人生にゲームをプラスするメディア

新モンスター「ゴア・マガラ」新武器「チャージアックス」も体験、『モンスターハンター4』プレイアブルレポート

カプコンは、品川にて「夏の狩試『モンスターハンター4』先行体験会」を開催しました。

任天堂 3DS
出迎えてくれた猟団の看板娘とオトモアイルー
  • 出迎えてくれた猟団の看板娘とオトモアイルー
  • シングルとマルチに分かれています
  • 新モンスター「ゴア・マガラ」新武器「チャージアックス」も体験、『モンスターハンター4』プレイアブルレポート
  • ドス・ジャギィ
  • 新モンスター「ゴア・マガラ」新武器「チャージアックス」も体験、『モンスターハンター4』プレイアブルレポート
  • 新モンスター「ゴア・マガラ」新武器「チャージアックス」も体験、『モンスターハンター4』プレイアブルレポート
  • テツカブラ
  • 新モンスター「ゴア・マガラ」新武器「チャージアックス」も体験、『モンスターハンター4』プレイアブルレポート
カプコンは、品川にて「夏の狩試『モンスターハンター4』先行体験会」を開催しました。

本イベントは、公式ファンクラブであるモンハン部を対象に「親子・女子ハンター」「学生ハンター」「ハンター」の3区分にわけてステージイベントと約一ヶ月後に発売をひかえた『モンスターハンター4』の試遊を体験できるというもの。

午前中にはプレス向けにも試遊が開放され、筆者も早速プレイをしていきました。体験できるクエストは3つ。どれも時間ギリギリで倒せる難易度になっており、新モンスター「ゴア・マガラ」を討伐できたところは思わず「やったー!」と声が上がっていました。

■初心者クエスト:ドスジャギィ討伐【遺跡平原】
ひとまずシリーズおなじみのモンスターでもある、ドスジャギィに操虫棍で挑んできました。棒術のように爽快に振り回せる武器なので、ガンガン攻撃を当てていきますがサックリ討伐とはいかず、プレイアブルとしての難易度は手応えあるものになっていました。ドスジャギィはシングルプレイで体験していましたが、2匹のオトモアイルーのナイスアシスト度が前作より洗練されているような感じがしました。筆者独自の体感ですが、「たまにやる」というより「いまここでやる」という状況でアシストしてくれている気がしました。

■中級者クエスト:テツカブラ討伐【地底洞窟】
テツカブラには今回初めてプレイアブル登場となったチャージアックスで挑戦。テツカブラは受け口にそびえる2つの大きな牙が特徴。遭遇時のムービーには、むわっとかかる黄色いテツカブラの息をハンターが嫌がるシーンもあり、どうやらこれはウチケシの実が必須な状況が発生するようです。

まず、地底洞窟自体が初体験となるフィールドなので、千里眼があるにも関わらずテツカブラの場所にたどり着くのが一苦労。意外なところが登れたり、謎の物体が地面におもむろに刺さっていて「これは採取ポイントだろうな~」と素通りしたり(テツカブラに会いたいため)、新鮮な気持ちでフィールドをうろうろできるのが嬉しかったです。テツカブラにやっと遭遇すると、テツカブラは自慢の顎で地面をシャベルのように掘り出し防御壁にしたり、掘り出した岩を顎にキープしたまま地面を這いずり右往左往。さらには、その顎にキープした岩を目の前めがけて放つシーンもありかなりの暴れん坊です。岩はかなり硬く緑ゲージの武器でははじき返されてしまいます。これはテツカブラの横から斬り込むのがコツのようです。そびえる2つの大きな牙は部位破壊に成功、落し物で「カワズの油」が入手できたことから、「だから両生類に似た仕草なんだ~!」と一人納得してしまいました。時折膨らむ尻尾が切断できるのかが最後まで気になったところです。

チャージアックスは最初「剣モード」となっており、攻撃するたびに属性ゲージが溜まっていきます。この剣モードでは盾をかまえ防御ができるのはもちろん、かまえたままの横回避もできるのでリーチの短いガンランスのような感じです。R+Aで「斧モード」に切り替えると一気にリーチが伸び、剣モードで蓄積された属性を解放しながらガリガリ削っていけるようです。慣れないうちは攻撃を連打しているうちにモードが変わってしまったりしてちょっと一苦労、シーンによってリーチを使い分けるのが重要になってきそうです。

■中級者クエスト:ゴア・マガラ討伐【遺跡平原】
ゴア・マガラにはマルチプレイにて挑戦。武器はモンスターを近くに感じたいのでガンランスで挑んできました。乾燥した地面と鮮やかな緑が印象的な遺跡平原ですが、ゴア・マガラ……デカい!そして、麗しいッ!

