人生にゲームをプラスするメディア

『BUBBLE BOBBLE』3DSバーチャルコンソールで配信決定 ― 2人プレイが熱いアクション!かわいいキャラにも注目

スクウェア・エニックスは、ニンテンドー3DSのバーチャルコンソール向けにファミコンディスクシステムソフト『BUBBLE BOBBLE(バブルボブル)』を配信します。

任天堂 3DS
BUBBLE BOBBLE(バブルボブル)のディスク
  • BUBBLE BOBBLE(バブルボブル)のディスク
  • アワはきと協力プレイにハマるアクションゲーム
スクウェア・エニックスは、ニンテンドー3DSのバーチャルコンソール向けにファミコンディスクシステムソフト『BUBBLE BOBBLE(バブルボブル)』を配信します。

『BUBBLE BOBBLE』は、タイトーより1986年にアーケードで稼働開始したアクションゲームを1987年にファミコンのディスクシステム用ソフトとして移植したアクションゲームです。プレイヤーは1P「バブルン」、2P「ボブルン」を操作。「アワ」を使って出来るさまざまなアクションが特徴で、敵を倒すことはもちろん、移動手段として使うことも可能。「アワ」を駆使して冒険を進めていきましょう。

敵に「アワ」を当てると包み込まれます。通常、敵にさわるとミスになってしまいますが、「アワ」包まれた状態であれば体当たりすることで敵を倒すことができます。「アワ」はきと「ジャンプ」を駆使して画面内のすべての敵を倒せばラウンドクリアとなり、次のラウンドに進みます。

残り数が「0」のときにミスするとゲームオーバーとなります。ただし、本作は「SAVE / CONTINUE」に対応しており、ゲームスタート時のメニュー画面にある「SAVE」「CONTINUE」を使えば、ゲームオーバーになったラウンドまでを「SAVE」し、「CONTINUE」からプレイしたことがあるラウンドを自由に選ぶことが可能です。難しいラウンドにも何度もチャレンジしてみましょう。

また、本作は「ダウンロードプレイ」に対応しており、ソフト1本・本体2台で、2人プレイが可能です。「アワ」に閉じ込められた味方を体当たりで助けるといった、1人プレイでは味わえない連携プレイを駆使することで、難易度が高いステージも攻略し易くなるかもしれません。

後にさまざまなシリーズが展開する『BUBBLE BOBBLE』の第1弾。仲間と共闘する楽しさをぜひ味わってみてください。

『BUBBLE BOBBLE』は、2013年10月16日配信開始予定で価格は500円(税込)です。

(C)TAITO CORPORATION 1987, 2008 ALL RIGHTS RESERVED.
《津久井箇人 a.k.a. そそそ》

編集部おすすめの記事

特集

任天堂 アクセスランキング

  1. 『スマブラSP』設定の深さに思わずうなるスピリッツバトル10選

    『スマブラSP』設定の深さに思わずうなるスピリッツバトル10選

  2. 『スマブラSP』小ネタ8選!知ってるとより大乱闘を楽しめるかも!?

    『スマブラSP』小ネタ8選!知ってるとより大乱闘を楽しめるかも!?

  3. 『スマブラSP』読者の「DLCで参戦してほしいファイター」1位は“かわいいアイツ”!【読者アンケート】

    『スマブラSP』読者の「DLCで参戦してほしいファイター」1位は“かわいいアイツ”!【読者アンケート】

  4. 『スマブラSP』一番人気のファイターは“奇妙なアイツ”!1,164票から選ばれたTOP10を紹介【読者アンケート】

  5. 『スマブラSP』これさえ読めば超初心者も戦える!大乱闘の基本を5項目でチェック

  6. スイッチ版『大乱闘スマッシュブラザーズ』に参戦したら嬉しいゲストキャラ10選

  7. 『スプラトゥーン2』新ギア「メイン性能アップ」のヒミツを検証!発生する効果はなんと10種類

  8. 『スマブラSP』今作のCPUは過去最強!?あなたのCPUに対する評価はどれくらい?【アンケート】

  9. 『スマブラSP』国内初週販売本数は122万本―Twitterでトレンド入り果たす

  10. 任天堂なのにセクシーなゲームキャラ10選

アクセスランキングをもっと見る