人生にゲームをプラスするメディア

【ロイドレポ】第26回 部屋をスライドさせて脱出せよ! DSでも発売されたパズルゲーム『The Mansion: 動く部屋のミステリー』

伝説のおもちゃ職人が作った謎のマンションから脱出するパズルゲームを発見したので、ミステリーマンションから脱出してみたさかまきうさろーるです。

モバイル・スマートフォン Android
『The Mansion: 動く部屋のミステリー』。セーブは、画面右端のアイコンから。
  • 『The Mansion: 動く部屋のミステリー』。セーブは、画面右端のアイコンから。
  • グラフィックはややアメリカーン。好みはわかれるかもしれませんが、アニメーションは綺麗ですよっ。
  • マンションには、おもちゃ職人の謎が隠されています。
  • マンション内部。すべての部屋から脱出すべし!
  • 最初は簡単。ササッとクリアしちゃいましょう。
  • 鍵のかかった部屋へ行くには、鍵が必要!
  • 瞬間移動ができる不思議な電話。リンリンかけて、移動しちゃいましょう。
  • 部屋が入れ替わるクローゼットも登場。
伝説のおもちゃ職人が作った謎のマンションから脱出するパズルゲームを発見したので、ミステリーマンションから脱出してみたさかまきうさろーるです。

舞台は謎のマンション。主人公は少女アン。美しいアニメーションと共に、ストーリーが進んでいく謎解きパズルゲーム『The Mansion: 動く部屋のミステリー』は、過去にDSで発売された『Rooms(ルームズ) 不思議な動く部屋』のCom2uS版のようですね。と言っても、私は『Rooms(ルームズ) 不思議な動く部屋』をプレイしていないので、新鮮な気持ちで本作をプレイ! 少女アンとなって、ミステリーマンションからの脱出を試みたところ、かなりやり応えのあるパズルゲームでしたよっ。

■スライドさせて脱出すべし
アンが脱出するミステリーマンションは、伝説のおもちゃ職人が作ったギミックが盛りだくさんのマンションです。脱出しようと思っても、そう簡単にはいきません。だって、部屋がバラバラ事件になっているんですから。そうなんです、部屋は分割されていて、ステージ上に散らばっています。出口である扉と、アンがいる部屋が繋がっていないので、部屋を移動させて繋げる必要があります。

と言うわけで、脱出するためには、バラバラになった部屋をスライドさせて、アンを出口に向かわせなければいけません。しかも、スライドさせることができる部屋は、アンがいる部屋のみ。この制限が頭を悩ませる原因です。うんうん唸りながら、部屋を移動させましょう。もちろん、部屋の隣にスペースがなければ移動できませんよ! 空いているスペースがあれば、そのスペースをタッチすることで、部屋がタッチした場所に動きます。

注意点は、ステージによって部屋の移動回数が決められていること。画面左側に、移動できる回数が表示されているので、その回数内の移動で部屋から脱出してください。部屋を1回移動させると、数字が1減り、規定回数以上動かそうとするとゲームオーバーになってしまいます。

■ギミック盛りだくさん
部屋を移動させるだけなら、まあ、なんとかなります。しかし、さすがおもちゃ職人と言うべきか……。部屋には、面白い移動手段がたくさん用意されています。

まずは、はしご。壁がなければ、はしごを使って、上の部屋や下の部屋に移動することができます。そして、不思議な電話。これを使えば、瞬間移動が可能に! アンがいる部屋の電話をタップすると、アンがもう一つの電話がある部屋に移動します。色違いの電話がある場合は、同じ色同士の電話で、瞬間移動することができますよっ。クローゼットも、なかなかスゴイものです。コレは電話とは違って、アンはそのままで、部屋が入れ替わります。

と、こんな感じのギミックを活用して、移動しながら、出口に向かうのですが、鍵のかかった部屋があったり、襲いかかってくる操り人形がいたりで、簡単には出口に辿り着けません。思考回路はショート寸前、どころか、ショートしてしまう難しさの部屋も。遠回りして鍵をゲットしたり、操り人形を避けたり、なかなか大変なんです。