大きな翼を持つゴア・マガラは「ひるがえす」という言葉がピッタリなほどの優雅さを持っています。まるで蝶々のようにふわりと舞い飛んでいますが、1撃の攻撃力はかなりのもの。印象的なのは、通常時は頭が蛇のようにまるんとしているのですが怒り状態に入ると、体に紫の差し色が鮮やかに入り同色の2つの角がそびえ表情が一気にドラゴンの顔になるということです。

攻撃も非常にトリッキーなゴア・マガラの周辺には紫色のサークルのようなものが多く散布され、これに触れるとハンターも異常状態になっていました。異常状態を表す画面上のバーがリアルタイムで増えていき、「これは危ない」とウチケシの実を必死に食べるのですが、バーが減るだけで完治とはいかず困りました。ここは今後発表される情報で明らかになってくるのでしょうか。

部位破壊は角と前脚の鱗剥がれを確認したものの、討伐とはいきませんでした。最後に今回のプレイアブルでは大剣がゴア・マガラのフル装備でした。黒と鮮明な紫の色彩のコントラスト、そしてマントにも注目です。

『モンスターハンター4』は2013年9月14日発売予定。価格は通常版が5,990円(税込)、「モンスターハンター4 スペシャルパック」が各2万6,000円(税込)です。

(C)CAPCOM CO., LTD. 2013 ALL RIGHTS RESERVED.
《きゃんこ》

この記事の感想は?

  • いいね
  • 大好き
  • 驚いた
  • つまらない
  • かなしい

編集部おすすめの記事

任天堂 アクセスランキング

  1. 『モンハンライズ』最近話題の「KO抜刀大剣」を解説!シリーズ初期を思わせる懐かしい戦法が、現代ハンターには新鮮に映るかも

    『モンハンライズ』最近話題の「KO抜刀大剣」を解説!シリーズ初期を思わせる懐かしい戦法が、現代ハンターには新鮮に映るかも

  2. 『モンハンライズ』ネコ双剣「レイジネイルー」の半端ない火力はもう体験した?唯一無二の“確定会心”、見た目はネタ武器だけど実力は本物

    『モンハンライズ』ネコ双剣「レイジネイルー」の半端ない火力はもう体験した?唯一無二の“確定会心”、見た目はネタ武器だけど実力は本物

  3. 『モンハンライズ』「卵槌ガーグァ」はネタ武器にあらず!作中最大攻撃力と3種類の特攻が魅力、3本作れば死角無し

    『モンハンライズ』「卵槌ガーグァ」はネタ武器にあらず!作中最大攻撃力と3種類の特攻が魅力、3本作れば死角無し

  4. 『モンハンライズ』「ハイニンジャソード」は脅威の会心100%!片手剣初心者から上級者までオススメ、戦い方とスキル運用について解説

  5. 『モンハンライズ』Ver3.0は“徹甲ヘビィ”が熱い!強力に生まれ変わった「ヘビィボウガン」の魅力を語る

  6. 『モンハンライズ』“斬裂ライト”こと「王牙弩【野雷】」を使いこなす!3分討伐も夢じゃない瞬間火力には、せっかちハンターもニッコリ

  7. 『モンハンライズ』良く聞く「ドシュー」って何?とっても使いやすいライトボウガン、その強みと必須スキルを解説

  8. E3で発表された『メトロイド ドレッド』は2005年に開発中止になっていた幻の作品!いま復活するスゴさを語らせてくれ

  9. 『モンハンライズ』Ver3.0の新武器「ファントムミラージュ」が強い!安定感ではライバル「一虎刀【餓刃】」も超える

  10. 『ポケモンHOME』の使い方を解説!スイッチ版・スマホ版の基本設定から『ポケモンバンク』の移動方法も

アクセスランキングをもっと見る