人生にゲームをプラスするメディア

スクエニ、「OUYA」向けに『ファイナルファンタジーIII』を展開

スクウェア・エニックスは、Android OSの新ゲームプラットフォーム「OUYA」向けに『ファイナルファンタジーIII』を提供することを決定し、「OUYA」の発売開始と同時の2013年3月に配信を予定していると発表しました。

ゲームビジネス その他
スクエニ、「OUYA」向けに『ファイナルファンタジーIII』を展開
  • スクエニ、「OUYA」向けに『ファイナルファンタジーIII』を展開
スクウェア・エニックスは、Android OSの新ゲームプラットフォーム「OUYA」向けに『ファイナルファンタジーIII』を提供することを決定し、「OUYA」の発売開始と同時の2013年3月に配信を予定していると発表しました。

「OUYA」は、Android OSをベースとした、新しいゲームプラットフォームで、テレビに接続し専用マーケットで配信されるゲームを、コントローラーを使ってプレイすることが可能です。

リリースにあたっては「OUYA」向けに最適化され、配信されるとのことです。また、今後も新たなタイトルも提供していく予定としています。

『ファイナルファンタジーIII』は、1990年にファミコンソフトとして発売され、『ファイナルファンタジー』シリーズとしてはじめてミリオンセラーを記録した作品です。オリジナル作品の発売以降もさまざまな端末で展開され、PSP版が9月20日に発売予定です。

(C)1990, 2011, 2012 SQUARE ENIX CO.,LTD. All Rights Reserved.
《宮崎 紘輔》
宮崎 紘輔

タンクトップおじさん 宮崎 紘輔

Game*Spark、インサイドを運営するイードのゲームメディア及びアニメメディアの事業責任者でもあるただのニンゲン。 日本の新卒一括採用システムに反旗を翻すべく、一日18時間くらいゲームをしてアニメを見るというささやかな抵抗を6年続けていたが、親には勘当されそうになるし、バイト先の社長は逮捕されるしでインサイド編集部に無気力バイトとして転がり込む。 偶然も重なって2017年にゲームメディアの統括となり、ポジションが空位になっていたGame*Sparkの編集長的ポジションに就くも、ちょっとしたハプニングもあって2022年7月をもって編集長の席を譲る。 夢はイードのゲームメディア群を日本のゲーム業界で一目置かれる存在にすること、ゲームやアニメを自分達で出すこと(ウィザードリィでちょっと実現)、日本武道館でライブすること、グラストンベリーのヘッドライナーになること……など。

【注目の記事】[PR]

編集部おすすめの記事

ゲームビジネス アクセスランキング

  1. 【CEDEC 2010】ゲームに込めた情熱・技術を海の向こうまで正確に伝えるために GDD/TDDを書こう

    【CEDEC 2010】ゲームに込めた情熱・技術を海の向こうまで正確に伝えるために GDD/TDDを書こう

  2. プレイステーション3版『頭文字D EXTREME STAGE』・・・開発者に聞く

    プレイステーション3版『頭文字D EXTREME STAGE』・・・開発者に聞く

  3. 【週間売上ランキング】Wii期待の新作RPG『アークライズファンタジア』発売!(6月1日〜7日)

    【週間売上ランキング】Wii期待の新作RPG『アークライズファンタジア』発売!(6月1日〜7日)

  4. YouTubeで違法動画を見てしまったら・・・?分からないことだらけの「違法ダウンロード刑事罰化」まとめ

  5. 「ゲームはいよいよ普遍的な存在になる」角川ゲームス安田氏が語るゲーム業界の2030年

  6. AMDがゲーム機向けチップセットを2016年に供給・・・次世代機か?

  7. 楽天、英国の「Play.com」の直販事業を終了し、マーケットプレイス型に

  8. ロード時間を大幅に削減、CRI・ミドルウェア「ファイルマジックPRO」を開発者向けに提供

  9. バンタン、ゲームプロデューサー人材育成の総合コースを開講・・・初年度は12名

  10. 【TGS2008】貴重なファミコンも分解「ゲーム科学博物館」

アクセスランキングをもっと見る