ物「おでんパン」をこよなく愛する天真爛漫な少女
  • 眼光鋭いギルバートは頼れる兄貴分。過去のとある出来事に苦悩しているようだが・・・
  • キャラクターエピソードでは仲間たちの素顔を知ることもできる。積極的に頼みごとを聞いてあげよう
  • フィールドはシームレス。狭い時はこのくらいの小規模マップで激戦が繰り広げられる
  • 仲間に作戦を指示。ザコの殲滅時は散開を指示すればてっとり早く片付けられる
  • 複数の敵が出現した際は、部隊を2つに分けて足止めしてもらうのもいい
  • チャージスピアのブラッドアーツ。その場に留まって連続攻撃を繰り出す
皆様いかがお過ごしでしょうか。Amiです。そろそろ年末に向けて積みゲー消化計画を立てなければいけませんね……さて、今回のガチレポ!はPSP / PS Vitaで発売中の『ゴッドイーター2』を紹介してみたいと思います。

本作は戦利品で装備を強化しながら仲間と一緒に強敵へ挑む、共闘ゲーム。プレイヤーは人類を脅かす生命体「アラガミ」と戦う特殊部隊「ブラッド」の副隊長となって、天真爛漫な少女ナナ、クールな兄貴分ギルバート、冷静沈着な少女シエルといった仲間と共に、数多の死線をくぐり抜けていきます。

ゲーム進行は拠点を中心にミッションを受けて出撃、を繰り返すオーソドックスなタイプで、サブクエストとしてNPCキャラクター毎のストーリーが楽しめる「キャラクターエピソード」が存在。素材調達や対象の討伐などの条件を達成すれば、キャラクターの意外な一面を知ることができるほか、新たな能力が開花して戦いを有利に進めることができるようになります。


■組み合わせ自由、手触りの異なる3つの装備
本作では、近接武器と遠距離武器、盾を装備して戦うことができます。近距離武器なら素早さがウリのショートブレード、重いがリーチのあるバスターブレード、機動力のあるチャージスピアなど5タイプ。遠距離武器なら連射性能に優れたアサルト、規格外の大型弾を扱えるブラスト、遠距離狙撃に特化したスナイパーなど4タイプで、盾には小型のバックラーから大型のタワーシールドまで3タイプが揃います。

こうしたジャンルのゲームでは、メイン武器がスピードタイプや重量タイプなどに分類されているのは珍しくもない事ですが、本作では、遠距離武器や防御用の盾も同じだけの分類に分かれているのが特徴です。特に盾は、種類によってガード判定が出るまでの時間とダメージカット率に大きな差があるので、自分の戦い方にあったものを選びたいところ。

2種類の武器と盾をどのように組み合わせるかによって立ち回り方と手触りは大きく異なるため、自分にピッタリの組み合わせを発見する楽しみはもちろん、ミッションによって細かく組み合わせを変えれば新鮮な気持ちでプレイし続けられるのが魅力的です。

また、同ジャンルの他タイトルでは、フィールドがいくつかのエリアに分かれているものが多いと思いますが、本作では分断されていないシームレスなフィールドで多数のアラガミと戦うことになります。大型の強敵は視覚や聴覚など特定の感覚器でプレイヤーの動きを察知する性質があるので、交戦外の敵がいつこちらに気付いて乱入してくるかがわかりません。複数の敵と戦う際には、それらの踏まえたうえで「集合」「散開」「強襲」などの作戦指示を仲間に送り、戦闘地点をうまく動かしながら戦うといった戦略も必要となります。


■「俺流」を実現できる豊富で自由なカスタム要素
もう1つ大きな特徴となっているのが育成とカスタマイズ要素の強さです。特定の武器種ごとに個別に習得する必殺技・ブラッドアーツは、通常攻撃で使うボタン操作のいずれかに割り当てる事で技の性質を変化させることができます。例えば連続攻撃回数に制限のある通常攻撃が、ボタン連打でスタミナの続く限り攻撃し続けられるようになるなどで、立ち回りの選択肢がさらに広がります。ブラッドアーツの習得は該当の武器種で特定の攻撃を繰り返して経験値をためる必要があるため、使用する武器種に対する愛着もわきやすい。

