人生にゲームをプラスするメディア

プレイヤーは「かみ」さま!?『Tearaway ~はがれた世界の大冒険~』紙の世界を描くトレーラー公開

ソニー・コンピュータエンタテインメントジャパンアジアは、PS Vitaソフト『Tearaway ~はがれた世界の大冒険~』の、公式サイトとアナウンストレーラー を公開しました。

ソニー PSV
『Tearaway ~はがれた世界の大冒険~』公式サイトショット
  • 『Tearaway ~はがれた世界の大冒険~』公式サイトショット
  • カメラ機能で柄をつけてあげられます
  • リアタッチで攻撃を!
  • ゲーム内に指が生えているかのようです
ソニー・コンピュータエンタテインメントジャパンアジアは、PS Vitaソフト『Tearaway ~はがれた世界の大冒険~』の、公式サイトとアナウンストレーラー を公開しました。

PS Vitaソフト『Tearaway ~はがれた世界の大冒険~』は、『リトルビッグプラネット』を生み出したメディアモレキュールが手がけるアクションアドベンチャーで、手と紙で作られたステージには命が吹きこまれ、ユニークなキャラクターとの出会いや楽しいギミックが満載の、PS Vitaの機能をフルに活かした一本です。

主人公となるのは、「イオタ」と「アトイ」。二人のどちらかを選んで、大切なメッセージを届ける主人公の大冒険を手伝ってあげてください。手のひらに収まるこの世界にとって、「あなた」の存在は文字通り大きいのです。

「あなた」が息を吹きかけることで、ゲーム中の紙飛行機が飛んでいったり、リアタッチでトランポリンのような台から主人公を飛ばしたりと、様々な影響力を及ぼします。また敵との戦いも、リアタッチで画面上に「指」を出して倒したり、マイクを通したユーザーの声がそのまま敵を吹き飛ばしたりできるのです。

この他にも、冒険を通して集めたデコレーションなどを使って、主人公を思いつくままにカスタマイズできるので、センスとイマジネーションを存分にぶつけましょう。また、ゲーム中に集めたテンプレートをプリントすれば、作中のキャラクターをペーパークラフトで再現することもできるので、彼らを3次元に呼ぶこともできるのです。

気になる要素満載の本作ですが、言葉だけでは表現しきれない魅力に溢れていますので、興味のある方は、公式サイトにあるアナウンストレーラーをご覧ください。ユニークなキャラクターが動き回る姿だけでも可愛らしく、一見の価値があります。



最後になりますが、「次世代ワールドホビーフェア '13 Summer」にて、日本初となる『Tearaway ~はがれた世界の大冒険~』試遊イベントを予定しているので、この世界の魅力に惹かれた方は、6月29日か30日に、幕張メッセ国際展示場の展示ホール9・10・11ホールまで足を運ぶのもいいかもしれません。入場料は無料なので、気軽にお越しください。


『Tearaway ~はがれた世界の大冒険~』は、2013年発売予定で、カード版・ダウンロード版ともに価格は未定です。

(C)2013 Sony Computer Entertainment Inc. All Rights Reserved.
《臥待 弦(ふしまち ゆずる)》

この記事の感想は?

  • いいね
  • 大好き
  • 驚いた
  • つまらない
  • かなしい

編集部おすすめの記事

ソニー アクセスランキング

  1. 『原神』新イベントで「グゥオパァー」が話題沸騰!会話背景で自由気ままに行動―旅人達をメッロメロに

    『原神』新イベントで「グゥオパァー」が話題沸騰!会話背景で自由気ままに行動―旅人達をメッロメロに

  2. 「PS5」の販売情報まとめ【9月27日】─「ゲオ」が新たな抽選受付を開始、『鬼滅の刃』セットも用意

    「PS5」の販売情報まとめ【9月27日】─「ゲオ」が新たな抽選受付を開始、『鬼滅の刃』セットも用意

  3. リメイク版『月姫』を遊んでおきたい3つの理由ー「タイトルだけ知ってる」で終わらせるには、あまりにも惜しい…!

    リメイク版『月姫』を遊んでおきたい3つの理由ー「タイトルだけ知ってる」で終わらせるには、あまりにも惜しい…!

  4. Amazonにて『グランツーリスモ7』予約開始─2022年3月4日発売、サントラなどが付属する数量限定版も登場

  5. 『テイルズ オブ アライズ』絢香さんが名曲「Hello, Again~昔からある場所~」 をカバー!新CMを先行公開

  6. 筆者はいかにしてPS5を手に入れたのか ─ PS5を入手する3つの方法と入手確率アップの法則【GW特集】

  7. 『ロストジャッジメント:裁かれざる記憶』9月24日発売決定!“キムタクが如く”こと『ジャッジアイズ』の続編―新たな舞台は「横浜」

  8. PS5までの歴代PlayStation据え置きハードを振り返る!これまでの進歩とこれからの進歩を見比べよう

  9. 『バイオハザード』の「クリス」って顔が変わりすぎ!?今と昔では“完全に別人”レベルだった【『バイオハザード』25周年特集】

  10. 『原神』雷電将軍、まさかの料理下手と発覚―調理画面では「できません」とまで表記

アクセスランキングをもっと見る