人生にゲームをプラスするメディア

『ポケモン不思議のダンジョン ~マグナゲートと∞迷宮~』アニメPV公開!ピカチュウは釘宮理恵、ミジュマルは小清水亜美

株式会社ポケモンは、ニンテンドー3DSソフト『ポケモン不思議のダンジョン ~マグナゲートと∞迷宮(むげんだいめいきゅう)~』の世界をアニメーションで描いたスペシャルショートムービーを公開しました。

任天堂 3DS
パラダイス篇
  • パラダイス篇
  • 『ポケモン不思議のダンジョン ~マグナゲートと∞迷宮~』アニメPV公開!ピカチュウは釘宮理恵、ミジュマルは小清水亜美
  • 冒険篇
  • 『ポケモン不思議のダンジョン ~マグナゲートと∞迷宮~』アニメPV公開!ピカチュウは釘宮理恵、ミジュマルは小清水亜美
  • マグナゲート篇
  • 『ポケモン不思議のダンジョン ~マグナゲートと∞迷宮~』アニメPV公開!ピカチュウは釘宮理恵、ミジュマルは小清水亜美
株式会社ポケモンは、ニンテンドー3DSソフト『ポケモン不思議のダンジョン ~マグナゲートと∞迷宮(むげんだいめいきゅう)~』の世界をアニメーションで描いたスペシャルショートムービーを公開しました。

ポケモンたちが暮らすポケモンだけの世界での、いきいきとした生活の様子や、不思議のダンジョンでの緊張感あふれる冒険シーンなど、これまでに見た事のない『ポケモン不思-議のダンジョン』の世界をアニメーションで見ることができます。

このショートムービーは全部で3つ公開されており、PV1はパラダイス篇、PV2は冒険篇、PV3はマグナゲート篇となっています。

主人公はピカチュウとミジュマルで他にもエーフィやブラッキーなど様々な人気ポケモンが登場しています。PV3は実写パートが織り交ぜられており、ニンテンドー3DSのカメラ機能を使って遊ぶ「マグナゲート」がどのようなものかが、わかりやすく表現されています。

アニメーションを制作するのは、『ポケットモンスター ブラック2・ホワイト2』のアニメーションムービーも作成したOLM Team Kato。

また、今作ではポケモン達が「喋る」設定なので、ピカチュウ役に釘宮理恵さん、ブラッキー役に鳥海浩輔さんなど、豪華声優陣達が各ポケモン達の声を担当しています。喋るポケモンたちがいる世界を是非このショートムービーで見てみてください。

■キャスト
ピカチュウ:釘宮 理恵
ミジュマル:小清水 亜美

ブラッキー:鳥海 浩輔
エーフィ:野中 藍
ビリジオン:西墻 由香
ノコッチ:古島 清孝
マリルリ:安野 希世乃
キュレム:前田 弘喜
ムンナ:佐藤 恵
ゴチルゼル:藤堂 真衣

ナレーション:津田 健次郎







『ポケモン不思議のダンジョン ~マグナゲートと∞迷宮~』は、11月23日発売予定で価格は4,800円(税込)です。

(C)2012 Pokemon.
(C)1995-2012 Nintendo/Creatures Inc./GAME FREAK inc.
(C)1993-2012 Spike Chunsoft.
《ひびき》

編集部おすすめの記事

任天堂 アクセスランキング

  1. 木を揺らして巣が落ちてくるって現実にあり得る?『あつまれ どうぶつの森』の「ハチ」について【平坂寛の『あつ森』博物誌】

    木を揺らして巣が落ちてくるって現実にあり得る?『あつまれ どうぶつの森』の「ハチ」について【平坂寛の『あつ森』博物誌】

  2. 『ゼルダ無双 厄災の黙示録』インパのアクションが爽快通り越して「蹂躙」って感じでキモチイイ!

    『ゼルダ無双 厄災の黙示録』インパのアクションが爽快通り越して「蹂躙」って感じでキモチイイ!

  3. 『ポケモンHOME』の使い方を解説!スイッチ版・スマホ版の基本設定から『ポケモンバンク』の移動方法も

    『ポケモンHOME』の使い方を解説!スイッチ版・スマホ版の基本設定から『ポケモンバンク』の移動方法も

  4. 『ゼルダ無双 厄災の黙示録』100年でハイラルの町や店はどう変わった? 『BotW』と比較!

  5. 『ゼルダ無双 厄災の黙示録』バトルで無双するための10のコツ! ビタロックとロッドが強いぞ

  6. 『マリオカート8 デラックス』初心者ドライバーが勝つための8つのポイント

  7. 『あつまれ どうぶつの森』島の名前アイデア50選!命名に迷っている人は要チェック

  8. 『スーパーマリオブラザーズ 35』全コース攻略!パワーアップ・1UP・10コインの場所やループ脱出法を動画&画像で解説

  9. misonoと“セーラームーンマニア”小川満鈴が語る「名探偵コナン」!GBの隠れた名作『疑惑の豪華列車』って知ってる?懐かしのレトログッズも紹介

  10. 『スーパーマリオサンシャイン』大人になった今なら、あの「トラウマンタ」も余裕? そんな気持ちで挑む約20年ぶりのマンタ戦

アクセスランキングをもっと見る