人生にゲームをプラスするメディア

【G-STAR 2013】Sports+Game!様々なデバイスとスポーツ用品を繋げるAmusewayブースレポート ― 対応ゲームにはケロロ軍曹の姿も

その他 フォトレポート

【G-STAR 2013】Sports+Game!様々なデバイスとスポーツ用品を繋げるAmusewayブースレポート ― 対応ゲームにはケロロ軍曹の姿も
  • 【G-STAR 2013】Sports+Game!様々なデバイスとスポーツ用品を繋げるAmusewayブースレポート ― 対応ゲームにはケロロ軍曹の姿も
  • 【G-STAR 2013】Sports+Game!様々なデバイスとスポーツ用品を繋げるAmusewayブースレポート ― 対応ゲームにはケロロ軍曹の姿も
  • 【G-STAR 2013】Sports+Game!様々なデバイスとスポーツ用品を繋げるAmusewayブースレポート ― 対応ゲームにはケロロ軍曹の姿も
  • 【G-STAR 2013】Sports+Game!様々なデバイスとスポーツ用品を繋げるAmusewayブースレポート ― 対応ゲームにはケロロ軍曹の姿も
  • 【G-STAR 2013】Sports+Game!様々なデバイスとスポーツ用品を繋げるAmusewayブースレポート ― 対応ゲームにはケロロ軍曹の姿も
  • 【G-STAR 2013】Sports+Game!様々なデバイスとスポーツ用品を繋げるAmusewayブースレポート ― 対応ゲームにはケロロ軍曹の姿も
  • 【G-STAR 2013】Sports+Game!様々なデバイスとスポーツ用品を繋げるAmusewayブースレポート ― 対応ゲームにはケロロ軍曹の姿も
  • 【G-STAR 2013】Sports+Game!様々なデバイスとスポーツ用品を繋げるAmusewayブースレポート ― 対応ゲームにはケロロ軍曹の姿も
今年も韓国釜山市で開催中の韓国最大級のゲームショウG-STAR。オンラインゲームブース、スマフォ・タブレットゲームブースが多く並んでいる中、道行く人が足を止めているブースがありました。


会場左手奥にあるそのブースには、多くの人が詰めかけており、フィットネスクラブにあるエアロバイクな様なものにまたがり、必死にペダルを漕いでおりました。試遊をしているユーザー層は様々で、子供から大人、はたまた年配の方まで幅広いユーザーが見受けられました。ユーザーは前方に設置されている画面を見ながら、ペダルを漕いだり踏んだりしながら、汗を流している様子。画面の中を見てみると、戦闘機がぐるぐる旋回していたり、FPS視点で山を歩いたり、何やら可愛らしいキャラが一生懸命走っていたりしました。


その中で見覚えのある「ケロロ軍曹」に似ているカエルの様な生き物が懸命にハードルを飛び越えようとしている様が。ケロロ軍曹好きの筆者としては見逃すことができないため、このゲーム(フィットネスデバイス)を開発しているAmuseway inc.の担当ディレクターsteve kim氏にお話を聞いてみました。


Amuseway inc.は韓国で「JOYWELL」のスローガンのもと、「Sports+Game」を融合する取り組みを行っている企業で、フィットネスクラブやスポーツジムにデバイス及びシステムの提供を行っています。kim氏はディレクターを担当しており、企業・ゲームについて説明をしてくれました。


■運動自体は辛くない。ただ、「退屈」なだけでは?
運動することが、健康の為に良いことは誰もが分かっていることですが意識をしないと定期的な運動を続けていくことは非常に難しい。レジャースポーツやアウトドアスポーツなど運動の種類は様々ありますが、天候や周囲の環境に左右されることも多々あります。また、運動をする仲間やコーチ無しで運動を継続することは確固たる意志が必要となってきます。

スポーツをすること自体は体を動かすことによって体力をとても使い疲れますが、運動をすることによりストレス発散ができ気持ちが良い体験ができるものの、長続きしない。Amusewayはその原因を「退屈」だからと定義しています。

■「ゲーム」と連動させるだけでは意味がない
運動とゲームを連動させることにより、天候等に左右されずにゲームを楽しみながら体を動かすことができます。ただ、長続きをさせるにはやはり意識をしないと難しいです。フィットネスとゲームを連動させたゲームは日本にも良くありますが、その多くは1人でコツコツとやるものが多いのが実情です。

Amusewayは、1人でフィットネスゲームを行うのではなく、スマートフォン、テレビ、PCなど様々なデバイスとスポーツ用品を接続させ「テレビゲームで運動をすること」を提供しています。また、インターネットと連動して様々な人と運動・サポートを行うことができ、レジャースポーツのように運動を楽しむことができるとのことです。

■「ケロロ軍曹」は本物か偽物か
ひと通りデバイスの説明を伺ったあと、一番気になっている「ケロロ軍曹」について質問をしてみました。「これはケロロ軍曹か?」と聞いたところ「本物のケロロ軍曹です。ただ、ケロロ軍曹のゲームでなく『Tales Runner』というゲーム内のコスチュームの1つだよ」とのこと。その他『H.I.S-HEROES IN THE SKY』という戦闘機を用いたタイトルや『OK RUN』などのゲームを確認できました。

韓国でのローンチは2014年冬予定、日本での発売は未定とのことです。
《森 元行》

編集部おすすめの記事

特集

その他 アクセスランキング

  1. “操縦できる紙飛行機”が登場! スマホで遠隔操作できる「PowerUp 3.0」が日本に上陸

    “操縦できる紙飛行機”が登場! スマホで遠隔操作できる「PowerUp 3.0」が日本に上陸

  2. 『星のカービィ』とランジェリーブランドがコラボ! 可愛いルームウエアや雑貨など全6型で展開

    『星のカービィ』とランジェリーブランドがコラボ! 可愛いルームウエアや雑貨など全6型で展開

  3. いつもと違う雰囲気にドキリ!?フィギュア「御坂美琴 チャイナドレスstyle」予約開始

    いつもと違う雰囲気にドキリ!?フィギュア「御坂美琴 チャイナドレスstyle」予約開始

  4. 【昨日のまとめ】NINTENDO64以降の据え置き機開発に携わった竹田玄洋が退任、任天堂が平成29年3月期決算を発表、『オルサガ』×「進撃の巨人」コラボユニットを先行公開…など(4/27)

  5. “ここはジャパリパーク”ポーズも再現できる「ねんどろいど サーバル」彩色原型が公開、「かばんちゃん」のねんどろいど化も決定

  6. 作画したイラストを“3Dで表現”する「Live2D」が更に発展、「Cubism 3」「Euclid 1」正式リリース─無料トライアルも実施

  7. 【フォーラム】『星のカービィ』25周年を記念して「カービィシリーズの思い出」を大募集!─印象深い敵は? 一番好きな作品は?

  8. 「黒川塾(四十八)」が5月24日開催決定―テーマは「eスポーツとプロゲーマーの明日はどっちだ_2」

  9. 『スプラトゥーン2』の新情報か? 研究員から「シオカラーズ」に関連する極秘文書が到着

  10. 『Fate/EXTELLA』の新作が制作中! 「サーヴァントとアクションに主眼を置いたもの」に

アクセスランキングをもっと見る