人生にゲームをプラスするメディア

ネクソン、ソーシャルゲーム国内最大手グループスを365億円で買収・・・モバイルゲームに本格参入

韓国のオンラインゲーム大手、ネクソンは日本のソーシャルゲームデベロッパーのグループス(gloops)を100%子会社化すると発表しました。創業者の梶原吉広氏らから全株取得し、総額365億円。

ゲームビジネス その他
東京ゲームショウのブース
  • 東京ゲームショウのブース
  • 東京ゲームショウのブース
  • 東京ゲームショウのブース
  • 東京ゲームショウのブース
  • 東京ゲームショウのブース
  • グループス
韓国のオンラインゲーム大手、ネクソンは日本のソーシャルゲームデベロッパーのグループス(gloops)を100%子会社化すると発表しました。創業者の梶原吉広氏らから全株取得し、総額365億円。

グループスの平成24年6月期の業績は売上高237億5500万円、営業利益58億5500万円、経常利益58億8700万円、純利益30億9700万円でした。売上高は平成22年度の1億500万円、23年度の40億4800万円、24年度の237億5500万円と急成長を遂げた企業で、国内ソーシャルゲーム専業では最大手の一角と考えられます。

ネクソンは主にオンラインゲーム市場で成長を続けて、昨年には東証一部に上場しました。しかしモバイルゲーム市場には出遅れ感もあり、グループスの買収により本格的な参入を果たすことになります。ネクソンでは「株式会社 gloopsは、日本のモバイルゲーム市場において革新的なゲームを制作することができる開発会社であり、業界の最大手企業として位置付けられております。同社が当社グループの持つユーザー基盤、ゲーム運営力、パートナーネットワークを活用し、国内だけでなく、グローバルに事業展開することで、当社グループとのシナジーを最大限に享受することができる」と述べています。

グループスは2005年にグローバルメディアソリューション(GMS)として創業。当初は広告代理店業務が主力でしたが、2009年にモバイル向け本格RPG『渋谷クエスト』をリリースしたのを皮切りにモバイルゲームに参入。2010年以降、ディー・エヌ・エーがオープン化した「Mobage」向けタイトルで急成長。直近では海外戦略も強化していました。
《土本学》

編集部おすすめの記事

特集

ゲームビジネス アクセスランキング

  1. 新生『フロッグミニッツ』を支えたユニティの威力とは?

    新生『フロッグミニッツ』を支えたユニティの威力とは?

  2. YouTubeで違法動画を見てしまったら・・・?分からないことだらけの「違法ダウンロード刑事罰化」まとめ

    YouTubeで違法動画を見てしまったら・・・?分からないことだらけの「違法ダウンロード刑事罰化」まとめ

  3. 【任天堂資料庫】第6回 組織改変&組織図2005

    【任天堂資料庫】第6回 組織改変&組織図2005

  4. プレイステーション3版『頭文字D EXTREME STAGE』・・・開発者に聞く

  5. 【プレイレポ】テスター希望者10万人超えのVRMMO『ソードアート・オンライン ザ・ビギニング』のヤバさにワクワクが止まらない

  6. ゲームソフト売り上げ速報 ピクミン2が9.5万本で首位!

  7. 『Left 4 Dead2』の続編に不買運動−19000人以上が参加

  8. 任天堂、ロゴを変更?

  9. 【ゲーム×法律】子どもがゲームに高額課金、親は取り戻せるのか?

  10. 任天堂、監査法人を京都監査法人へ

アクセスランキングをもっと見る