人生にゲームをプラスするメディア

「世界に誇れる日本企業」トップ10にソニーと任天堂がランクイン

リスクモンスターは、第1回「世界に誇れる日本企業」アンケート調査結果を5月1日に発表しました。

ゲームビジネス その他
第1回「世界に誇れる日本企業」アンケートスクリーンショット
  • 第1回「世界に誇れる日本企業」アンケートスクリーンショット
リスクモンスターは、第1回「世界に誇れる日本企業」アンケート調査結果を5月1日に発表しました。

「世界に誇れる日本企業」アンケート調査は、2013年2月25日~2013年2月27日に20~59歳の有識者男女個人、60~69歳の男女個人を対象にインターネットで行われました。調査対象企業は、年間売上2,500億円以上、従業員数5,000人以上の企業200社です。

■「世界に誇れる日本企業」ランキング
1位:トヨタ自動車
2位:ソニー
3位:本田技研工業(ホンダ)
4位:パナソニック
5位:日産自動車
6位:キヤノン
7位:東芝
8位:ブリヂストン
9位:任天堂
10位:日立製作所

11位から20位は、11位富士通、12位シャープ、13位ニコン、14位TOTO、15位味の素、ヤマト運輸、17位三菱重工、18位富士フイルム、資生堂、20位ヤマハとなっています。

ランキングを業種別に見ると、トップ20のうち19社が製造業という結果になっており、ランキングには日本の製造業が持っている高品質や、技術力に対する信頼性が表れていると言えます。また、今回の結果から、世界に通じる会社を占うという点では、任天堂のWiiやTOTOのウォシュレットのような商品の独創性や開発力などに着目して、分析することが重要になると読み取ることができます。上位に選出された企業は、国民から技術力や品質の高さが信頼されており、これからの日本経済を牽引していく企業としての期待されていると考えられるでしょう。

ゲームに関係した企業では、2位にソニー、9位に任天堂がランクインしています。200社の企業の中からこの2社がトップ10に選ばれていることは、ゲームファンとしては嬉しいことではないでしょうか。ソニーと任天堂には、さらなる活躍を期待したいと思います。
《さかまきうさろーる》

編集部おすすめの記事

ゲームビジネス アクセスランキング

  1. 「ヤフオク!」過去30年で取引された人気ゲーム情報を公開─高く売れたタイトルはどれ?

    「ヤフオク!」過去30年で取引された人気ゲーム情報を公開─高く売れたタイトルはどれ?

  2. 【TGS2016】二次元美少女に触れられるVRデモ、壊れる

    【TGS2016】二次元美少女に触れられるVRデモ、壊れる

  3. 暗い場所も味方になる! 高級ゲーミング液晶モニターEIZO「FORIS FS2333」レビュー

    暗い場所も味方になる! 高級ゲーミング液晶モニターEIZO「FORIS FS2333」レビュー

  4. 「ゾイド」VRデモ、ワンフェス2016冬に出展決定…実物大の「シールドライガー」が見られる

  5. 2018年8月発売の新作ゲームは何を買う?―注目タイトルまとめ!

  6. 戦慄ホラー『Outlast 2』開発元が「専用おむつ」を発表!ファンからの「漏らした」報告を受け

  7. 『マブラヴ』VRデモ配信開始!兵士の視点でBETAと戦える

  8. 日本一ソフトウェア、大阪にスタジオを設立・・・人材獲得も多様化

  9. 一般版『VRカノジョ』、教育機関向け「VR Kanojo for Academic use」プログラム発表―VRの研究・勉強目的の無料配布

  10. 【TGS2016】脱出ゲームとVRは相性抜群だった!注目作『ラストラビリンス』と『エニグマスフィア』を紹介

アクセスランキングをもっと見る