人生にゲームをプラスするメディア

ネクソン、ソーシャルゲーム国内最大手グループスを365億円で買収・・・モバイルゲームに本格参入

ゲームビジネス その他

東京ゲームショウのブース
  • 東京ゲームショウのブース
  • 東京ゲームショウのブース
  • 東京ゲームショウのブース
  • 東京ゲームショウのブース
  • 東京ゲームショウのブース
  • グループス
韓国のオンラインゲーム大手、ネクソンは日本のソーシャルゲームデベロッパーのグループス(gloops)を100%子会社化すると発表しました。創業者の梶原吉広氏らから全株取得し、総額365億円。

グループスの平成24年6月期の業績は売上高237億5500万円、営業利益58億5500万円、経常利益58億8700万円、純利益30億9700万円でした。売上高は平成22年度の1億500万円、23年度の40億4800万円、24年度の237億5500万円と急成長を遂げた企業で、国内ソーシャルゲーム専業では最大手の一角と考えられます。

ネクソンは主にオンラインゲーム市場で成長を続けて、昨年には東証一部に上場しました。しかしモバイルゲーム市場には出遅れ感もあり、グループスの買収により本格的な参入を果たすことになります。ネクソンでは「株式会社 gloopsは、日本のモバイルゲーム市場において革新的なゲームを制作することができる開発会社であり、業界の最大手企業として位置付けられております。同社が当社グループの持つユーザー基盤、ゲーム運営力、パートナーネットワークを活用し、国内だけでなく、グローバルに事業展開することで、当社グループとのシナジーを最大限に享受することができる」と述べています。

グループスは2005年にグローバルメディアソリューション(GMS)として創業。当初は広告代理店業務が主力でしたが、2009年にモバイル向け本格RPG『渋谷クエスト』をリリースしたのを皮切りにモバイルゲームに参入。2010年以降、ディー・エヌ・エーがオープン化した「Mobage」向けタイトルで急成長。直近では海外戦略も強化していました。
《土本学》

編集部おすすめの記事

特集

ゲームビジネス アクセスランキング

  1. 今どきゲーム事情■杉山淳一:『A列車で行こう8』デフォルメと現実の間〜京浜急行電鉄の品川駅−羽田空港駅、こだわりの再現に挑戦!

    今どきゲーム事情■杉山淳一:『A列車で行こう8』デフォルメと現実の間〜京浜急行電鉄の品川駅−羽田空港駅、こだわりの再現に挑戦!

  2. 今週発売の新作ゲーム『ストリートファイターV アーケードエディション』『マリオ+ラビッツ キングダムバトル』『死印』他

    今週発売の新作ゲーム『ストリートファイターV アーケードエディション』『マリオ+ラビッツ キングダムバトル』『死印』他

  3. 「日本と海外におけるゲーマーにとってのリージョン制限」・・・イバイ・アメストイ「ゲームウォーズ 海外VS日本」第22回

    「日本と海外におけるゲーマーにとってのリージョン制限」・・・イバイ・アメストイ「ゲームウォーズ 海外VS日本」第22回

  4. 【インタビュー】KLabに訊くプロジェクト管理ツール「SHOTGUN」導入事例―管理業務の負担を半分に削減?!

  5. UDKを使ってみよう!【実践編1】ゲームタイプとレベルデザイン ・・・「Unreal Japan News」第45回

  6. 【レポート】2Dイラストを360度動かす「Live2D Euclid」をVRで体験!3Dでは味わえない表現がココに

  7. ギズモード、コタクなどを運営するGawker Mediaが破産申請、プライバシー侵害で150億円の訴訟

  8. 【OGC2014】『FIFA』を作った日本人が語る、EA流の世界市場に向けたゲームの開発術

  9. 今週発売の新作ゲーム『マリオパーティ100 ミニゲームコレクション』『カイジ ~絶望の鉄骨渡り~ for Nintendo Switch』他

  10. 海外版メガドライブ新型「Sega Genesis Flashback」発表―ソフト80本以上内蔵、携帯機も【UPDATE】

アクセスランキングをもっと見る