人生にゲームをプラスするメディア

新iPadは大幅にスリム&軽量化された「iPad Air」11月1日に発売開始・・・Retina対応のminiも登場

モバイル・スマートフォン iPad

iPad Air
  • iPad Air
  • 2色のカラバリ
  • 2色のカラバリ
  • iPad Air
  • iPad mini Retinaモデル
  • iPad mini Retinaモデル
 アップルは22日(現地時間)、サンフランシスコで新製品発表イベントを開催し、iPadシリーズの最新モデルとして「iPad Air」およびRetinaディスプレイ対応の「iPad mini」を発表した。「iPad Air」は11月1日、Retinaモデル「iPad mini」は11月中の発売予定。

 新型iPadは、「iPad Air」という名称が示すように従来モデルから大幅にスリム&軽量化され、薄さは7.5mm、重さは469g(Wi-Fi+Cellulerモデルは478g)。ディスプレイサイズは9.7インチでiPad 2と変わらないが、狭額縁設計が進み、高さ240mm、幅169.5mmとさらにコンパクトになっている。ディスプレイはRetinaディスプレイで2,048×1,536ピクセル解像度、264ppi。本体カラーはスペースグレイとシルバーの2色。

 iPhone 5s同様、64ビットアーキテクチャ対応のA7チップ、M7モーションコプロセッサを搭載。Wi-Fiは、802.11a/b/g/n規格に対応し、デュアルチャンネル(2.4GHz/5GHz)とMIMOによって下り最大300Mbpsまで対応する。+Cellulerモデルでは、LTEの対応バンドが拡大。日本の3キャリアに関係するところでは、バンド1(2.1GHz帯)、バンド3(1.7GHz帯)、バンド8(900MHz帯)、バンド18・19(800MHz帯)などが対応となった。なお、アップルのホームページをみると、ソフトバンクおよびauの表記はあるが、ドコモの表記はみえず、取扱いについては不明だ。

 「iPad Air」は11月1日発売で、Wi-Fiモデルの価格は16GBが51,800円、32GBが61,800円、64GBが71,800円、128GBモデルが81,800円となっている。

 Retina対応となった「iPad mini」だが、7.9インチディスプレイは2,048x1,536ピクセル解像度で326ppi。本体サイズは200mm×134.7mm×7.5 mm、重さ331g。こちらも64ビットアーキテクチャ対応のA7チップ、M7モーションコプロセッサを搭載し、Wi-FiおよびLTE周波数の対応についても「iPad Air」と同様。カラーはスペースグレイとシルバーの2色。

 Wi-Fiモデルの価格は、16GBが41,900円、32GBが51,800円、64GBが61,800円、128GBモデルが71,800円となっている。

新iPadはより薄くて軽い“iPad Air”!11月1日に発売開始……Retinaディスプレイ対応のminiも発表

《白石 雄太@RBB TODAY》

編集部おすすめの記事

モバイル・スマートフォン アクセスランキング

  1. 地域格差に革命を!近所の田んぼにポケモンジムが爆誕した件【ポケモンGO 秋田局】

    地域格差に革命を!近所の田んぼにポケモンジムが爆誕した件【ポケモンGO 秋田局】

  2. 『ポケモンGO』「色違いヨーギラスはゲットできた?」読者アンケ結果発表

    『ポケモンGO』「色違いヨーギラスはゲットできた?」読者アンケ結果発表

  3. 近所の田んぼにある石碑がポケストップになったよ!【ポケモンGO 秋田局】

    近所の田んぼにある石碑がポケストップになったよ!【ポケモンGO 秋田局】

  4. 『バンドリ!』×『ペルソナ』シリーズコラボ開催決定!イベント&ガチャは「Afterglow」が担当

  5. ミュウを手に入れたら知っておきたい!覚えられる技の種類と確率を徹底検証【ポケモンGO 秋田局】

  6. 誰もが羨む色違いカイオーガ、見つけるまで帰れま(以下略)【ポケモンGO 秋田局】

  7. “青龍”ラティオスを3人で倒す!これぞまさに、少数精鋭【ポケモンGO 秋田局】

  8. 『ポケモンGO』ポケモン交換機能の仕様が一部公開―ミュウは交換できず

  9. 【FGO】期間限定ガチャの岡田以蔵に聖杯を注ぐべきか否かー幕末四大人斬り一挙紹介

  10. 誰もが通った道、かも?『FGO』初心者マスターが考えがちな“思い込み”8選─「QPは減らない」「低レアのサーヴァントは使わない」など【特集・アンケート】

アクセスランキングをもっと見る