人生にゲームをプラスするメディア

【E3 2013】『Destiny』や『CoD: Ghost』が展示、家庭用版『Diablo III』もプレイ可能、Activision Blizzardブースフォトレポート

ソニー PS3

【E3 2013】『Destiny』や『CoD: Ghost』が展示、家庭用版『Diablo III』もプレイ可能、Activision Blizzardブースフォトレポート
  • 【E3 2013】『Destiny』や『CoD: Ghost』が展示、家庭用版『Diablo III』もプレイ可能、Activision Blizzardブースフォトレポート
  • 【E3 2013】『Destiny』や『CoD: Ghost』が展示、家庭用版『Diablo III』もプレイ可能、Activision Blizzardブースフォトレポート
  • 【E3 2013】『Destiny』や『CoD: Ghost』が展示、家庭用版『Diablo III』もプレイ可能、Activision Blizzardブースフォトレポート
  • 【E3 2013】『Destiny』や『CoD: Ghost』が展示、家庭用版『Diablo III』もプレイ可能、Activision Blizzardブースフォトレポート
  • 【E3 2013】『Destiny』や『CoD: Ghost』が展示、家庭用版『Diablo III』もプレイ可能、Activision Blizzardブースフォトレポート
  • 【E3 2013】『Destiny』や『CoD: Ghost』が展示、家庭用版『Diablo III』もプレイ可能、Activision Blizzardブースフォトレポート
  • 【E3 2013】『Destiny』や『CoD: Ghost』が展示、家庭用版『Diablo III』もプレイ可能、Activision Blizzardブースフォトレポート
  • 【E3 2013】『Destiny』や『CoD: Ghost』が展示、家庭用版『Diablo III』もプレイ可能、Activision Blizzardブースフォトレポート
E3ウェストホールの最端に位置するActivision Blizzardのブースには、タイトル数は少ないものの、いずれも同社のホリデー主力タイトルである『Call of Duty: Ghost』、『Skylanders SWAP Force』、コンソール版『Diablo III』、そして2014年に次世代機向けにも発売が決まったBungieの『Destiny』が展示。

『Destiny』は180度にスクリーンが広がる巨大シアターでトレイラーやフッテージが上映されており、中は常に満員状態で外の通路に立ち見がでるほど。

『Call of Duty: Ghost』はクローズドルームでのゲームプレイデモが観覧可能になっており、ブース裏の彼方までファンの長蛇の列が伸びていました。

コンソール版『Diablo III』は、PS3版に加えて電撃発表されたXbox 360版もプレイアブル展示。ソファに腰かけて4人でオフラインCo-opが体験でき、各種インターフェースも遊びやすいようにしっかりとチューニングされているのが確認。部屋の中央には天使ティラエルの像が神々しい光を放ちながらそそり立っています。
《Game*Spark》

編集部おすすめの記事

特集

ソニー アクセスランキング

  1. 【TGS2017】それは人なのかアンドロイドなのか―徹底した世界観で『Detroit』に迷い込む

    【TGS2017】それは人なのかアンドロイドなのか―徹底した世界観で『Detroit』に迷い込む

  2. 『モンスターハンター: ワールド』加工屋/オトモアイルー含むハンター必見の最新情報!

    『モンスターハンター: ワールド』加工屋/オトモアイルー含むハンター必見の最新情報!

  3. 【TGS2017】美少女たちを迎え撃て! 360度あらゆる方向からの“告白”に立ち向かう『ぎゃる☆がん2』を回転しつつプレイ

    【TGS2017】美少女たちを迎え撃て! 360度あらゆる方向からの“告白”に立ち向かう『ぎゃる☆がん2』を回転しつつプレイ

  4. 『デメリトクラシーあるいはアリアス・ルースの2つの顔』DMMがPS4専用オリジナルタイトルとしてTGS2017で初公開

  5. 【TGS2017】『サマーレッスン』新城ちさとちゃんとご対面-今度の生徒は小生意気な問題児!?

  6. 【TGS2017】人狼ゲーム+サスペンスドラマが楽しめる『Hidden Agenda』、駆け引きの果てに待つものは

  7. PS4『アリカ 謎の格闘ゲーム(仮称)』が国内初出展―日本語コマンド表も

  8. 【TGS2017】『ANUBIS ZONE OF THE ENDERS : M∀RS』PS VR版プレイレポ―この爽快感、はいだらー!と叫ばずにはいられない

  9. 『鉄拳7』欧米アーティストと開発スタッフが書き下ろしたキャラパネル全25種類が無料配布決定

  10. 【TGS2017】個性的な新モンスターが続々登場した『モンスターハンター:ワールド』ステージイベントレポ

アクセスランキングをもっと見る