人生にゲームをプラスするメディア

ファミコンの限界を超えた格闘アクション『ジョイメカファイト』3DSバーチャルコンソールで配信決定

任天堂は、ニンテンドー3DSのバーチャルコンソール向けにファミコンソフト『ジョイメカファイト』を配信します。

任天堂 3DS
ジョイメカファイト
  • ジョイメカファイト
  • ファミコンの限界を超えた格闘アクション表現、独特のロボットに注目
任天堂は、ニンテンドー3DSのバーチャルコンソール向けにファミコンソフト『ジョイメカファイト』を配信します。

『ジョイメカファイト』は、任天堂より1993年にファミコンで発売されたロボット格闘アクションゲームです。「イーモン博士」によって作られたお笑いロボット「スカポン」が、世界征服を企む「ワルナッチ博士」によって悪者に改造されたロボットたちを救い、世界を守るために戦います。

スーパーファミコン全盛期である1993年に発売したファミコン末期のソフトですが、本作の特徴にもなっている関節のない独特のロボットキャラクター表現によって、ファミコンとは思えない滑らかな格闘アクションを実現。一部に熱狂的なファンを生み出し、現在はファミコンの限界を超えた表現力も高く評価されています。

1人プレイ用「クエストモード」では、最初は「スカポン」以外のロボットを使用することはできません。ステージをクリアしていくことで合計8体のロボットが使用できるようになります。

「対戦モード」は「1P vs COM」「1P vs 2P」「COM vs COM」の3種類が用意されており、特長や必殺技が異なる個性的なロボット同士のバトルを楽しむことができます。3DSバーチャルコンソール版では「ダウンロードプレイ」に対応しているので、本体が2台あればソフト1本で対戦プレイが可能です。初心者でも安心な「マニュアル」と呼ばれるチュートリアル機能も充実しているので、「マニュアル」や「1P vs COM」で、1人でじっくり練習することもできます。

ファミコン末期に発売された隠れた名作。ファミコンの限界を超えた表現による格闘アクションを、3DSで手軽に楽しんでみてください。

『ジョイメカファイト』は、2013年9月11日配信開始予定で価格は500円(税込)です。

(C)1993 Nintendo
《津久井箇人 a.k.a. そそそ》
【注目の記事】[PR]

編集部おすすめの記事

特集

任天堂 アクセスランキング

  1. 『Apex Legends』TSMやCRまで!プロゲーミングチームの「バナーフレーム」が販売開始

    『Apex Legends』TSMやCRまで!プロゲーミングチームの「バナーフレーム」が販売開始

  2. 『モンハンライズ:サンブレイク』大剣の新アクション気持ちよすぎだろ!「流斬り連携」にハマる人々

    『モンハンライズ:サンブレイク』大剣の新アクション気持ちよすぎだろ!「流斬り連携」にハマる人々

  3. 『モンハンライズ:サンブレイク』しゃがめば当たらない…?誰もが感じる閃きを実行した、とあるハンターの悲劇に「オチが最高www」

    『モンハンライズ:サンブレイク』しゃがめば当たらない…?誰もが感じる閃きを実行した、とあるハンターの悲劇に「オチが最高www」

  4. 『ポケモンSV』でも再登場キャラに期待高まる!凸凹コンビの“子孫”を予想する人も…

  5. まるでコントのようなグダグダ感!爆笑必至な『モンハンライズ:サンブレイク』狩猟動画に、「3人吹き飛ぶところでダメだった」

  6. 『モンハンライズ:サンブレイク』「DLCパック5」がこっそり配信!学生服の重ね着「レルネアシリーズ」などが新登場

  7. 『モンハンライズ:サンブレイク』早くも「MR100」に到達するハンターが続出!あまりの早さに「寝てるの?」という声も

  8. 『モンハンライズ:サンブレイク』「適正射撃法」はライトボウガンに必須?火力が約1.3倍上がる新入れ替え技

  9. 『ポケモン』バサギリは勇者?それとも愚者?元ネタとなったちょっぴり切ない故事成語

  10. 虹やファッションがカギ!?『ポケモンSV』で期待される新たな“進化方法”は?

アクセスランキングをもっと見る