人生にゲームをプラスするメディア

【GDC 2013】Androidベースのスティック型ゲーム機「Game Stick」を触った

ゲームビジネス その他

Game Stickの起動画面。ゲームの選択ができる
  • Game Stickの起動画面。ゲームの選択ができる
  • ストアと統合されていて、境界線はないようだ
  • なかなかクールな外観
  • 3Dレースゲームも綺麗に動きます
  • Netflixなどアプリケーションも用意
  • コントローラーとドッグ
  • ツヤがかかったホワイトが一般向け
  • 本体は中にドッグに格納することも。この場合は、有線で接続することに
28日から「Ouya」が出荷開始されましたが、Androidを搭載したゲーム機はこれだけではありません。GDC 2013のARMブースでは、Play Jam Ltd.が開発する「Game Stick」の実機に触れる事が出来ました。こちらも、クラウドファンディングのKickstarterで成功を収めたプロジェクトです。

「Game Stick」はその名称の通り、USBメモリのようなスティック型のデバイスで、こちらに備えられたHDMI端子をテレビのHDMIポートに接続することで、テレビでゲームを遊ぶ事が出来るようになります。ワイヤレスで専用のコントローラーに接続できるほか、USBタイプのサードパーティ製コントローラーを利用したい場合は、別売りの「ドッグ」を購入し、ドッグを介してUSBで接続することになります。

「Game Stick」のインターフェイスは非常にシンプルで、起動するとゲームの選択画面が開きます。この選択画面がホームの役割を果たします。この画面ではローカルにダウンロード済みのゲーム、購入済みだが未ダウンロードのゲーム、購入していないがストアにあるゲーム、の全てが混在して表示されます。持っていないゲームがあれば直ぐにクレジットカード決済で購入が可能です。基本的にはAndroidデバイスですので、Android用のバイナリが動作しますが、コントローラーの対応や、それに伴う表記の変更などが必要になるとのこと。SDKはデベロッパー向けに公開済みです。ビジネスモデルは有料、無料、フリーミアムのいずれもサポートします。

ブース担当者によれば、コントローラーはファミコンやスーパーファミコンをイメージしたということで、シンプルな仕上がりで誰にでも受け入れられそうです。実際に持って1つの本体に最大6つまでコントローラーを接続可能で、対戦ゲームなどではネットワークを通じたプレイだけでなく、ローカルでも可能です。

「Game Stick」は今後数ヶ月以内にリリースの計画で、現在のところ6月頃になるのではないかとのこと。価格は本体とコントローラーで75ドルほど。ドッグは35ドル程度になりそう。ロンチ時には50タイトルほどを揃えたいとのことでした。

最後に目標を聞きました。「75ドル程度という価格設定によって、カジュアルからミッドコアのユーザーに訴求ができるのではないかと思っています。そうした人たちがゲームに触れるきっかけを作りたいのです。また、Unityで制作された『Shadow Gun』のようなコアゲームも取り揃えていきますので、幅広いユーザーに受け入れて貰いたいと考えています」
《土本学》

編集部おすすめの記事

特集

ゲームビジネス アクセスランキング

  1. Unreal Engineのオンライン学習サイトが登場!誰でも無料で利用可能

    Unreal Engineのオンライン学習サイトが登場!誰でも無料で利用可能

  2. 2018年8月発売の新作ゲームは何を買う?―注目タイトルまとめ!

    2018年8月発売の新作ゲームは何を買う?―注目タイトルまとめ!

  3. 中国当局のゲーム販売認可機関が承認を凍結―日本のゲームメーカーにも影響

    中国当局のゲーム販売認可機関が承認を凍結―日本のゲームメーカーにも影響

  4. 2018年7月発売の新作ゲームは何を買う?―注目タイトルまとめ!

  5. 『モンハン:ワールド』発売停止も影響か?テンセント株が大幅下落―時価総額は15億ドル減少

  6. 今週発売の新作ゲーム『World of Warcraft: Battle For Azeroth』『The Walking Dead: The Final Season』他

  7. 『スペースチャンネル5』新作発表!時代が追いつきVR作品に

  8. ラーメン屋VRゲーム『カウンターファイト』に挑戦!大繁盛で店主ヘロヘロ…

  9. 2017年モバイルゲーム総売上、『ドラクエ』が『FF』を上回る―『星ドラ』が好調

  10. 海外サイトが選ぶ「ゲームの政治家トップ10」−1位はやっぱり……?

アクセスランキングをもっと見る