人生にゲームをプラスするメディア

Wii Uの日本版ベーシックセットと北米版プレミアムセットを比べてみた

インサイド編集部では北米版のWii Uを購入し、日本版発売に先駆けて情報をお伝えしてきました。本記事では日本版のWii Uと北米版の違いを調べてみました。

任天堂 Wii U
Wii Uベーシックセット
  • Wii Uベーシックセット
  • 2段重ねにして比べてみました。
  • 外箱側面
  • 外箱背面
  • ほとんど違いはありません
  • 下側を覗いてみましたが、特筆するほど違うポイントはなし
  • ケーブルや本体は日本版・北米版ともに同じでした
  • サイズは同じです
インサイド編集部では北米版のWii Uプレミアムセットを購入し、日本版発売に先駆けて情報をお伝えしてきました。今回は、日本版ベーシックセットとの違いを比較してみました。

レビューに先駆けて、年末商戦の到来によりベーシックセットが品薄との情報を得て、販売状況を確認すべく東京の家電量販店を数店舗回りましたが、クリスマスの時期とも重なったせいかいずれも完売で、再入荷は28日頃になるという店舗も。とはいえ、両セット共に、レジの裏に山積みになっている店舗もあったので、店ごとに在庫には大きな差があるようです。

早速、外箱から比較してみましたが、日本版・北米版ともにほとんど同じ印象です。注意書きなどが多少異なっていたり、北米版には、「DELUXE DIGITAL PROMOTION(日本のニンテンドーネットワークプレミアム)」のシールが貼ってあったりというわずかな差異はあるものの、大きく異なる点は見受けられませんでした。

ちなみに、同梱の本体用ACアダプターや、Wii U GamePad用ACアダプターも、注意書きが英語か日本語かという違いはあれど、サイズや形状、端子の仕様も全く同じで流用することもできます。

本体やGamePadの操作感も日本版とは変わりありませんが、強いて違いをあげるなら、北米版の説明書の方が日本版よりも3倍程度分厚いということです。これは内容自体に代わりがあるのではなく、北米版には英語・フランス語・スペイン語の3カ国語が記載されているためです。

ここまでは外箱や、周辺機器について比較してきましたが、次の記事では海外でも話題の「Wii U GamePadにはリージョンロックがかかっている」という情報について検証してみました。少々意外な結果は後ほど詳しくお伝えします。
《宮崎紘輔》

編集部おすすめの記事

特集

任天堂 アクセスランキング

  1. 「ファミコン Nintendo Switch Online」に『忍者龍剣伝』と『魔界村』の特別バージョンが登場─クリアを断念した方にお勧め!

    「ファミコン Nintendo Switch Online」に『忍者龍剣伝』と『魔界村』の特別バージョンが登場─クリアを断念した方にお勧め!

  2. 『スマブラSP』読者の「DLCで参戦してほしいファイター」1位は“かわいいアイツ”!【読者アンケート】

    『スマブラSP』読者の「DLCで参戦してほしいファイター」1位は“かわいいアイツ”!【読者アンケート】

  3. 『スプラトゥーン2』でこんなことしていない?“味方にイカしてないと思われるやつ”6つの特徴

    『スプラトゥーン2』でこんなことしていない?“味方にイカしてないと思われるやつ”6つの特徴

  4. 『スマブラSP』これさえ読めば超初心者も戦える!大乱闘の基本を5項目でチェック

  5. 【特集】『スプラトゥーン2』超初心者を脱するための“戦場の鉄則”8箇条

  6. 『Dragon Marked For Death』日本語ボイスの収録が決定!店頭体験会では特製缶バッチをプレゼント

  7. 『スプラトゥーン2』新ギア「メイン性能アップ」のヒミツを検証!発生する効果はなんと10種類

  8. 『スプラトゥーン2』スロッシャー&スピナー&シェルターで一番人気はお風呂!【読者アンケート】

  9. 『スマブラSP』一番人気のファイターは“奇妙なアイツ”!1,164票から選ばれたTOP10を紹介【読者アンケート】

  10. まだ遅くない!今から始める『スプラトゥーン2』初心者にオススメのブキ10選【特集】

アクセスランキングをもっと見る