人生にゲームをプラスするメディア

【TGS 2012】グローバル部門受賞のゲームフリーク増田氏「日本らしいローカライズが評価されたのでは」・・・日本ゲーム大賞

昨日発表された日本ゲーム大賞「グローバル賞 日本作品部門」は、株式会社ポケモンの『ポケットモンスター ブラック/ホワイト』が受賞し、開発元のゲームフリークの増田順一氏が登壇し喜びの声を伝えました。

任天堂 DS
【TGS 2012】グローバル部門受賞のゲームフリーク増田氏「日本らしいローカライズが評価されたのでは」・・・日本ゲーム大賞
  • 【TGS 2012】グローバル部門受賞のゲームフリーク増田氏「日本らしいローカライズが評価されたのでは」・・・日本ゲーム大賞
  • 【TGS 2012】グローバル部門受賞のゲームフリーク増田氏「日本らしいローカライズが評価されたのでは」・・・日本ゲーム大賞
  • 【TGS 2012】グローバル部門受賞のゲームフリーク増田氏「日本らしいローカライズが評価されたのでは」・・・日本ゲーム大賞
  • 【TGS 2012】グローバル部門受賞のゲームフリーク増田氏「日本らしいローカライズが評価されたのでは」・・・日本ゲーム大賞
昨日発表された日本ゲーム大賞「グローバル賞 日本作品部門」は、株式会社ポケモンの『ポケットモンスター ブラック/ホワイト』が受賞し、開発元のゲームフリークの増田順一氏が登壇し喜びの声を伝えました。

「このような素晴らしい賞をいただき大変光栄に思っています。ポケットモンスターはいかにしてグローバルにしていくか、世界中のみんなを繋げていくか、ということを中心に考えているタイトルなのでこのような賞を得られたのはとても嬉しいことです」と増田氏はコメント。

特にローカライズには力を入れてきたと述べました。「各言語へのローカライズでは、日本らしく、かなりこだわって一つ一つローカライズをしていて、それがこのような賞に繋がったのではないかと思っています。みんなの協力があって得られた賞だと思うので、スタッフのみんなに感謝したいと思います」

日本では今年6月に続編に当たる『ポケットモンスター ブラック2/ホワイト2』がリリース。北米や欧州でも10月にはリリースされる予定で、増田氏は「これによって世界中のユーザーと通信交換や対戦ができるようになり、ますます楽しめるようになります」とアピールしていました。

なお、海外作品部門はアクティビジョン/Ininity Ward/Sledgehummerの『Call of Duty Modern Warfare III』が受賞しました。
《土本学》

編集部おすすめの記事

特集

任天堂 アクセスランキング

  1. 『スマブラSP』これさえ読めば超初心者も戦える!大乱闘の基本を5項目でチェック

    『スマブラSP』これさえ読めば超初心者も戦える!大乱闘の基本を5項目でチェック

  2. ニンテンドースイッチの2018年ソフトDL数ランキングが公開―年末に登場したあの作品が1位に!

    ニンテンドースイッチの2018年ソフトDL数ランキングが公開―年末に登場したあの作品が1位に!

  3. 『マリオカート8 デラックス』初心者ドライバーが勝つための8つのポイント

    『マリオカート8 デラックス』初心者ドライバーが勝つための8つのポイント

  4. 『スプラトゥーン2』新ギア「メイン性能アップ」のヒミツを検証!発生する効果はなんと10種類

  5. 『スマブラSP』読者の「DLCで参戦してほしいファイター」1位は“かわいいアイツ”!【読者アンケート】

  6. まだ遅くない!今から始める『スプラトゥーン2』初心者にオススメのブキ10選【特集】

  7. 『スマブラSP』一番人気のファイターは“奇妙なアイツ”!1,164票から選ばれたTOP10を紹介【読者アンケート】

  8. 『スプラトゥーン2』でこんなことしていない?“味方にイカしてないと思われるやつ”6つの特徴

  9. 【特集】『スプラトゥーン2』超初心者を脱するための“戦場の鉄則”8箇条

  10. 「Nintendo Switch Online」はどんな人が入るべき?そのメリットとデメリットをチェックしよう

アクセスランキングをもっと見る