■攻略のポイント
大切なことは、よーく考えてから部屋を動かすこと! ゲームオーバーになると、次のプレイは「鍵」を消費してのプレイになります。この鍵は、全部で5本。時間経過で回復しますが、回復が1本につき30分かかるので、ゲームオーバーは避けたいところ。なんとなく部屋を動かしていると、あっという間に規定移動回数をオーバーしてしまうので、頭の中でゴールまでの道筋を描いてから、部屋を動かしましょう。

そして、途中に手に入れることのできるアイテムを、有効に使うこともポイントです。アイテムは、一度体験して使い方を覚えると、1個無料でもらえます。アンのいない部屋を動かせるリモコンや、鍵がなくても錠を解除できるマスターキーなど、便利なものばかり。どうしても脱出できない部屋で、使用してみてください。画面左側にある「ランプ」をタップすると、脱出成功となる部屋の並び方が表示されるので、それをヒントに部屋を動かすのもアリです。

■プレイした感想
フル3Dのグラフィックは好みが分かれるところですが、綺麗です。アニメーションも美しい! 見応えありです。パズルの難易度も、やり応えのあるもの。このレベルで無料とは、「やるな! Com2uS」と言いたくなります。課金をすれば、脱出しやすくなるアイテムを購入することができますが、頭を使いまくれば無課金でもいけそうです。手動ですがセーブも可能なので、まったりプレイできるハズ。パズル好きな方は、ぜひプレイしてみてください。

『The Mansion: 動く部屋のミステリー』は、好評配信中で基本プレイ無料のアイテム課金制です。

(c) 2013 Com2uS

「ロイドレポ」 byさかまきうさろーる
ファミコンのA/Bボタンが四角だった頃からのゲーム好き。最近はAndroidにご執心。のんびりライターとして活動しながら、ゲームをプレイ中。ときどきすれ違いを求めて、3DS片手に福岡を徘徊しています。
Twitter:@sakaroll
《さかまきうさろーる》

編集部おすすめの記事

特集

モバイル・スマートフォン アクセスランキング

  1. 『遊戯王デュエルリンクス』「5D'sワールド」開放決定!シンクロ召喚・モンスターも新登場

    『遊戯王デュエルリンクス』「5D'sワールド」開放決定!シンクロ召喚・モンスターも新登場

  2. 『アズールレーン』新システム「オフニャ」の詳細が公開―「スキル」や「アビリティ」で艦隊を強化!

    『アズールレーン』新システム「オフニャ」の詳細が公開―「スキル」や「アビリティ」で艦隊を強化!

  3. 誰もが通った道、かも?『FGO』初心者マスターが考えがちな“思い込み”8選─「QPは減らない」「低レアのサーヴァントは使わない」など【特集・アンケート】

    誰もが通った道、かも?『FGO』初心者マスターが考えがちな“思い込み”8選─「QPは減らない」「低レアのサーヴァントは使わない」など【特集・アンケート】

  4. 7kmタマゴから地域限定ポケモンが欲しい人必見!隠された秘密を徹底検証【ポケモンGO 秋田局】

  5. 『ポケモンGO』10月のリサーチタスクには「みずタイプ」が登場―大発見で「スイクン」にも出会える!

  6. 『デスチャ』×『DEAD OR ALIVE Xtreme Venus Vacation』コラボ開催決定!「マリー・ローズ」や「ダビ」コスチュームがそれぞれのゲームに登場

  7. 『テイルズ オブ クレストリア』キャラクター紹介ムービーが公開!主人公含めて6名の咎我人(なかま)が登場

  8. 『コトダマン』新要素“水のぼうけん”が開催!ステージクリアで「ハイアシンス」も出現

  9. 『アトリエ オンライン』サービス開始日が10月1日に決定!最新作『ネルケと伝説の錬金術士たち』とのコラボ企画も実施

  10. 『ポケモンGO』9月21日からマクドナルドに「ミュウツー」襲来―毎日15時にレイド発生!

アクセスランキングをもっと見る