人生にゲームをプラスするメディア

マーベラスAQL、久夛良木氏起用でゲームビジネスでの新たな展開を追求

ゲームビジネス 人材

久夛良木健
  • 久夛良木健
  • 『ヴァルハラナイツ3』パッケージ
  • 『閃乱カグラ SHINOVI VERSUS -少女達の証明-』パッケージ
  • 『閃乱カグラ Burst -紅蓮の少女達-』パッケージ
プレイステーションの父こと、久夛良木氏を社外取締役に迎えて注目を集めているマーベラスAQL、5月13日に行われた2013年3月期決算説明会の質疑概要で触れています。

「久夛良木氏の社外取締役選任の狙いを教えてください」という質問に対し、同社代表取締役・許田周一氏は「プレイステーションの生みの親としてこの業界を作った方と言っても過言ではなく、ゲームコンテンツに通じた非常に見識の広い方であり、ゲームビジネスの新しい展開にいろいろなアドバイスを頂けるものと考え、お迎えしております」と答え、回復傾向にあるとされているコンシューマーゲーム分野での新規事業展開に積極的に取り組む姿勢を表明しています。

今期の現状では『ヴァルハラナイツ3』(PS Vita)の発表に留まっているものの、下期には数タイトルのリリースを予定しているとのこと。

また、ノベルズ展開やプレイアブルキャラクターのDL配信など、魅力的なスピンオフ企画も話題を呼んでいる『閃乱カグラ』シリーズの今後の展開については、「当社のフランチャイズタイトルの柱として、引き続きマルチユース展開を推進してまいります」と述べていることから、今後も『閃乱カグラ』ファンには楽しみな企画が数多く待ち受けていそうです。
《小寺信夫》

編集部おすすめの記事

ゲームビジネス アクセスランキング

  1. インディゲームの祭典「A 5th of BitSummit」出展者97組が決定!

    インディゲームの祭典「A 5th of BitSummit」出展者97組が決定!

  2. そんな装備で大丈夫か?「TOKYO SANDBOX 2017」に『エルシャダイ』の生みの親、竹安佐和記氏が登壇決定

    そんな装備で大丈夫か?「TOKYO SANDBOX 2017」に『エルシャダイ』の生みの親、竹安佐和記氏が登壇決定

  3. 株式会社ディンゴが倒産、編集部でも確認―代表作は『フォトカノ』『初音ミク -Project DIVA-』

    株式会社ディンゴが倒産、編集部でも確認―代表作は『フォトカノ』『初音ミク -Project DIVA-』

  4. 話題のホラーゲーム『Year Of The Ladybug』開発中止

  5. 狂気のホラー『Year Of The Ladybug』主人公は連続殺人犯…日本語字幕トレイラー公開

  6. アジアオリンピック評議会が「e-Sports」を競技種目に―2018年「アジア競技大会」から本格デモ導入

  7. GTX 1080 Tiで動作する『FF15』!GDC海外映像―ネコもふさふさ

  8. 【ゲーム×法律】ゲームの利用規約違反で制裁、どこまで許される?

  9. ゲームはVR/AR市場の中心となるか?「ファインテック ジャパン」セミナーレポート

  10. VRの伝道師、GOROmanこと株式会社エクシヴィ代表取締役社長 近藤義仁氏が語る、国内におけるVR向けHMDムーブメントのこれまでとこれから―中村彰憲「ゲームビジネス新潮流」第46回

アクセスランキングをもっと見る