人生にゲームをプラスするメディア

【東京ゲームショウ2013】 あのパズドラシリーズが日本ゲーム大賞2013で3冠の偉業―ユーザー、プラットフォームの確立が要因に

ガンホー・オンライン・エンターテイメントは、人気パズルゲーム『パズル&ドラゴンズ』シリーズが、「日本ゲーム大賞2013」で3冠を達成したことを発表しました。

その他 全般
『パズドラZ』パッケージ
  • 『パズドラZ』パッケージ
  • 『パズル&ドラゴンズ』ゲームタイトル画面
ガンホー・オンライン・エンターテイメントは、人気パズルゲーム『パズル&ドラゴンズ』シリーズが、「日本ゲーム大賞2013」で3冠を達成したことを発表しました。

9月19日から開催されている「日本ゲーム大賞2013」において、スマートフォンタイトル『パズル&ドラゴンズ』が年間作品部門の「特別賞」ならびに、経済産業大臣賞を受賞。そして、先ほど発表授賞式が執り行われたフューチャー部門では、3DSで12月12日発売予定となっている新作パズドラ『パズドラZ』の受賞が判明し、これにより、パズドラシリーズは合わせて3冠獲得という偉業を達成したことになります。

「モンスター」を育て、「パズル」でバトルする、新感覚のパズルRPG『パズル&ドラゴンズ』。各賞受賞の理由としては、スマートフォンをゲームプラットフォームとして確立した功績と、年齢を問わず社会的なムーブメントを巻き起こした点が挙げられています。
業界からの支持のみならず、2012年2月20日にサービス開始以降は、日本における二大スマートフォンマーケット「App Store」および「Google Play」において、常にトップセールス1位を競う人気コンテンツに成長。また、2013年9月14日には1900万ダウンロードを突破するなど日本を席巻しており、パズドラのポテンシャルを改めて認識させられる結果となりました。

3DS『パズドラZ』ではスマートフォン版にはない新要素の導入が判明していますが、この一大ムーブメントを引き継ぎ、携帯ゲーム機市場でも存在感を見せつけることになるのか期待がもたれます。

なお、「日本ゲーム大賞2013」の「年間作品部門」では、任天堂の『とびだせ どうぶつの森』が「大賞」と「ベストセールス賞」の2冠を獲得しています。

(c) GungHo Online Entertainment, Inc.
《Ami》

編集部おすすめの記事

特集

その他 アクセスランキング

  1. 「ゲームの都」を目指してー”オモシロイ”を創造する仙台市発のビジネス集団のチャレンジ【TGS2018】

    「ゲームの都」を目指してー”オモシロイ”を創造する仙台市発のビジネス集団のチャレンジ【TGS2018】

  2. 生き残るのは誰だ…!?大型VTuber企画『THE MENTAL JUDGE』第二弾が9月29日に開催決定

    生き残るのは誰だ…!?大型VTuber企画『THE MENTAL JUDGE』第二弾が9月29日に開催決定

  3. 「涼宮ハルヒの憂鬱」新作短編が発表―10月31日発売「ザ・スニーカーLEGEND」に掲載

  4. 30万人まで後一歩!歴代最高の来場者数だったTGS2018、何が一番よかった?【読者アンケート】

  5. 『モンスターハンター:ワールド』生態系の破壊者“恐暴竜”と化したヨッシーが見られるリテクスチャMod!

  6. 【特集】今さら聞けない“アーサー王と円卓の騎士”―『FGO』『FF』などに影響を与えた物語

  7. 【週刊インサイド】『遊戯王デュエルリンクス』「5D'sワールド」開放に読者の関心集まる─『モンハン:ワールド』イベント情報にも注目

  8. 【e-Sportsの裏側】本当の意味での「最強」になりたい。プロゲーマーときど氏インタビュー

  9. 会場を彩った百花繚乱の美女コスプレイヤー&コンパニオンまとめ前編160枚【TGS2018】

アクセスランキングをもっと見る