人生にゲームをプラスするメディア

『BIOHAZARD 6』進化したインターフェイスに着目せよ

カプコンは、PS3/Xbox360ソフト『BIOHAZARD 6』の最新情報を公開しました。

ソニー PS3
『BIOHAZARD 6』進化したインターフェイスに着目せよ
  • 『BIOHAZARD 6』進化したインターフェイスに着目せよ
  • 『BIOHAZARD 6』進化したインターフェイスに着目せよ
  • 『BIOHAZARD 6』進化したインターフェイスに着目せよ
  • 『BIOHAZARD 6』進化したインターフェイスに着目せよ
  • 『BIOHAZARD 6』進化したインターフェイスに着目せよ
  • 『BIOHAZARD 6』進化したインターフェイスに着目せよ
  • 『BIOHAZARD 6』進化したインターフェイスに着目せよ
  • 『BIOHAZARD 6』進化したインターフェイスに着目せよ
カプコンは、PS3/Xbox360ソフト『BIOHAZARD 6』の最新情報を公開しました。

『バイオハザード6』では、7人の主人公が登場し、レオン、クリス、ジェイク、エイダ各々4つのストーリーが描かれます。主人公たちの運命がさまざまに交差するだけでなく、それぞれに異なる色合いの物語となっています。

今回は、さまざまなシチュエーションとともに、その進化したインターフェイスを紹介します。

公開されたビジュアルでは、「雪山でスノーモービルを操るジェイクとシェリー」「屍が浮遊する水中を泳ぐレオン」「貨物ヘリの中で戦っている2人組」「バイクで中国の街中を疾走するジェイクとシェリー」といったシーンが登場しています。注目したいのは、乗物を操作しているシーン。片方が運転で、片方が射撃と異なる操作があるか、気になるところです。

さらに、本作のインターフェイスにも注目。それぞれのキャラが持つ“PDA(ガジェット)”のデザインをモチーフに、体力ゲージのほか、ストックされたハーブ、残弾数、銃を使用する場合の照準など、情報が機能的にまとめられています。とくに初登場の「フィジカルコンバットゲージ」により、近接アクションや格闘攻撃が、任意で発動できるようになりました。

近接アクション、格闘攻撃など、特殊なアクションを行うたびに消費され、ゲージがゼロになると、これらのアクションが行えなくなります。フィジカルコンバットゲージが減り過ぎると動きにも影響するので、注意が必要です。時間が経つと回復するので、戦略的に行動しましょう。

そのほかにも、遮蔽物を利用したカバーリングアクションや、スライディングが可能に。スライディングを起点として、仰向け姿勢のまま射撃することも可能となっています。さらに細やかなアクションも用意されているようです。

『BIOHAZARD 6』は、好評発売中で価格は7,990円(税込)です。

(C)CAPCOM CO., LTD. 2012 ALL RIGHTS RESERVED.
《冨岡晶》

編集部おすすめの記事

ソニー アクセスランキング

  1. 『モンハン:ワールド』「ナナ・テスカトリ」や「ゾラ・マグダラオス」の“歴戦王”が登場決定!『Horizon Zero Dawn』コラボ第3弾の開催も

    『モンハン:ワールド』「ナナ・テスカトリ」や「ゾラ・マグダラオス」の“歴戦王”が登場決定!『Horizon Zero Dawn』コラボ第3弾の開催も

  2. PS4『モンハン:ワールド』アステラ祭【豊穣の宴】が開催!まるで仮装のような「重ね着装備」も続々登場

    PS4『モンハン:ワールド』アステラ祭【豊穣の宴】が開催!まるで仮装のような「重ね着装備」も続々登場

  3. 『GOD EATER 2 RAGE BURST』が10月3日より「PS Plus」のフリープレイで登場決定!

    『GOD EATER 2 RAGE BURST』が10月3日より「PS Plus」のフリープレイで登場決定!

  4. 不気味な怪物との逃走劇が始まる?『DEATH STRANDING』新映像!【TGS2018】

  5. 『キングダム ハーツIII』衝撃的なワンシーン―ソラVSアクアの戦闘画面が公開!

  6. 雄々しく、そして人間らしく―『信長の野望・大志 with パワーアップキット』の小山プロデューサーが語る理想のAI 【TGS2018】

  7. 【吉田輝和の絵日記】アクションADV『シャドウ オブ ザ トゥームレイダー』刮目!ララの腕力(かいなぢから)

  8. PS4『モンハン:ワールド』受付嬢の新衣装に思わずドキッ!アステラ祭【豊穣の宴】は9月21日から

  9. 10年の全てを熟成させた『Devil May Cry 5』は「カッコいい」ありき―クリエイター陣が語る「ファンのために作られたDMC」とは

  10. 『EARTH DEFENSE FORCE: IR』手応えのある操作感、没入度の高いグラフィック、処理落ちなしの巨大生物─全ての体験が刺激的だったプレイレポ【TGS2018】

アクセスランキングをもっと見る