人生にゲームをプラスするメディア

任天堂の宮本茂氏、スペイン皇太子賞を受賞

ゲームビジネス その他

 
  •  
  •  
任天堂の宮本茂氏が、スペイン皇太子賞を受賞しました。

スペイン皇太子賞はヨーロッパでは権威ある賞で、科学や芸術、平和などの部門ごとに人物や組織に毎年贈られています。

賞の選定に当たっているアストゥリアス皇太子財団によると、宮本氏は「『スーパーマリオブラザーズ』などのゲームソフトを開発し、テレビゲームを性別や年齢にかかわらず人々が集うことのできる媒体に変えた」ことと、「テレビゲームを通じて社会的な革命を起こした」ことが受賞理由としてあげています。

同財団のサイトでは、「受賞を光栄に思います。これからも世界中の人たちに喜びや楽しみを提供する努力を続けます」との宮本氏のコメントを掲載しています。
《菜種》

編集部おすすめの記事

特集

ゲームビジネス アクセスランキング

  1. 「A 5th of BitSummit」にゲームフリーク開発者ら登壇!公式サイトもリニューアルオープン

    「A 5th of BitSummit」にゲームフリーク開発者ら登壇!公式サイトもリニューアルオープン

  2. 【NDC2017】キーワードは「共感」、初音ミクが世界に広がっていった理由

    【NDC2017】キーワードは「共感」、初音ミクが世界に広がっていった理由

  3. 安価で手軽なスマホVRゴーグル「400-MEDIVR1_2」発売

    安価で手軽なスマホVRゴーグル「400-MEDIVR1_2」発売

  4. 2016年米国ゲーム市場の74%が「ダウンロード購入」―ESA報告

  5. アジアオリンピック評議会が「e-Sports」を競技種目に―2018年「アジア競技大会」から本格デモ導入

  6. 任天堂宮本氏「いつか引退する時のために準備は行っている」

  7. 話題のホラーゲーム『Year Of The Ladybug』開発中止

  8. 【NDC2017】第4次産業革命時代におけるゲーム開発-人工知能の時代に開発者はどう生き残っていくか

  9. ゲオとエイシス、PCゲームレンタル事業を2017年春より開始

  10. 日本のデジタルマーケティングカンパニーアイモバイル社が見据える海外戦略とは?-海外事業部担当者インタビュー

アクセスランキングをもっと見る