人生にゲームをプラスするメディア

【PAX EAST 2013】戦闘が非常に手ごわい『The Last of Us』プレイアブルデモハンズオン

PAX Eastの巨大展示フロア中央辺りに位置するソニーPlayStationブースには、注目作『The Last of Us』の約30台ものプレイアブルデモが展示。

ソニー PS3
【PAX EAST 2013】戦闘が非常に手ごわい『The Last of Us』プレイアブルデモハンズオン
  • 【PAX EAST 2013】戦闘が非常に手ごわい『The Last of Us』プレイアブルデモハンズオン
  • 【PAX EAST 2013】戦闘が非常に手ごわい『The Last of Us』プレイアブルデモハンズオン
  • ブース内に設置されたゾンビのお風呂。
  • ものすごいクオリティー。
  • ブース内に便器も発見。
PAX Eastの巨大展示フロア中央辺りに位置するソニーPlayStationブースには、注目作『The Last of Us』の約30台ものプレイアブルデモが展示。デモの内容は今年2月に台湾で披露されていたボストンステージと同じ内容ですが、一般向けには初展示というこで、朝から長蛇の列が出来ていました。

デモはプレイヤーの操作するジョエルが、エリーとテスの二人を連れて、廃墟と化したビルに足を踏み入れるシーンからスタート。倒壊したビル内部は複雑な構造をしており、、しゃがんだり、壁をよじ登ったり、鍵のかかったドアを蹴破ったりと、様々な手段を使って乗り越えていきます。

『The Last of Us』の基本的な操作方法は以下の通り。

アナログスティック - 移動とカメラ視点
十字キー左右 - 武器の切り替え
十字キー上下 - アイテム
× - よじ登る
□ - 近接攻撃
△ - 調べる/拾う
○ - しゃがむ
L1 - エイム
L2 - ダッシュ
R1 - 射撃
R2 - 聴覚モード
R3 - フラッシュライト

今回のデモは、「クリッカー」と「ランナー」の2種類が存在する感染者が現れ、難易度設定が確認できなかったものの、戦闘の難度は非常に高い印象。マップ上には複数の感染者が徘徊しており、強引に前に進もうとしたり物音を立てようものなら、すぐに囲まれてしまい、特にクリッカーは捕まるとほぼ一撃で倒されてしまうため、ステルス重視で慎重に立ち回る必要があります。

クリッカーは視力がない代わりに聴覚が異常発達した特徴を持つため、拾った空き瓶を放り投げて遠くにおびき寄せ、やり過ごしてしまうのがベスト。ランナーは背後から忍び寄ってナイフで一撃でとどめをさすのも良し、肉弾戦になっても□ボタンの連打による攻撃やL2ボダンで切り抜けることができます。

デモの開始から所持していた銃は、弾薬が非常に限られているうえに、感染者達は数発撃ちこんでも倒れないため、これほど銃が頼りないゲームも珍しいと感じるほど。

ジョエルの後を付いてくるテスとエリーは、高い場所に上る際に、ジョエルが肩を貸したり、ジョエルが重い扉をこじ開けている間に二人だけ中に入らせたり、三人で協力して進んでいくのが印象的でした。

ステージ中を探すと弾薬や空き瓶をはじめ様々なアイテムが入手でき、インベントリ画面で複数のアイテムを組み合わせて回復アイテムを作成するといったことも可能。

30分の制限時間内にデモをクリアすれば、ゲーム中にも武器として登場する“レンガ”がプレゼントされるそうですが、戦闘で苦戦した筆者は途中でギブアップ。

『The Last of Us』は海外で2013年6月14日、日本では6月20日に発売予定です。
《Game*Spark》

編集部おすすめの記事

特集

ソニー アクセスランキング

  1. 今どこで買える? 販売方法は? 「PS5」の販売情報まとめ【1月15日】─3件の抽選販売が展開、新たな受付を「ドン・キホーテ」が予告

    今どこで買える? 販売方法は? 「PS5」の販売情報まとめ【1月15日】─3件の抽選販売が展開、新たな受付を「ドン・キホーテ」が予告

  2. 『原神』その原石、今使って本当に大丈夫? 「甘雨」や「魈」「神里綾華」など、今後の実装に期待の高まる7キャラを紹介【特集】

    『原神』その原石、今使って本当に大丈夫? 「甘雨」や「魈」「神里綾華」など、今後の実装に期待の高まる7キャラを紹介【特集】

  3. 『ライザのアトリエ2』DLC第1弾「レシピ拡張パック」&「追加マップ」配信―第2弾以降の「水着衣装」なども要チェック!

    『ライザのアトリエ2』DLC第1弾「レシピ拡張パック」&「追加マップ」配信―第2弾以降の「水着衣装」なども要チェック!

  4. 【UPDATE】【特集】メトロイドヴァニアってどんなゲーム?虫やロボットが活躍する最新作から、押さえておきたい往年の名作までおすすめ5選

  5. 『JUDGE EYES:死神の遺言』海外でも高評価、その面白さの理由を紐解く

  6. PS5で遊ぶPS4タイトルの動作を検証!ロード時間にフレームレート、どれだけ快適に変化するのか【動画あり】

  7. 『モンハン:ワールド』俺たちの相棒「受付嬢」のかわいい姿を見よう! “全DLC衣装”でじっくり楽しむ受付嬢フォトコレクション【ワールド編】

  8. 『リトルナイトメア2』不気味さを禁じ得ない「学校」のプレイ映像公開―首を伸ばす「先生」はただただ恐怖

  9. リニューアルした「PlayStation Now」ってどうなの?メリット&デメリットをひとまとめ!おすすめゲーム10選も

  10. 『FF7 リメイク』クラウドのカッコいい&かわいいセリフ10選! よく観察するとクラウドの本性が見える?

アクセスランキングをもっと見る