人生にゲームをプラスするメディア

フランス取材で見た社会的活用が進むシリアスゲーム

ゲームビジネス 開発

フランス北東部のヴァレンシアンヌで5月24日にシリアスゲームの国際会議「e-virtuoses」(主催:CCI Grand Hainaut商工会議所)があり、フランス各地から約300名が▽コミュニケーション&マーケティング▽訓練&教育▽リスク&危機管理▽概論--の4分野に分かれて議論を行いました。

また23日に開催された前夜祭では優れたシリアスゲームを表彰する年間アワードが開催され、視覚障害者向けアクションアドベンチャー「The explorer and the mystery of the diamond scarab」がベストプロダクト賞を受賞しました。開発スタジオはオランダのMAD Multimediaで、今年1月にWiiで発売されています。

前夜祭は古城のホテルで開催された晩餐会でアワード結果が発表MAD Multimediaの受賞風景


他の部門賞は下記の通りです。なお映像は下記サイトから視聴できます。
http://www.e-virtuoses.net/uk/the-awards.html

・コミュニケーション&マーケティング部門
「Disney stars, l'agence virtuelle」【開発:KTM Advance(フランス)】

・訓練&教育部門
「Ludwig」【開発・販売:Ovos (Autria)】

・リスク&危機管理
「Wattou」【開発:Succubus Interactive(フランス)】

「Disney stars」は仏最大手のシリアスゲーム開発会社KTM Advanceがディズニーランド・パリの発注で開発した社員教育用ゲームで、お客様の要望にこたえてホテルやアトラクションなど、最適なパッケージングを提案するというもの。「Ludwig」は物理法則をゲームで学ぶアドベンチャー。「Wattou」はフランスの電力会社ERDFの作業員が、電気工事を行う上での注意点をゲームで学ぶという内容になっています。一般向けに販売されるゲームもありますが、総じて企業向けのB2Bタイトルが中心である点がフランス(そして海外)のシリアスゲームの特徴です。

The explorer and the mystery of the diamond scarabDisney stars, l'agence virtuelle
LudwigWattou


■国や地方自治体の産業政策としてシリアスゲームが拡大
《小野憲史》

編集部おすすめの記事

特集

ゲームビジネス アクセスランキング

  1. 【OGC2012】「LINE」はスマホの日常生活になる、世界に躍進する日本のメッセージアプリ

    【OGC2012】「LINE」はスマホの日常生活になる、世界に躍進する日本のメッセージアプリ

  2. ソフトバンク、ガンホーを買収 ― 株式の過半数取得、公開買付けを開始

    ソフトバンク、ガンホーを買収 ― 株式の過半数取得、公開買付けを開始

  3. 『コトダマン』の追加キャラクターは月間40体!煩雑な発注管理をスムーズに行う秘訣とは?ーセガゲームスに訊くプロジェクト管理ツール「SHOTGUN」導入事例

    『コトダマン』の追加キャラクターは月間40体!煩雑な発注管理をスムーズに行う秘訣とは?ーセガゲームスに訊くプロジェクト管理ツール「SHOTGUN」導入事例

  4. 日テレがe-Sports事業に参戦!プロチーム「AXIZ」を結成し7月からは地上波で専門番組も開始

  5. 9割がお蔵入りする個人制作ゲーム、完成させる秘訣は - IGDA日本SIG-Indie研究会レポート

  6. モブキャスト、水口哲也氏のエンハンス・ゲームズに追加出資

  7. 【プレイレビュー】単純だけど奥深く、ハマる!あまりにもよくできたパズルRPG『ケリ姫スイーツ』

  8. 980円の折り畳み式スマホ用VRヘッドセットが登場…メガネOK、タッチ操作も可能

  9. 【GDC 2015】App StoreやGoogle Playでフィーチャーされる秘訣は「ビックマック」にあり!?

  10. 【ほらてくっ!】ホラー×テクノロジーで世界を変えていく株式会社“闇”社長とのゆるゆるな対談、はじまります

アクセスランキングをもっと見る