人生にゲームをプラスするメディア

Wii Uが100万台突破 ― 発売から33週で達成、普及ペースは緩やか

任天堂 Wii U

Wii Uが100万台突破 ― 発売から33週で達成、普及ペースは緩やか
  • Wii Uが100万台突破 ― 発売から33週で達成、普及ペースは緩やか
  • Wii Uが100万台突破 ― 発売から33週で達成、普及ペースは緩やか
任天堂が2012年12月8日に発売したWii U、発売から33週目で国内販売数が100万台を突破しました。

滑り出し自体は好調だったものの、続いて発売するゲームソフトの開発が遅れ、年明けから新作が途絶えたことで、本体の売上は落ち込んでいました。2013年3月時点で国内販売台数は92万台。

その後、夏先までハードの売上は鈍化していましたが、有力ソフトとして『ピクミン3』と『New スーパールイージU』、Wiiリモコンプラスをセットにしたお買い得パック『Nintendo Land Wiiリモコンプラス セット』、そして「Wii U プレミアムセット(シロ)」を7月13日に発売。Wii U発売から33週目で国内販売台数が100万台を突破しました。

ちなみにWiiは6週、ゲームキューブは15週で100万台を達成しており、Wii Uは過去に発売した据置ハードに比べて普及ペースが非常に緩やかな傾向。Wii Uも新作ソフトが徐々に増えてきましたが、ソフトメーカーから発売されるゲームソフトはマルチプラットフォームでリリースされることが多く、やはりオンリーワンな新作ソフトをどれだけ用意できるかが今後のWii Uで重要。8月以降は完全新作の『The Wonderful 101』、ゲームキューブの名作を美しく蘇らせた『ゼルダの伝説 風のタクトHD』、世界で最も売れた体重計としてギネス記録にもなった『Wii Fit』の続編『Wii Fit U』、そして『Wii Party U』『スーパーマリオ3Dワールド』『マリオカート8』と言った任天堂が得意とする多人数プレイが楽しめるゲームソフトが来年春までに発売される予定となっています。

年末にはPS4やXbox Oneなど、ライバルメーカーが揃って次世代機を投入。1年早く発売したWii Uがどんな展開を見せるか、今後の展開に期待したいですね。

(C)Nintendo
《まさと》

編集部おすすめの記事

任天堂 アクセスランキング

  1. 「Newニンテンドー2DS LL」の「はぐれメタルエディション」が7月29日発売、『ドラクエXI』が同梱

    「Newニンテンドー2DS LL」の「はぐれメタルエディション」が7月29日発売、『ドラクエXI』が同梱

  2. 『スプラトゥーン2』あんなに仲が良かったシオカラーズが…、ふたりのストーリー第一話が公開

    『スプラトゥーン2』あんなに仲が良かったシオカラーズが…、ふたりのストーリー第一話が公開

  3. 『ポケモンGO』マクドナルドで「ルアーモジュールコラボイベント」が開催、4月29日より

    『ポケモンGO』マクドナルドで「ルアーモジュールコラボイベント」が開催、4月29日より

  4. 「Newニンテンドー2DS LL」発売決定!“大画面”で“折り畳み可能”な2DSが7月13日に登場

  5. 「ニンテンドーeショップ新作入荷情報」4月28日号―スイッチ版『マリオカート8 デラックス』発売!

  6. ニンテンドースイッチ、今期出荷は1,000万台を予定─『1-2-Switch』は出荷ベースでミリオンセラー近し

  7. スイッチ関連アクセサリーが続々登場、『ゼルダの伝説』ポーチや『スプラトゥーン2』収納ボックスなど

  8. スイッチ『ARMS』新ファイターは緑の伸びるブキミなヤツ!?「DNAマン」が参戦決定

  9. 「マイニンテンドーストア」のカスタマイズスイッチ本体、次回注文再開は5月8日以降

  10. 任天堂、平成29年3月期決算を発表─『ゼルダの伝説 BotW』は合算で384万本、ニンテンドースイッチは274万台を販売

アクセスランキングをもっと見る