人生にゲームをプラスするメディア

Epic Gamesがアンリアル・エンジン4を「プレイステーション 4」で実演・・・「Unreal Japan News」第62回

ニューヨーク(2013年2月20日)‐ Epic Gamesは、PlayStation Meeting 2013で、「エレメンタル」リアルタイムデモの新バージョンを「プレイステーション 4」上で実演し、画期的なアンリアル・エンジン 4 ゲームエンジン技術を公開しました。

ゲームビジネス その他
新しいアンリアル・エンジン 4「エレメンタル」リアルタイムデモをPlayStation Meeting 2013で発表

ニューヨーク(2013年2月20日)‐ Epic Gamesは、PlayStation Meeting 2013で、「エレメンタル」リアルタイムデモの新バージョンを「プレイステーション 4」上で実演し、画期的なアンリアル・エンジン 4 ゲームエンジン技術を公開しました。

Epic Gamesの創立者兼CEOであるTim Sweeneyは、「長年かけて創り上げた弊社の技術と「プレイステーション」の融合に大変興奮しています。アンリアル・エンジン 4 は次世代型ゲーム開発とPS4TMの極めて優れた処理能力に特化してデザインされています。本日のデモは、デベロッパーが我々の提供するツールを使って実現できるPS4TM向けゲーム制作の一端をお見せする実演でもあります」と語りました。

今回発表されたデモは、エレメンタルナイトが溶岩で燃えたぎるハンマーを振りかざすオリジナルデモの最終場面から始まります。火山の激しい噴出と雪景色のコントラストは、ダイナミックな光源処理とシャドウイングによって表現され、アンリアル・エンジン4で実現されたハイエンドなレンダリング性能が明白な場面となっています。凍てつく山から解き放たれた氷の巨人が、白い息を吐きうなり声をあげ光を放ちながら出現する場面は、リアルタイムの反射光、サブサーフェイス・スキャッタリング、GPUによるパーティクル効果によってシーンを演出しています。

Epic、 Epic Games、Gears of War、Infinity Blade、Unreal、 Unreal Engine、UE3 とUE4は、米国およびその他の国と地域における Epic Games, Inc. の商標または登録商標です。その他のブランドや製品名は、各所有者の商標です。無断複写・転載を禁じます。「プレイステーション」および「PS4」は株式会社ソニー・コンピュータエンタテインメントの登録商標または商標です。
《編集部》

編集部おすすめの記事

ゲームビジネス アクセスランキング

  1. スマホゲーム業界のマーケティングカオスマップ(β版)が公開―ゲームのライフサイクルに合わせる形で分類・整理

    スマホゲーム業界のマーケティングカオスマップ(β版)が公開―ゲームのライフサイクルに合わせる形で分類・整理

  2. JeSU「eSPORTS 国際チャレンジカップ」を2019年1月に開催─賞金総額は4タイトル合計で1,500 万円

    JeSU「eSPORTS 国際チャレンジカップ」を2019年1月に開催─賞金総額は4タイトル合計で1,500 万円

  3. 今週発売の新作ゲーム『ザ クルー2』『NieR:Automata BECOME AS GODS Edition』『イースVIII Lacrimosa of DANA』『ルミネス リマスター』他

    今週発売の新作ゲーム『ザ クルー2』『NieR:Automata BECOME AS GODS Edition』『イースVIII Lacrimosa of DANA』『ルミネス リマスター』他

  4. アークシステムワークス「TGS2018」出展概要公開─『キルラキル』を国内初プレイアブル出展!

  5. 【特集】VRで盛り上がるジョイポリス、だがセガは1994年にVRアトラクション「VR-1」を導入していた

  6. 【レポート】映像業界から語られたゲームグラフィックの可能性…実写×3DCGで実現する新たな表現

  7. 「運が悪い」人間ほど成功する・・・稲船敬二氏が語るゲームクリエイター人生

  8. 「キミの心の応援団長」バーチャルYouTuber富士葵が込める想いとはーーキーマンインタビュー

  9. 【GDC 2015】App StoreやGoogle Playでフィーチャーされる秘訣は「ビックマック」にあり!?

  10. 【CEDEC 2010】スクウェア・エニックス「はじめての日米共同開発」、日本人から見たアメリカの開発手法

アクセスランキングをもっと見る