人生にゲームをプラスするメディア

「鬼」と戦うための拠点となる「ウタカタの里」などの『討鬼伝』最新情報が公開

6月27日にPS Vita/PSPタイトルとしてコーエーテクモゲームスより発売予定となっている和風ハンティングアクション『討鬼伝』ですが、“鬼”と人との戦いの最前線となる「ウタカタの里」などの最新情報が公開されました。

ソニー PSV
「鬼」と戦うための拠点となる「ウタカタの里」などの『討鬼伝』最新情報が公開
  • 「鬼」と戦うための拠点となる「ウタカタの里」などの『討鬼伝』最新情報が公開
  • 「鬼」と戦うための拠点となる「ウタカタの里」などの『討鬼伝』最新情報が公開
  • 「鬼」と戦うための拠点となる「ウタカタの里」などの『討鬼伝』最新情報が公開
  • 「鬼」と戦うための拠点となる「ウタカタの里」などの『討鬼伝』最新情報が公開
  • 「鬼」と戦うための拠点となる「ウタカタの里」などの『討鬼伝』最新情報が公開
  • 「鬼」と戦うための拠点となる「ウタカタの里」などの『討鬼伝』最新情報が公開
  • 「鬼」と戦うための拠点となる「ウタカタの里」などの『討鬼伝』最新情報が公開
  • 「鬼」と戦うための拠点となる「ウタカタの里」などの『討鬼伝』最新情報が公開
6月27日にPS Vita/PSPタイトルとしてコーエーテクモゲームスより発売予定となっている和風ハンティングアクション『討鬼伝』ですが、“鬼”と人との戦いの最前線となる「ウタカタの里」などの最新情報が公開されました。

<システム:拠点>

プレイヤーキャラクターの拠点となるのは「ウタカタ」と呼ばれる里です。ウタカタの里は“鬼”と人との戦いの最前線に位置します。

現在、人の勢力圏はウタカタの里を初めとする複数の「モノノフ(鬼ノ府)」の里に守られています。「モノノフ」の里には、“鬼”と戦い討伐するモノノフたちのほかに、「神垣ノ巫女(かみがきのみこ)」と呼ばれる特別な女性が常駐しています。

「神垣ノ巫女」は“鬼”とその影響を遮断する結界を張ることができる能力者で、「モノノフ」の里の安全を確保しています。このため、「モノノフ」の里には戦士以外にも多くの人々が集い、日々の暮らしが営まれています。“鬼”の脅威には、常にさらされている状況ですが、結界のおかげで比較的安定した生活となっています。

【モノノフ本部】
ウタカタの里に常駐するモノノフたちを統括する本部。そこには以下の施設があります。

・御役目所(おやくめどころ)
「モノノフ(鬼ノ府)」から出される任務を管理している場所。モノノフは、ここで任務を受けて“鬼”の討伐に赴く。その他、里の人々からの頼みごとも集められており、任務をこなしながら引き受けることができる。受付係の木綿が、いつも笑顔で迎えてくれる。

・指南所(しなんじょ)
ウタカタの里の「モノノフ」を指揮するお頭・大和から受けられる指南。モノノフたる者の基本的な動きを学べる。

・事典
「モノノフ」の研究員・秋水がまとめている事典。“鬼”や異界に関する情報、用語や人物の解説など、様々な情報が閲覧できる。

【自宅】
プレイヤーキャラクターに与えられる一軒家。装備の変更や行動の記録などができる。プレイヤーキャラクターに懐いたテンコが居ついてしまう。

【その他の施設】
ウタカタの里にある、その他の主な施設。以下の施設があります。

・鍛冶屋
モノノフの武器や防具を作成、強化する施設。頑固一徹の職人・たたらが出迎える。

・よろず屋
武器・防具から“鬼”の素材、果ては秘密の商品までを扱うお店。どのような経緯で商品が仕入れられるのかは謎。

・祭祀堂(さいしどう)
ミタマを管理、成長させるための施設。不思議な雰囲気を持った巫女・樒が管理している。

<キャラクター:ウタカタの住人>

・高き嶺の花橘 橘花 / キッカ(CV:庄司宇芽香)
ウタカタの里の「神垣ノ巫女」で、桜花の妹。里の周囲に結界を張り、“鬼”の侵入を防ぐ役目を負う。大切に育てられ、長い間外に出られなかったため、世間知らずなところがある。しかし責任感が強く、負けず嫌いのため、ウタカタの里を守るために懸命に努力する。

・“鬼”を討つ鬼、その頭 大和 / ヤマト(CV:高塚正也)
ウタカタの「モノノフ(鬼ノ府)」を指揮するお頭。泰然自若を旨とし、自他に一切の甘えを許さない。かつてはモノノフの英雄として名を馳せたが、とある戦で片目を失い、現在は現役を退いている。普段は押し隠しているものの、その心の奥底には仲間達への深い情が秘められている。

