人生にゲームをプラスするメディア

採用実績は1000タイトル以上、ゲームに特化したクラウドサービス「GMOアプリクラウド」

ゲームビジネス 開発

1000タイトル以上の採用実績を誇るGMOアプリクラウド
  • 1000タイトル以上の採用実績を誇るGMOアプリクラウド
  • 韓国G-STARでも大規模なブースを出展、力を入れる
2010年8月の提供開始以来、ゲーム1000タイトルを越える運用実績を誇るGMOアプリクラウド。最大の特徴は名称の通り、ソーシャルゲームの開発・運営向けにインフラ設計が特化されている点にあります。そのため余計なコストを排除し、同価格帯でワンランク上のリソース量と拡張性を実現しています。事実、ご利用実績のほとんどがソーシャルゲーム用途となっています。クラウドサービスがさまざまな業界で幅広く浸透しつつある中で、この方向性は極めてユニークだといえるでしょう。

データセンターは東京・シリコンバレー・ソウル近郊に設置され、いずれも日本語環境で使用できるため、地域差を感じさせません。仮想サーバーは国内データセンターでタイプ別に9種類が用意され、200台以上の大規模拡張にも対応します。また、ユーザーのニーズに応じて細かくカスタマイズも可能です。そのため総サーバー数を押さえることができ、よりシンプルで安定性の高い運用が可能になるのです。すべてクラウド化するのは抵抗がある、という場合に備えて、仮想サーバーだけでなく、専用(物理)サーバーも選択可能。ハイブリッドなサーバー環境にも対応しています。

また、ソーシャルゲームは他のサービス以上に、高速・安定した回線と、高いスケーラビリティが求められます。何がヒットするか事前に見極めが難しい一方で、ヒットゲームは急速にアクセス負荷が高まるからです。サーバー負荷でサービスがダウンするというのは、言い替えればゲームが大ヒットしている時。わずかな停止期間でも、大きな機会損失を生んでしまいます。

そのためGMOアプリクラウドでは、いち早く10Gbpsの共有回線を提供し、快適なアクセスを実現。負荷分散のためのロードバランサーも無料で提供されています。その他に初期導入費用無料、サーバーの納品日からアプリ公開日まで最大30日間無料と、コストパフォーマンスの高さも大きな特徴です。

一方、2013年10月にスタートした韓国データセンターでは、新たにゲームパブリッシングサービスも展開中です。現地で圧倒的な人気を誇るゲームプラットフォーム「カカオゲーム」向けの配信プラン「カカオクラウド powered by GMO」が開始されたのです。これはグループ会社のGMO GAME CENTER KOREA,INC.と共同で、韓国市場の情報提供からローカライズ、ゲーム運営、サポート、法令対応まで、すべて日本語で対応するというもの。韓国展開を計画しているゲーム事業者には朗報でしょう。

もっとも、一番注力しているのが日本市場であることに、変わりはありません。国内主要プラットフォーム事業者ごとに最適化されたサービスを提供しているのは、その一例です。ゲーム公開直後で一定期間、サーバー使用料が無料になるサービスを実施するなど、特典も充実しています。さらにUSデータセンターでの配信もサポートしているので、国内でヒットしたアプリを、アメリカや韓国でスムーズに展開できる仕組みが整っています。

このほか、アクセス解析ツールの「KPIレポートシステム」が、全利用者に提供されているのも見逃せません。ソーシャルゲーム向けに独自開発されたもので、ユニークユーザーやアクティブユーザー数、プレイ時間比率などのデータがグラフィカルに得られます。今後も同社では、サーバーのスペックやコストパフォーマンスを落とすことなく、より多くの機能を追加していく方針も打ち出しています。さらに2011年6月にはコミュニケーションスペース「GMO Yours」を立ち上げ、勉強会の開催などを精力的にサポートしている点も、エンジニアには嬉しいポイントではないでしょうか。
《小野憲史》

編集部おすすめの記事

特集

ゲームビジネス アクセスランキング

  1. 中国当局のゲーム販売認可機関が承認を凍結―日本のゲームメーカーにも影響

    中国当局のゲーム販売認可機関が承認を凍結―日本のゲームメーカーにも影響

  2. 『モンハン:ワールド』発売停止も影響か?テンセント株が大幅下落―時価総額は15億ドル減少

    『モンハン:ワールド』発売停止も影響か?テンセント株が大幅下落―時価総額は15億ドル減少

  3. Unreal Engineのオンライン学習サイトが登場!誰でも無料で利用可能

    Unreal Engineのオンライン学習サイトが登場!誰でも無料で利用可能

  4. ソフトサイン、PCE『はにい いんざ すかい』『サイバークロス』などフェイス社作品の開発・出版権を獲得

  5. 【TGS2015】中国で成功するスマホゲームに必須の「VIPシステム」とは? 『ウチ姫』も展開するKONGZHONG JPに聞いた

  6. グリー、中国拠点の撤退を決定

  7. 【TGS2016】『バイオハザード』と「L'Arc-en-Ciel」夢の融合!S.T.A.R.S.隊員hydeをVRで堪能

  8. 「これは私の人生そのもの」―元マフィアの娘が『GTA V』を提訴、4000万ドルの賠償金を求める

  9. 2018年8月発売の新作ゲームは何を買う?―注目タイトルまとめ!

  10. インディー注目株『Momodora V』は『ダークソウル』『風のタクト』にインスパイア

アクセスランキングをもっと見る