人生にゲームをプラスするメディア

【GDC 2013】「Miiverse」がゲームに与える影響と今後・・・ウェブ版も近日登場

任天堂の水木潔氏が、Wii Uで展開されているサービスMiiverseのサービス内容と今後の展開について、GDCにて語りました。

ゲームビジネス その他
【GDC 2013】「Miiverse」がゲームに与える影響と今後・・・ウェブ版も近日登場
  • 【GDC 2013】「Miiverse」がゲームに与える影響と今後・・・ウェブ版も近日登場
  • 【GDC 2013】「Miiverse」がゲームに与える影響と今後・・・ウェブ版も近日登場
  • 【GDC 2013】「Miiverse」がゲームに与える影響と今後・・・ウェブ版も近日登場
  • 【GDC 2013】「Miiverse」がゲームに与える影響と今後・・・ウェブ版も近日登場
  • 【GDC 2013】「Miiverse」がゲームに与える影響と今後・・・ウェブ版も近日登場
  • 【GDC 2013】「Miiverse」がゲームに与える影響と今後・・・ウェブ版も近日登場
  • 【GDC 2013】「Miiverse」がゲームに与える影響と今後・・・ウェブ版も近日登場
  • 【GDC 2013】「Miiverse」がゲームに与える影響と今後・・・ウェブ版も近日登場
任天堂の水木潔氏が、Wii Uで展開されているサービスMiiverseのサービス内容と今後の展開について、GDCにて語りました。

Miiverserの具体的なサービス内容について詳細な解説がありましたが、そちらについては公式サイトなどで発信されているため省きます。

まず、水木氏自身のプロフィールについて。前職(講演中は名指しされませんでしたがコナミ)ではアーケードゲーム開発に携わっていたと切り出しました。任天堂へ転身した理由は、出張でプレイした『ゼルダの伝説 時のオカリナ』。これほどの作品がどのような開発体制で生まれるのかと興味が湧いたから、とのことです。

最初にアサインされたのは『マリオストーリー』のドット絵で、思い出のキャラはピーチ姫。その後、ローンチタイトルである『ルイージマンション』のアシスタントディレクターを務めたのち、『Nintendogs』などでディレクターとして活躍します。その後、『Wiiスポーツ』製作中、たまたま『Wiiショッピングチャンネル』の開発に苦戦していたためサポートとして参画。これが切欠でネットワークサービスの分野へ足を踏み入れることになりました。

水木氏の経歴において特徴的なのは、アーケードゲーム、コンソールゲーム、携帯機、ネットワークと様々なフィールドに関わってきた点。これがMiiverseの特色にひもづけられています。つまり、Miiverseそのものが、いわゆるネットワーク屋ではなくゲーム開発者により創られたサービスだということです。

ここからMiiverseの解説へ。水木氏が指摘した点としては、たとえばバルーンファイトなどの古典的なゲームとMiiverseの相性が良いこと、黙々と一人で遊ぶゲームでも有効であることなど。また、ゲームセンターにしばしば設置されているノートでの見知らぬ人とのコミュニケーションとMiiverseの類似性について、前職でアーケード系タイトルに関わったからこそ感じるところがあるようでした。

Miiverseの活用事例などを交えつつ、MiiverseのAPIについても言及。とくにユーザーコミュニティについてフォーカスし、『Wii Fit U』で仲間と一緒にフィットネスするなどの手法を紹介しました。また、機能も現状のままに留まらず、Miiverse上でのソーシャルグラフ取得などを検討中であると述べました。

また、スマートフォン上で動作するMiiverseのリリース時期については4月末から5月あたりが目処とのこと。実際に、ウェブ版Miiverseが動作している動画が紹介されましたが、ほぼ完成状態にあるように見えました。

さらに、3DS版Miiverseの開発に着手していることも明らかにしました。全世界3,000万台の端末がMiiverseに対応することで、巨大なオンラインコミュニティが構築されるビジョンです。また、3DSタイトルでMiiverse対応ソフトが登場することへの期待も示しました。

最後に、Miiverseのノンバーバルでグローバルなコミュニケーション能力の素晴らしさに言及した上で、いわゆるソーシャルネットワークサービスになろうとは思っておらず、あくまでゲームとゲームプレイのためだけに存在しているのがMiiverseであるとしました。Miiverseのポテンシャルを強調し、講演を締めくくりました。
《Gokubuto.S》

編集部おすすめの記事

特集

ゲームビジネス アクセスランキング

  1. 「VR ZONE SHINJUKU」VR(ぶっとんだリアル)が体験できる大感謝キャンペーンを開催!施設は2019年3月末で営業期間満了

    「VR ZONE SHINJUKU」VR(ぶっとんだリアル)が体験できる大感謝キャンペーンを開催!施設は2019年3月末で営業期間満了

  2. スマホゲーム業界のマーケティングカオスマップ(β版)が公開―ゲームのライフサイクルに合わせる形で分類・整理

    スマホゲーム業界のマーケティングカオスマップ(β版)が公開―ゲームのライフサイクルに合わせる形で分類・整理

  3. 今週発売の新作ゲーム『ザ クルー2』『NieR:Automata BECOME AS GODS Edition』『イースVIII Lacrimosa of DANA』『ルミネス リマスター』他

    今週発売の新作ゲーム『ザ クルー2』『NieR:Automata BECOME AS GODS Edition』『イースVIII Lacrimosa of DANA』『ルミネス リマスター』他

  4. 『逆転裁判』は如何にして産まれたのか、江城元秀氏と巧舟氏が語る――『逆転裁判』特別法廷セミナーレポート・前編

  5. チップチューンでバトルする女子高生DJを描くノベルゲーム『西武ロードリスト蘭のチップチューン地獄』とは

  6. OPTPiXはこうして生まれた!ウェブテクノロジ設立物語(後編)・・・「OPTPiXを256倍使うための頁」第4回

  7. 2018年3月発売の新作ゲームは何を買う?―注目タイトルまとめ!

  8. 国内ゲーム人口は4,336万人、家庭用ゲーム機所有者数も明らかに ― 2016CESA一般生活者調査報告書

  9. 2018年10月発売の新作ゲームは何を買う?―注目タイトルまとめ!

  10. ダウンロード販売はヘビーユーザーを中心に普及中・・・依然パッケージ販売が主流

アクセスランキングをもっと見る