人生にゲームをプラスするメディア

【プレイレビュー】アマテラスやイッスンと、より美しくなった世界を旅しよう!『大神 絶景版』

PS3ソフト『大神 絶景版』は、PS2/Wiiソフト『大神』を1080p対応にHDリマスターした作品です。トロフィー機能をはじめ「PlayStation Move」による直感的な操作にも対応。これまでとは一味違った楽しみ方が可能となっています。

ソニー PS3
PS3ソフト『大神 絶景版』は、PS2/Wiiソフト『大神』を1080p対応にHDリマスターした作品です。トロフィー機能をはじめ「PlayStation Move」による直感的な操作にも対応。これまでとは一味違った楽しみ方が可能となっています。

試遊では、まず最初に美しい画面での「大神降ろし」を体験することとなります。大地が生命の息吹を取り戻し、花や緑が活き活きとする様は、思わず画面に見入ってしまうほど。何度となく見ても、飽きることなく感動を与えてくれます。

その後は「特に禁止事項はないので、自由に遊んでください」という指示のとおり、先に進めるもよし、一度前のエリアに戻ってみるもよしと、プレイヤーの思うままに「神州平原」を駆け巡ることができました。ひたすら妖怪と戦ってみるプレイヤーや、枯れ木に花を咲かせたり、穢れを祓ったりするプレイヤーなど、それぞれの楽しみ方を見つけ、わずかな試遊時間を楽しんでいたようです。

コントローラーでの操作は、PS2とほぼ変更ありません。そのため、大きな違いといえば映像の美しさとなります。会場内で上映していたPVでも、PS2とPS3における比較動画を流しており、映像の荒さがなくなってより鮮明になったのは間違いないでしょう。ですが、クリアになりすぎては大神本来の「持ち味」を損なってしまうのではないかと感じてました。

プレイ前にそんな不安が少々あったものの、今回のHDリマスターでは、筆しらべの「墨」や、大神降ろしの「花びら」、夜に浮かぶ「光」など、ぼんやりとした暖かみのある表現は健在でした。単純にHD化して「綺麗」になっただけではなく、独特の雰囲気を残したまま美しくなっているなと感じられます。

個人的な感覚ですが、PS2の時点で「もっと綺麗だったら」と思ったことはありませんでした。しかし、大神らしさを残したまま、より美しくHD化された映像を見ると「PS3で思う存分遊びたい!」と思わずにはいられません。これまで遊んだことのないユーザーには言うまでもありませんが、以前にPS2で遊んだユーザーにこそ、その差を楽しんでほしいと思えるタイトルとなっています。

『大神 絶景版』は11月1日発売予定。価格は通常版が3,990円(税込)、イーカプコン限定「満開桜花玉せっと」が8,800円(税込)です。

(C)CAPCOM CO., LTD. 2006, 2012 ALL RIGTHS RESERVED.
《近藤智子》

編集部おすすめの記事

特集

ソニー アクセスランキング

  1. 「プレイステーション クラシック」12月3日発売決定!どのタイトルが入っていてほしい?【読者アンケート】

    「プレイステーション クラシック」12月3日発売決定!どのタイトルが入っていてほしい?【読者アンケート】

  2. 初代PS20タイトルを同梱した「プレイステーション クラシック」12月3日発売!

    初代PS20タイトルを同梱した「プレイステーション クラシック」12月3日発売!

  3. 『キルラキル ザ・ゲーム -異布-』生徒会四天王「蟇郡 苛」「猿投山 渦」が参戦―どちらもパワー型!?

    『キルラキル ザ・ゲーム -異布-』生徒会四天王「蟇郡 苛」「猿投山 渦」が参戦―どちらもパワー型!?

  4. 『アッシュと魔法の筆』少年が描く“かいぶつ”が、寂れた港町を蘇らせる─鮮やかなペイント・アクションADVが発表に

  5. 『Dreams Universe』ゲーム情報を公開!『リトルビッグプラネット』の流れを汲んだ自由度の高さが最大の魅力

  6. 『JUDGE EYES:死神の遺言』先行体験版の感想を一挙公開―探偵らしい新要素「調査アクション」が面白い!【読者アンケート】

  7. 【吉田輝和のVR絵日記】はいだらー!『ANUBIS ZOE : M∀RS』言葉の意味はわからんがとにかく凄い自信だ!

  8. シリーズ最新作『エースコンバット7』価格/シーズンパス詳細が公開―早期購入特典に過去作移植版

  9. 『END OF ETERNITY 4K/HD EDITION』10月18日発売決定!4KとHDに対応したリマスター版

  10. 『JUDGE EYES:死神の遺言』オープニングムービーが公開!「TGS 2018」への出展情報も

アクセスランキングをもっと見る