人生にゲームをプラスするメディア

『ドラゴンズドグマ:ダークアリズン』墓碑銘と石版の関係性を紹介、製品版に引き継ぎ可能な体験版も配信開始

カプコンは、PS3/Xbox360ソフト『ドラゴンズドグマ:ダークアリズン』の最新情報を公開しました。

ソニー PS3
文字が刻まれたエピタフ
  • 文字が刻まれたエピタフ
  • エピタフを調べる
  • ハイドラ戦
  • ドラゴンズドグマ -ザ・ビギニング-
カプコンは、PS3/Xbox360ソフト『ドラゴンズドグマ:ダークアリズン』の最新情報を公開しました。

今回新たに公開されたのは墓碑銘(エピタフ)と石版の関係性です。黒呪島ではあらゆる場所で石版が散見され、それからは白い霧のような物体が生じています。これは黒呪島で命を落とした覚者の残留思念かその場に訪れた覚者に向けて意味深な声を発してきます。黒呪島ではこの石版と、入り口に建立されているエピタフが共鳴しています。

落ちている石版を確認することで、黒呪島で命を落とした覚者達の記憶がエピタフに次々と刻み込まれていきます。その記憶を刻み込んでいくうちに、黒呪島で起こった出事や謎が徐々に明らかになっていきます。また、それと同時に大量の経験値を獲得することも可能です。石版を探し、黒呪島の謎を解き明かしていくことも本作の楽しみであり魅力の一つとなっています。

また、前作『ドラゴンズドグマ』の先着特典が公式サイトで期間限定復活することも発表されました。これは『ドラゴンズドグマ:ダークアリズン』の発売を記念して、今なら前作『ドラゴンズドグマ』の特典冊子を無料で公式サイトで読むことができるというものです。

ストーリーはファンタジー小説界の巨匠、水野 良先生による完全書き下ろし、さらに、表紙イラストはファンタジー小説などのイラストで著名な末弥純先生渾身の描き下ろしと、最強タッグによるスペシャル特典をこの機会に堪能してみてください。ゲーム本編では語られない、ストーリーの導入部分が語られるので、ドラゴンズドグマ:ダークアリズンの製品版はもちろん、体験版をプレイする前に是非読んでからプレイしてみてください。



さらに、『ドラゴンズドグマ:ダークアリズン』の体験版が4月2日よりPlayStation Storeで配信開始されました。この体験版は2012年8月9日に配信された『ドラゴンズドグマ 冒険体験版』を全編日本語ボイス化したものです。プロローグからゲーム序盤の山場であるハイドラとの戦いまでを日本語ボイスでプレイでき、さらにキャラクターエディットでは、新たに加わったエディットパーツを使用することができます。なお、本体験版のセーブデータは『ドラゴンズドグマ:ダークアリズン』製品版に引き継ぐことが可能なのでぜひダウンロードしてみてください。

『ドラゴンズドグマ:ダークアリズン』は4月25日発売予定。価格は通常版が4,990円(税込)、「LIMITED EDITION」が9,990円(税込)です。

(C)CAPCOM CO., LTD. 2012, 2013 ALL RIGHTS RESERVED.
《ひびき》

編集部おすすめの記事

ソニー アクセスランキング

  1. 34年目のテトリスが到達する新たな進化形『Tetris Effect』 水口哲也氏インタビュー

    34年目のテトリスが到達する新たな進化形『Tetris Effect』 水口哲也氏インタビュー

  2. 『DEAD OR ALIVE 6』に「不知火 舞」が参戦決定―SNKコラボでさらにもう1人登場予定

    『DEAD OR ALIVE 6』に「不知火 舞」が参戦決定―SNKコラボでさらにもう1人登場予定

  3. 『モンハン:ワールド』x『ウィッチャー3』コラボイベント開催中!危険な怪物「エンシェント・レーシェン」に立ち向かえ

    『モンハン:ワールド』x『ウィッチャー3』コラボイベント開催中!危険な怪物「エンシェント・レーシェン」に立ち向かえ

  4. PSVR『シアタールームVR』内で「貞子3D」を配信─あなたの部屋に貞子が迫る…!

  5. 犠牲者たちの「if」を描く『バイオハザード RE:2』「THE GHOST SURVIVORS」無料配信開始

  6. 「プレステクラシック」にも収録される『サガ フロンティア』の6つのすばらしさを語ろう

  7. 【インタビュー】完結を迎えた『BLAZBLUE』森Pが明かす心の内 ― 気になるあのシーンやイザナミの脇について訊いてみた

  8. 『FF VIII』今後の展開で期待していることは?愛に溢れたコメントも続々【アンケート】

  9. 【総力特集】最新作発売間近!『バイオハザード』シリーズ20年の軌跡を振り返る

  10. 『バイオハザード RE:2』原作を遊んでたら懐かしすぎるポイント【前編】

アクセスランキングをもっと見る