人生にゲームをプラスするメディア

モブキャスト、第3四半期は新作効果で好調・・・スポーツゲーム専門プラットフォームを強化

モブキャストが発表した平成24年12月期 第3四半期(1~9月)の業績は、売上高35億3300万円、営業利益6億8800万円、経常利益6億7900万円、純利益3億9400万円でした。

ゲームビジネス 市場
売上高推移
  • 売上高推移
  • 会員数推移
  • タイトル別の会員数推移
  • ARPUの推移。4000-6000円に収まるようにゲームバランスを調整しているという
モブキャストが発表した平成24年12月期 第3四半期(1~9月)の業績は、売上高35億3300万円、営業利益6億8800万円、経常利益6億7900万円、純利益3億9400万円でした。

第3四半期にはFIFPro/JFA公認サッカーゲーム『モバサカ』、MLB公認メジャーリーグ野球ゲーム『メジャプロ』の2作品を新たに投入。既存の『モバプロ』『モバダビ』も堅調に推移しています。新作ゲームの投入や広告宣伝効果で、自社プラットフォーム「mobcast」のユーザー数も急増、270万人を突破しています(前年同期比+85%)。

利益面はスポーツの開幕シーズンだった第2四半期に多額の広告宣伝費を投入したのと比較して大きく改善。営業利益率は22.8%となっています。

GREE/mobageの2大ゲームプラットフォームと比べると会員数は270万人と限られますが、その分、成長余地も大きく、特にスポーツゲームに特化した健全なプラットフォームを目指すという方針は明確で可能性を感じます。オープン化をスタートし、コナミの『Jリーグドリームレジェンズ』が参加することが決定しています。

海外展開については韓国のNeowiz Internetと業務提携に向けた基本合意を締結。野球ゲームのエンジンを提供し、Neowizが韓国内で野球ゲームを展開するとのこと。また、サッカーゲームについて自社での展開を目指してベトナム、インドネシア、タイ、フィリピンの4カ国で市場環境を調査中であるとのこと(決済とマーケティングは現地会社に委託する計画)。

通期の業績は据え置き、売上高45億円、営業利益11億2500万円、経常利益11億1500万円、純利益6億6900万円としています。
《土本学》

編集部おすすめの記事

特集

ゲームビジネス アクセスランキング

  1. YouTubeで違法動画を見てしまったら・・・?分からないことだらけの「違法ダウンロード刑事罰化」まとめ

    YouTubeで違法動画を見てしまったら・・・?分からないことだらけの「違法ダウンロード刑事罰化」まとめ

  2. ゲームのナラティブはどうして議論がわかりにくい? 立命館大学ゲーム研究センターの研究員が徹底議論

    ゲームのナラティブはどうして議論がわかりにくい? 立命館大学ゲーム研究センターの研究員が徹底議論

  3. 国産インディーゲームがクラウドファンディングを利用してローカライズ!『九十九神』開発者&ローカライズ会社インタビュー

    国産インディーゲームがクラウドファンディングを利用してローカライズ!『九十九神』開発者&ローカライズ会社インタビュー

  4. 9割がお蔵入りする個人制作ゲーム、完成させる秘訣は - IGDA日本SIG-Indie研究会レポート

  5. ソーシャルゲーム業界にいま何が?! 「ソーシャルゲームのすごい仕組み」著者のまつもとあつし氏に訊く

  6. VR環境のあらゆるデータを共通化させる「THE SEED ONLINE」が2019年2月中旬より提供開始!

  7. 元米下院議長「暴力とゲームは関係ない、日本がそれを証明している」

  8. 【CEDEC 2009】WiiとDSで同じゲームを動かす~『FFCC EoT』を巡るプラットフォーマーとソフトメーカーの取り組み事例

  9. 全身を使って“剣や盾を振り回す”VRゲーム『CIRCLE of SAVIORS』のリアルタイム複合現実が凄い

  10. 【CEDEC 2011】Unity、日本法人Unity Technologies Japanを設立

アクセスランキングをもっと見る