また、遠距離武器用のバレット(弾丸)の挙動や性質、属性を自分で自由にカスタマイズできるのも面白いポイント。ベースとなるバレットに様々なタイプのバレットを組み合わせてカスタマイズするのですが、放物線を描いて飛び、着弾後に爆発するグレネードランチャーのような範囲攻撃用バレット。キリモミ状の弾丸を時間差で多方向に放つバレット。特定の属性に特化した大火力のバレット。斜め上空へ向かって飛ぶ対空用弾丸……などなど、ちょっとした思いつきと少しの工夫で、あらゆる性質を持たせることができるのです。
自分の戦法に合った自分だけのバレットを無数に作り出せるマニアックな要素であり、試し撃ちもその場ですぐに出来るので、これだけでも数時間は遊べます。どの装備とブラッドアーツ、どんなバレットで戦うかはもちろん自由。アクションの手触りに深くこだわりたいという人にはピッタリではないでしょうか。

ちなみに防具系は、見た目を決定する衣装とパラメーターに影響する強化パーツは完全に別物になっています。ゲームの進行度合いに関わらず、好きなファッションを貫き通せるのは嬉しい人も多いでしょう。


■できることは多いが敷居は低めのサクサクアクション
出来ることが豊富かつ特有の専門用語が多いため、最初は少し戸惑ってしまうかもしれません。ですが、幸い序盤の難易度は非常に低く設定されているので、いきなり全て使いこなす必要は全くありません。一緒に出撃できる4人の仲間たちも頼りになるうえ、ミッション中にキャラクターを強化してくれるサポートメンバーを最大4人まで追加で設定できるなど、補助的なシステムが満載。純粋な難易度は決して高くありませんので、比較的サクサクと進めていくことができるはずです。

高いカスタマイズ性による選択肢の多さと豊富なアクション。スピード感のあるバトル展開とサポートシステム。短時間で少しずつプレイできるお手軽さと成長の楽しみなどなど、幅広いユーザー層の方が楽しめるアクションゲームになっていると思います。最大4人のマルチプレイを活用すれば、自力では難しい高難易度ミッションも達成しやすくなりますので、気になる方は手にとってみてください。



★こんな人にプッシュ★
・サクサク進めたい
・プレイヤーorキャラクターとの共闘が好き
・アクションにこだわりたい

★その他備考★
・PS Vita TVで遊ぶと一部音声が驚く程大きく、しかも下げられない

『ゴッドイーター2』はPSP / PS Vitaを対象に現在好評発売中。価格はパッケージ版・ダウンロード版ともに5,980円(税込)です。

(C) 2013 NAMCO BANDAI Games Inc.

■筆者プロフィール
Ami
元・ゲームグラフィッカーのボス戦好きなアマゾネス。年末まであと少し。今年は何のゲームをして年を越すのか今から楽しみです。
国産から海外、RPGからFPSまでなんでもござれの雑食系。とりあえず、ゲームができてればそれで幸せ。
ブログ:http://blog.livedoor.jp/xxxplus/
《Ami》

編集部おすすめの記事

特集

ソニー アクセスランキング

  1. 『モンハンワールド:アイスボーン』ミラボレアスを倒すために考えた7つのこと

    『モンハンワールド:アイスボーン』ミラボレアスを倒すために考えた7つのこと

  2. 『Fall Guys』ガチで勝ちたいあなたにおくる12のテクニック!ショートカットやID表示で差をつけよう

    『Fall Guys』ガチで勝ちたいあなたにおくる12のテクニック!ショートカットやID表示で差をつけよう

  3. 『SEKIRO』ボス再戦&連戦機能を体験―連戦の最後には“特別仕様”のボスが待ち受ける!

    『SEKIRO』ボス再戦&連戦機能を体験―連戦の最後には“特別仕様”のボスが待ち受ける!

  4. 流行りのマルチプレイゲームで友達とオンラインでも一緒に遊ぼう!これさえプレイすれば盛り上がること間違いなしの人気タイトル5選

  5. 『ウォッチドッグス レギオン』の手触りはどう? ロンドン在住者に街並みの再現度についても聞きました

  6. 『FF7 リメイク』クラウドのカッコいい&かわいいセリフ10選! よく観察するとクラウドの本性が見える?

  7. PS5までの歴代PlayStation据え置きハードを振り返る!これまでの進歩とこれからの進歩を見比べよう

  8. PS Plus11月の提供コンテンツとPS5向け新特典「PlayStation Plusコレクション」「ゲームヘルプ」の情報を公開

  9. PS VR所有者に向けたPS5用アダプターの申込受付開始―1台につき1回の申込が可能

  10. 『Ghost of Tsushima』「冥人奇譚」の式神の犬が可愛い件について―まぁ、うちの子が一番だけどね…

アクセスランキングをもっと見る