・異能の天才 秋水 / シュウスイ(CV:赤羽根健治)
「モノノフ(鬼ノ府)」を陰から支える研究員。“鬼”の生態や弱点を分析し、モノノフ達に戦術情報を提供する役目を担う。卓越した頭脳で、これまでに様々な発見をしてきた。人当たりが良く、周囲に親しまれているが、時に妖しい光を瞳の奥に宿す。

・笑顔を咲かす陽の光 木綿 / ユウ(CV:斉藤佑圭)
「モノノフ(鬼ノ府)」の受付を務める少女で、大和の娘。どんな時でも笑顔を絶やさず、明るく元気にモノノフ達を戦場に送り出す。その分け隔てない振る舞いから、組織内で絶大な人気を得ている。しかし、父である大和を恐れて誰も近づけない。

・頑固一徹の名工 たたら(CV:川津泰彦)
ウタカタの里随一の鍛冶屋。モノノフ達が持ち帰る素材を加工して、武具を作り出すことを生業としている。性格は頑固で職人気質だが、頼まれたものはどんな物でも作るのが信条。時には天狐の飾りを作ったりすることも。

・奇人、我が道を行く 樒 / シキミ(CV:牛田裕子)
ミタマを祀る祭祀堂の巫女。モノノフとミタマの結びつきを強め、力を引き出すことができる唯一の人物。飄々としており、他人の言動など何処吹く風で、一切影響されることがない。何を考えているのか窺い知れないが、生活は堅実そのもので、貯金に余念がない。

・キュキュ、キュイ! 天狐 / テンコ(CV:???)
ウタカタの里に生息する不思議な生き物。この地方の固有種で、独特の生態系を持つようだが、その出自は謎に包まれている。人語を解し、非常に賢い。そのためウタカタの人々の手伝いをしながら、のんびりと共生している。

<システム:ミタマ>

■卑弥呼 / 空(くう)
・空間を操り、特殊な補佐を得意とする戦闘スタイル。このスタイルは、タマフリ構え中、鬼祓い範囲内の味方のタマフリ使用間隔(※)を短縮する。
・代表的なタマフリ「虚空ノ顎(こくうのあぎと)」:敵を引き寄せ、触れた敵にダメージを与える次元の狭間を作り出す。

■坂本龍馬 / 賭(と)
・運頼みの戦闘スタイル。このスタイルでは、鬼祓いに成功すると、いずれかのタマフリの回数が回復する。
・代表的なタマフリ「幸魂(さちみたま)」:味方のタマフリ使用回数を回復する。回復する回数は不定。

その他、「体験版プレイ映像 ~戦闘スタイル紹介~」も公開となっているので、本作注目のユーザーは、こちらもチェックしてみてはいかがでしょうか。



(C)コーエーテクモゲームス All rights reserved.
《Game*Spark》

編集部おすすめの記事

ソニー アクセスランキング

  1. PS4『モンハン:ワールド』アステラ祭【豊穣の宴】が開催!まるで仮装のような「重ね着装備」も続々登場

    PS4『モンハン:ワールド』アステラ祭【豊穣の宴】が開催!まるで仮装のような「重ね着装備」も続々登場

  2. PS4『CONCEPTION PLUS 俺の子供を産んでくれ!』発売決定!高画質化や一部演出の強化に加え、マヒルさんの性格もより親しみやすく?

    PS4『CONCEPTION PLUS 俺の子供を産んでくれ!』発売決定!高画質化や一部演出の強化に加え、マヒルさんの性格もより親しみやすく?

  3. 『キングダム ハーツIII』プレイレポーソラもわたしも全然変わっていなかった【TGS2018】

    『キングダム ハーツIII』プレイレポーソラもわたしも全然変わっていなかった【TGS2018】

  4. ゲーム史上最も過激なタイトル!?『CONCEPTION 俺の子供を産んでくれ!』 ─ 続編発売前に前作を徹底チェック

  5. 『プロ野球スピリッツ』シリーズ最新作発売決定!対応プラットフォームはPS4/PS Vita

  6. PS4『モンハン:ワールド』受付嬢の新衣装に思わずドキッ!アステラ祭【豊穣の宴】は9月21日から

  7. 『デビル メイ クライ 5』大量の新情報が公開―レディ、トリッシュも登場【TGS2018】

  8. 【吉田輝和のTGS絵日記】PS4最新作『Days Gone』を一足先に体験!数の暴力は恐ろしい…

  9. バナナマン 日村&ケンコバさんによるゲーム番組『ASOBI-BA!!!』の配信が決定─初回は『みんゴル』でリアル接待ゴルフ?

  10. 『お姉チャンバラ ORIGIN』岡島Pの視点カメラが、彩の“曲線美”と咲の“冷たい眼差し”をゲット!? ストーリーには新解釈を加え、キャラデザはエナミカツミ氏【TGS2018】

アクセスランキングをもっと見る