人生にゲームをプラスするメディア

スーパーマリオ作曲者・近藤氏のデビュー作『デビルワールド』3DSVCで配信決定

任天堂は、ニンテンドー3DSのバーチャルコンソール向けにファミコンソフト『デビルワールド』を4月17日より配信開始します。

任天堂 3DS
『デビルワールド』パッケージ
  • 『デビルワールド』パッケージ
任天堂は、ニンテンドー3DSのバーチャルコンソール向けにファミコンソフト『デビルワールド』を4月17日より配信開始します。

『デビルワールド』は、1984年10月5日にファミコンで発売されたアクションゲームです。プレイヤーはタマゴ怪獣「タマゴン」を操作し、スクロールする画面(壁)に挟まれないよう気を付けながら、場面ごとに異なるクリア条件を満たして攻略していきます。

ゲームは3ステージで1ラウンド構成。通路のボワボワを全て消すとクリアになる「第1ステージ」、4冊の「バイブル」を「デビルホール」まで運んで全ての穴を埋めるとクリアになる「第2ステージ」、そして制限時間内に6つのボーナスボックスの中からタマゴを探す「ボーナスステージ」です。

また、ダウンロードプレイにも対応。3DSでも2人で遊べるようなので、友達と一緒に遊ぶのもいいかもしれません。

『デビルワールド』と言えば、『大乱闘スマッシュブラザーズX』に登場するアシストフィギュア「デビル」を見たことはあるのではないでしょうか。本作がその原作ソフトで、スマブラ同様、プレイヤーの行く手をスクロールで苦しめるのは変わらず同じです。

また、後に『スーパーマリオブラザーズ』のBGMを手掛けることになる近藤浩治氏のデビュー作が本作です。スーパーマリオ25周年の時に公開された社長が訊くでは、当時のプチエピソードについても触れているので、興味のある方はコチラもあわせてチェックしてみてください。

『デビルワールド』は、4月17日配信開始で価格は500円(税込)です。

(C)1984 Nintendo
《》

編集部おすすめの記事

特集

任天堂 アクセスランキング

  1. 『スプラトゥーン2』「つぶあん vs こしあん」フェスで勝ったのは“こしあん”!

    『スプラトゥーン2』「つぶあん vs こしあん」フェスで勝ったのは“こしあん”!

  2. SNK旧作導入、彩京参入、そして『イメージファイト』!――ハムスター、『アーケードアーカイブス』シリーズ新作を14+2タイトル発表【TGS2018】

    SNK旧作導入、彩京参入、そして『イメージファイト』!――ハムスター、『アーケードアーカイブス』シリーズ新作を14+2タイトル発表【TGS2018】

  3. スイッチ版『ドラゴンクエストXI 過ぎ去りし時を求めて S』正式発表―タイトルに付いた「S」は“しゃべる”の意味!?

    スイッチ版『ドラゴンクエストXI 過ぎ去りし時を求めて S』正式発表―タイトルに付いた「S」は“しゃべる”の意味!?

  4. 『スプラトゥーン2』使いこなせたらカッコいいブキ10選

  5. 【特集】『スプラトゥーン2』超初心者を脱するための“戦場の鉄則”8箇条

  6. 「Nintendo Switch Online」はどんな人が入るべき?そのメリットとデメリットをチェックしよう

  7. 『ぷよぷよeスポーツ』新たな切り口でファン拡大を目指す国民的パズルアクションの真意とは【TGS2018】

  8. 任天堂なのにセクシーなゲームキャラ10選

  9. 『スプラトゥーン2』フェス「つぶあん vs こしあん」はこしあん派のほうが多め!?【読者アンケート】

  10. 任天堂のゲームのトラウマ10選 ─ 思い出すだけで恐怖が蘇る!?

アクセスランキングをもっと見る