人生にゲームをプラスするメディア

【東京ゲームショウ2013】国内外から新たな才能が集結、ビジネスデイ「インディーズゲームコーナー」レポート

ビジネスデイには国内外から18のインディーデベロッパーが集結。全体の様子をレポートするとともに、特に気になったタイトルをピックアップしたいと思います。

任天堂 その他
TGS 13:国内外から新たな才能が集結、ビジネスデイ「インディーズゲームコーナー」レポート
  • TGS 13:国内外から新たな才能が集結、ビジネスデイ「インディーズゲームコーナー」レポート
  • TGS 13:国内外から新たな才能が集結、ビジネスデイ「インディーズゲームコーナー」レポート
  • TGS 13:国内外から新たな才能が集結、ビジネスデイ「インディーズゲームコーナー」レポート
  • TGS 13:国内外から新たな才能が集結、ビジネスデイ「インディーズゲームコーナー」レポート
  • TGS 13:国内外から新たな才能が集結、ビジネスデイ「インディーズゲームコーナー」レポート
  • TGS 13:国内外から新たな才能が集結、ビジネスデイ「インディーズゲームコーナー」レポート
  • TGS 13:国内外から新たな才能が集結、ビジネスデイ「インディーズゲームコーナー」レポート
  • TGS 13:国内外から新たな才能が集結、ビジネスデイ「インディーズゲームコーナー」レポート
9月19日から幕張メッセで行われている東京ゲームショウ2013では、今回新たに「インディーズゲームコーナー」が設置されました。

ビジネスデイには国内外から18のインディーデベロッパーが集結。全体の様子をレポートするとともに、特に気になったタイトルをピックアップしたいと思います。



ビジネスデイの日本からの出展者は5つ。国内クラウドファンディングでの資金調達が話題を集めたチームモンケンの『モンケン』、Game*Sparkでもインタビューを行ったクアッドアローの『EF-12』などが出展しております。さらにSummerTimeStudio、リンクキット、Team Martiniといったスマートフォンゲーム開発しているデベロッパーが目立っています。

海外からの出展者では、台湾が6つ、中国1つとアジア圏が多くなっております。中でもKickstarterで9万5千ドルの資金調達に成功した『C-wars』は、滑らかに動くドット絵が特徴の今後のインディーゲームの期待作。開発を手がけるOnipunks Studioは、北京を拠点とする新規デベロッパーです。今回、ショートインタビューを行ったので詳細はそちらでご紹介します。

カナダからはSpooky Squid Gamesの『They Bleed Pixels』と個人クリエイターのChristine Love氏の『Analogue: A Hate Story』が出展されています。それぞれSteamなどで既にリリースされ、インディーゲームの世界ではよく知られたタイトルです。今回、日本語版のリリースのプロモーションのためにクリエイターが直接来日しています。



スウェーデンから参加したVisiontrick Mediaの『Pavilion』は、アイソメトリックに描かれた美しいグラフィックスが魅力のポイント・アンド・クリック形式のアドベンチャー。既にPlayStation 4/Vitaに向けにリリースされることが決定している期待作であり、そのビジュアルセンスはインディーコーナーでも突出しております。プレイアブルデモが展示されており、テキストを廃したグラフィックスだけの表現は、ミステリアスで神秘的。興味がある方はぜひとも足を運んで、いち早く体験してもらいたいものです。



さらにメキシコから参加したXibalba Studiosの『MILIANT』は、アリが主人公の2.5Dプラットフォーム・シューティング。基本は2Dながらも奥行きのあるステージ構成が特徴的であり、本格的なアーケードゲームに仕上がっています。巨大昆虫のボス戦、Co-opモードのマルチプレイ、4つの手に装装備可能な武器(昆虫ならでは!)などがフィーチャーされています。PC向けに開発中であり、現在、Steam上で無料体験版が公開されています。

インディーコーナーは非常に小さなスペースでしたが、来場者は多く、活気にあふれていました。ビジネスデイの出展者はすべて一般公開日にも出展を行う予定なので、気になったタイトルがある方はぜひとも足を運んでみてください。

TGS 13:国内外から新たな才能が集結、ビジネスデイ「インディーズゲームコーナー」レポート

《shinimai》

編集部おすすめの記事

特集

任天堂 アクセスランキング

  1. スイッチ版『ドラゴンクエストXI 過ぎ去りし時を求めて S』正式発表―タイトルに付いた「S」は“しゃべる”の意味!?

    スイッチ版『ドラゴンクエストXI 過ぎ去りし時を求めて S』正式発表―タイトルに付いた「S」は“しゃべる”の意味!?

  2. 【特集】『スプラトゥーン2』超初心者を脱するための“戦場の鉄則”8箇条

    【特集】『スプラトゥーン2』超初心者を脱するための“戦場の鉄則”8箇条

  3. 『ドラゴンクエストビルダーズ2』12月20日に発売決定! 有料DLCの展開も明らかに

    『ドラゴンクエストビルダーズ2』12月20日に発売決定! 有料DLCの展開も明らかに

  4. 『海腹川背 Fresh!』マップは一つながりの巨大フィールドに! 遊びやすい進化と変わらぬ魅力のワイヤーアクションをいち早く体験【TGS2018】

  5. 『スプラトゥーン2』使いこなせたらカッコいいブキ10選

  6. 「Nintendo Switch Online」はどんな人が入るべき?そのメリットとデメリットをチェックしよう

  7. 『スプラトゥーン2』フェス「つぶあん vs こしあん」はこしあん派のほうが多め!?【読者アンケート】

  8. 『ぷよぷよeスポーツ』新たな切り口でファン拡大を目指す国民的パズルアクションの真意とは【TGS2018】

  9. 11本目はファン待望の『バーチャレーシング』に決定! MC8bit氏のセガ愛も熱かったセガゲームス『SEGA AGES』ステージ【TGS2018】

  10. 「あなたが予想する、『スマブラSP』に新参戦しそうなファイターは?」結果発表― バンダナを巻いたアイツやサルベージャーの少年などが登場!【読者アンケート】

アクセスランキングをもっと見る