人生にゲームをプラスするメディア

スーパーこのはからクリボー看板までフィギュアになった「スーパーマリオ3Dランド アイテムコレクション」・・・週刊マリオグッズコレクション第187回

その他 全般

全10種
  • 全10種
  • スーパーこのは
  • ブーメランフラワー
  • 音符ブロック
  • ワープボックス
  • スターメダル
  • ミステリーボックス
  • クリボー看板
第187回です。今回ご紹介するのは、タカラトミーアーツより発売中の100円カプセルトイ「スーパーマリオ3Dランド アイテムコレクション」です。

『スーパーマリオ3Dランド』発売から早半年、いよいよフィギュア系のグッズも出てきました。最初はアイテムのフィギュアマスコット。2cmほどの小さなフィギュアで、それぞれ頭と下部にリングがついており繋げることができます。

種類は全10種。アイテム数あれど、あえてスーパーキノコやハテナブロックなどメジャーどころを入れず、『3Dランド』オリジナル要素の強いラインナップとなっています。といっても、スーパーこのはや音符ブロック、パタパタの羽など『マリオ3』に登場したアイテムも多く、人によってはちょっと懐かしく感じるかもしれませんね。

個人的にオススメはクリボー看板。ゲーム中ではクリボーを偽るための立体視を活かした障害物で、アイテムかといわれると微妙ですが。デフォルメされたクリボーの姿がかわいらしく、キーホルダーとしても最適です。

今回紹介したのはアイテムですが、敵キャラや変身マリオも今後発売予定。追ってこのコーナーでも紹介したいと思います。
それでは、また来週。

■著者紹介

kikai
『スーパーマリオブラザーズ』と一緒に生まれたマリオゲーマーであり、マリオグッズコレクター。マリオのことなら何でもお任せの「マリオ博士」。フリーライターとして活動中。インサイド以外にも雑誌「ニンテンドードリーム」などでも執筆。
ウェブサイト: ALL SUPER MARIO

(C) Nintendo Licensed by Nintendo
《kikai》

編集部おすすめの記事

特集

その他 アクセスランキング

  1. 日本のゲーマーは“カジュアル”と“ヘビー”に2極化─プレイ時間やジャンルの傾向などをグローバルに調査

    日本のゲーマーは“カジュアル”と“ヘビー”に2極化─プレイ時間やジャンルの傾向などをグローバルに調査

  2. 【週刊インサイド】『モンハン:ワールド』無料大型アプデ第2弾に読者の関心が集中! 新古龍「マム・タロト」や重ね着装備など気になる要素が多々

    【週刊インサイド】『モンハン:ワールド』無料大型アプデ第2弾に読者の関心が集中! 新古龍「マム・タロト」や重ね着装備など気になる要素が多々

  3. 『モンハン:ワールド』「狩王決定戦2018 東京大会」フォトレポ―ハイレベル過ぎる技の数々に会場大興奮!

    『モンハン:ワールド』「狩王決定戦2018 東京大会」フォトレポ―ハイレベル過ぎる技の数々に会場大興奮!

  4. 「モンスターハンター:ワールド×ALOOKコラボメガネ」ラインナップ判明! ネルギガンテなど全6モデル

  5. 『ニーア オートマタ』のアダムとイヴがLINEスタンプに!「いい子だ」「ニイチャーン!」など全40種類

  6. 【特集】今さら聞けない“アーサー王と円卓の騎士”―『FGO』『FF』などに影響を与えた物語

  7. 【特集】『良作フリーゲーム』10選―無料でこんなに遊べるのか!

  8. 『World of Warships』と『アズールレーン』がコラボ決定!ウォーゲーミングジャパンによるトークイベントで明らかに

  9. 『荒野行動』運営元、裁判で争っていく姿勢を明確に表明―著作権侵害も「一切無い」と完全否定

  10. 12年ぶり完全新作「ゾイドワイルド」発表!2018年6月より展開、スイッチでのゲーム化も予定

アクセスランキングをもっと見る

1