人生にゲームをプラスするメディア

バンダイナムコ2012年3月期決算・・・売上増で純利益が約10倍の193億円に

ゲームビジネス 市場

バンダイナムコゲームスは、2012年3月期(2011年4月1日~2012年3月31日)の連結業績を公表しました。

それによると、売上高4542億1000万円(前年比15.2%増)、営業利益346億0600万円(前年比111.8%増)、経常利益349億6000万円(前年比113.2%増)、当期純利益は193億0300万円(前年比944.3%増)となり、前期より純利益を大幅増としました。

今期の事業面では、トイホビー事業の定番キャラクター玩具やカードなどの玩具周辺商材、コンテンツ事業の業務用ゲーム機、ネットワークコンテンツ、家庭用ゲームソフトなどが業績に貢献。また、アミューズメント施設事業においては、国内既存店売上が順調に推移しました。

トイホビー事業では、「仮面ライダー」シリーズ、「スーパー戦隊」シリーズの商材が各カテゴリーで連動した展開を行ったことにより非常に人気となりました。また、『ドラゴンボールヒーローズ』などのデジタルカード、『バトルスピリッツ』などのトレーディングカードを中心に、カードゲームが業績に大きく貢献しました。

コンテンツ事業では、業務用ゲーム機の『湾岸ミッドナイト マキシマムチューン4』などの人気シリーズの最新機器に加え、定番の景品機器のリピート販売や景品の販売等が業績に貢献。家庭用ゲームソフトでは、PS3/Xbox360ソフト『DARK SOULS』が欧米で人気になるとともに、国内においてはPS3ソフト『テイルズ オブ エクシリア』『ワンピース 海賊無双』、PSPソフト『AKB1/48 アイドルとグアムで恋したら・・・』などが人気だったとのことです。

さらに、ネットワークコンテンツでは、『機動戦士ガンダム』シリーズや『ワンピース グランドコレクション』などのソーシャルゲームが非常に好調に推移しました。

2013年3月期の連結業績予想については、成長へ向けた取り組みの時期と位置付けて、3年中期計画をスタートさせるとのことで、売上高4400億円(前年同期比3.1%減)、営業利益300億円(同13.3%減)、経常利益300億円(同14.2%減)、当期純利益175億円(同9.3%減)を予想しているとのことです。
《冨岡晶》

編集部おすすめの記事

ゲームビジネス アクセスランキング

  1. 2018年3月発売の新作ゲームは何を買う?―注目タイトルまとめ!

    2018年3月発売の新作ゲームは何を買う?―注目タイトルまとめ!

  2. 今週発売の新作ゲーム『実況パワフルプロ野球2018』『Bravo Team』『英雄伝説 閃の軌跡II:改 The Erebonian Civil War』他

    今週発売の新作ゲーム『実況パワフルプロ野球2018』『Bravo Team』『英雄伝説 閃の軌跡II:改 The Erebonian Civil War』他

  3. 『パズドラ』未成年者による課金上限設定へ ― ガンホー、日本オンラインゲーム協会のガイドラインに賛同

    『パズドラ』未成年者による課金上限設定へ ― ガンホー、日本オンラインゲーム協会のガイドラインに賛同

  4. 「日本と海外におけるゲーマーにとってのリージョン制限」・・・イバイ・アメストイ「ゲームウォーズ 海外VS日本」第22回

  5. ミクシィXFLAG スタジオに訊くゲーム開発現場での“業務効率化”-我々が『SHOTGUN』を導入したワケ

  6. 国内ゲーム人口は4,336万人、家庭用ゲーム機所有者数も明らかに ― 2016CESA一般生活者調査報告書

  7. 国民的RPGをVRで体験! 『ドラゴンクエストVR』4月27日稼働─戦士や僧侶、魔法使いとなってゾーマ城を目指せ

  8. 第20回次世代ワールドホビーフェア開催決定!

  9. 【週間売上ランキング】 『レイトン教授と悪魔の箱』がトップ、『Wii Fit』が2位(11/26-12/2)

  10. 『エルシャダイ』に見る新規IP立ち上げの実情・・・中村彰憲「ゲームビジネス新潮流」第17回

アクセスランキングをもっと見る