人生にゲームをプラスするメディア

採用実績は1000タイトル以上、ゲームに特化したクラウドサービス「GMOアプリクラウド」

2010年8月の提供開始以来、ゲーム1000タイトルを越える運用実績を誇るGMOアプリクラウド。最大の特徴は名称の通り、ソーシャルゲームの開発・運営向けにインフラ設計が特化されている点にあります。

ゲームビジネス 開発
1000タイトル以上の採用実績を誇るGMOアプリクラウド
  • 1000タイトル以上の採用実績を誇るGMOアプリクラウド
  • 韓国G-STARでも大規模なブースを出展、力を入れる
2010年8月の提供開始以来、ゲーム1000タイトルを越える運用実績を誇るGMOアプリクラウド。最大の特徴は名称の通り、ソーシャルゲームの開発・運営向けにインフラ設計が特化されている点にあります。そのため余計なコストを排除し、同価格帯でワンランク上のリソース量と拡張性を実現しています。事実、ご利用実績のほとんどがソーシャルゲーム用途となっています。クラウドサービスがさまざまな業界で幅広く浸透しつつある中で、この方向性は極めてユニークだといえるでしょう。

データセンターは東京・シリコンバレー・ソウル近郊に設置され、いずれも日本語環境で使用できるため、地域差を感じさせません。仮想サーバーは国内データセンターでタイプ別に9種類が用意され、200台以上の大規模拡張にも対応します。また、ユーザーのニーズに応じて細かくカスタマイズも可能です。そのため総サーバー数を押さえることができ、よりシンプルで安定性の高い運用が可能になるのです。すべてクラウド化するのは抵抗がある、という場合に備えて、仮想サーバーだけでなく、専用(物理)サーバーも選択可能。ハイブリッドなサーバー環境にも対応しています。

また、ソーシャルゲームは他のサービス以上に、高速・安定した回線と、高いスケーラビリティが求められます。何がヒットするか事前に見極めが難しい一方で、ヒットゲームは急速にアクセス負荷が高まるからです。サーバー負荷でサービスがダウンするというのは、言い替えればゲームが大ヒットしている時。わずかな停止期間でも、大きな機会損失を生んでしまいます。

そのためGMOアプリクラウドでは、いち早く10Gbpsの共有回線を提供し、快適なアクセスを実現。負荷分散のためのロードバランサーも無料で提供されています。その他に初期導入費用無料、サーバーの納品日からアプリ公開日まで最大30日間無料と、コストパフォーマンスの高さも大きな特徴です。

一方、2013年10月にスタートした韓国データセンターでは、新たにゲームパブリッシングサービスも展開中です。現地で圧倒的な人気を誇るゲームプラットフォーム「カカオゲーム」向けの配信プラン「カカオクラウド powered by GMO」が開始されたのです。これはグループ会社のGMO GAME CENTER KOREA,INC.と共同で、韓国市場の情報提供からローカライズ、ゲーム運営、サポート、法令対応まで、すべて日本語で対応するというもの。韓国展開を計画しているゲーム事業者には朗報でしょう。

もっとも、一番注力しているのが日本市場であることに、変わりはありません。国内主要プラットフォーム事業者ごとに最適化されたサービスを提供しているのは、その一例です。ゲーム公開直後で一定期間、サーバー使用料が無料になるサービスを実施するなど、特典も充実しています。さらにUSデータセンターでの配信もサポートしているので、国内でヒットしたアプリを、アメリカや韓国でスムーズに展開できる仕組みが整っています。

このほか、アクセス解析ツールの「KPIレポートシステム」が、全利用者に提供されているのも見逃せません。ソーシャルゲーム向けに独自開発されたもので、ユニークユーザーやアクティブユーザー数、プレイ時間比率などのデータがグラフィカルに得られます。今後も同社では、サーバーのスペックやコストパフォーマンスを落とすことなく、より多くの機能を追加していく方針も打ち出しています。さらに2011年6月にはコミュニケーションスペース「GMO Yours」を立ち上げ、勉強会の開催などを精力的にサポートしている点も、エンジニアには嬉しいポイントではないでしょうか。
《小野憲史》

編集部おすすめの記事

特集

ゲームビジネス アクセスランキング

  1. 今週発売の新作ゲーム『JUDGE EYES:死神の遺言』『GOD EATER 3』『ボーダーランズ2 VR』他

    今週発売の新作ゲーム『JUDGE EYES:死神の遺言』『GOD EATER 3』『ボーダーランズ2 VR』他

  2. 今、e-Sportsは富山がアツいーキーマンとなる堺谷陽平氏とCygames森慶太氏に聞く、地域振興としてのe-Sportsとは

    今、e-Sportsは富山がアツいーキーマンとなる堺谷陽平氏とCygames森慶太氏に聞く、地域振興としてのe-Sportsとは

  3. 日テレがe-Sports事業に参戦!プロチーム「AXIZ」を結成し7月からは地上波で専門番組も開始

    日テレがe-Sports事業に参戦!プロチーム「AXIZ」を結成し7月からは地上波で専門番組も開始

  4. 「日本と海外におけるゲーマーにとってのリージョン制限」・・・イバイ・アメストイ「ゲームウォーズ 海外VS日本」第22回

  5. 2周年を迎えた「PSVR」に読者からコメント─「最高に楽しい!」「名作インディーゲームの宝庫」「課題は多し」など、賞賛から指摘まで【アンケート】

  6. 【CEDEC 2010】学習ゲームは効果があるのか? ベネッセとゲームニクスの取り組み

  7. スクエニ、執行役員制度を復活 ― 『ドラクエX』齋藤氏や『FFXIV』吉田氏も役員に名を連ねる

  8. 【特集】今のゲーム業界は人材不足、じゃ“就職できない人”はなぜいるの?HAL東京のゲーム学部に迫る

  9. 『逆転裁判』は如何にして産まれたのか、江城元秀氏と巧舟氏が語る――『逆転裁判』特別法廷セミナーレポート・前編

  10. 任天堂、ロゴを変更?

アクセスランキングをもっと見る