人生にゲームをプラスするメディア

バンダイナムコ2012年3月期決算・・・売上増で純利益が約10倍の193億円に

バンダイナムコゲームスは、2012年3月期(2011年4月1日~2012年3月31日)の連結業績を公表しました。

ゲームビジネス 市場
バンダイナムコゲームスは、2012年3月期(2011年4月1日~2012年3月31日)の連結業績を公表しました。

それによると、売上高4542億1000万円(前年比15.2%増)、営業利益346億0600万円(前年比111.8%増)、経常利益349億6000万円(前年比113.2%増)、当期純利益は193億0300万円(前年比944.3%増)となり、前期より純利益を大幅増としました。

今期の事業面では、トイホビー事業の定番キャラクター玩具やカードなどの玩具周辺商材、コンテンツ事業の業務用ゲーム機、ネットワークコンテンツ、家庭用ゲームソフトなどが業績に貢献。また、アミューズメント施設事業においては、国内既存店売上が順調に推移しました。

トイホビー事業では、「仮面ライダー」シリーズ、「スーパー戦隊」シリーズの商材が各カテゴリーで連動した展開を行ったことにより非常に人気となりました。また、『ドラゴンボールヒーローズ』などのデジタルカード、『バトルスピリッツ』などのトレーディングカードを中心に、カードゲームが業績に大きく貢献しました。

コンテンツ事業では、業務用ゲーム機の『湾岸ミッドナイト マキシマムチューン4』などの人気シリーズの最新機器に加え、定番の景品機器のリピート販売や景品の販売等が業績に貢献。家庭用ゲームソフトでは、PS3/Xbox360ソフト『DARK SOULS』が欧米で人気になるとともに、国内においてはPS3ソフト『テイルズ オブ エクシリア』『ワンピース 海賊無双』、PSPソフト『AKB1/48 アイドルとグアムで恋したら・・・』などが人気だったとのことです。

さらに、ネットワークコンテンツでは、『機動戦士ガンダム』シリーズや『ワンピース グランドコレクション』などのソーシャルゲームが非常に好調に推移しました。

2013年3月期の連結業績予想については、成長へ向けた取り組みの時期と位置付けて、3年中期計画をスタートさせるとのことで、売上高4400億円(前年同期比3.1%減)、営業利益300億円(同13.3%減)、経常利益300億円(同14.2%減)、当期純利益175億円(同9.3%減)を予想しているとのことです。
《冨岡晶》

編集部おすすめの記事

ゲームビジネス アクセスランキング

  1. スマホゲーム業界のマーケティングカオスマップ(β版)が公開―ゲームのライフサイクルに合わせる形で分類・整理

    スマホゲーム業界のマーケティングカオスマップ(β版)が公開―ゲームのライフサイクルに合わせる形で分類・整理

  2. 「VR ZONE SHINJUKU」VR(ぶっとんだリアル)が体験できる大感謝キャンペーンを開催!施設は2019年3月末で営業期間満了

    「VR ZONE SHINJUKU」VR(ぶっとんだリアル)が体験できる大感謝キャンペーンを開催!施設は2019年3月末で営業期間満了

  3. 今週発売の新作ゲーム『JUDGE EYES:死神の遺言』『GOD EATER 3』『ボーダーランズ2 VR』他

    今週発売の新作ゲーム『JUDGE EYES:死神の遺言』『GOD EATER 3』『ボーダーランズ2 VR』他

  4. ゲームと映画から考える海外と日本の感性の違いとは・・・黒川塾(19)

  5. 今週発売の新作ゲーム『ザ クルー2』『NieR:Automata BECOME AS GODS Edition』『イースVIII Lacrimosa of DANA』『ルミネス リマスター』他

  6. 任天堂、夏のボーナス2割減

  7. 日テレがe-Sports事業に参戦!プロチーム「AXIZ」を結成し7月からは地上波で専門番組も開始

  8. バンナム、「株式会社バンダイナムコ研究所」を2019年4月1日に設立─新たな価値創出を目指す

  9. 【GDC 2015】App StoreやGoogle Playでフィーチャーされる秘訣は「ビックマック」にあり!?

  10. 2周年を迎えた「PSVR」に読者からコメント─「最高に楽しい!」「名作インディーゲームの宝庫」「課題は多し」など、賞賛から指摘まで【アンケート】

アクセスランキングをもっと見る