人生にゲームをプラスするメディア

SCE、PS Vita向け便利アプリ『勇者のきろく』『めざまし同盟』『ペイントパーク』無料配信

ソニー・コンピュータエンタテインメントジャパンは、PlayStation Vitaソフト『勇者のきろく』『めざまし同盟』『ペイントパーク』を本日より無料で配信開始しました。

ソニー PSV
ソニー・コンピュータエンタテインメントジャパンは、PlayStation Vitaソフト『勇者のきろく』『めざまし同盟』『ペイントパーク』を本日より無料で配信開始しました。

『勇者のきろく』は、日々の生活でメモしておきたいことや継続して実行したい事柄を、他プレイヤーと共有しながらゲーム感覚で気軽に楽しく管理できるライフ・マネジメントアプリ。自分の予定を「ケイカク」としてスケジュール上に登録し、その「ケイカク」を達成することで魔物を生成するためのポイントを貯めていくことができます。PS Vitaの通信機能と位置情報機能を使用して、作成した「ケイカク」を地図上に公開し他のユーザーと共有・取得するなどが可能です。



『めざまし同盟』は、通常のアラーム時計としての機能に加え、PS Vitaならではの通信機能と連携した“同盟アラーム”機能が使えるアラームアプリ。“同盟アラーム”とは同時刻にアラーム設定をしている他ユーザーと、最大12名の“同盟”を結成し、ネットワークを通して互いに応援し合って起きることができるアラーム機能です。“同盟アラーム”での起床実績は履歴画面で確認できる他、条件を満たせばトロフィーを獲得することも可能なため、ゲーム感覚で日々の目覚めをガンバれます。



『ペイントパーク』は、アドホック通信機能を用いて最大6台のPS Vitaの間で、お絵描きコミュニケーションができるアプリ。タッチスクリーンにより、直接絵を描き込めるほか、描いた絵を共有したり、その絵に描き足したり、さらには撮った写真にも描き足すなど、チャット形式で画像を交換することが可能になっています。さらに、複数人で遊ぶ際には“コンテストモード”を利用することでランダムに出題される題目を参加者間で競って遊ぶこともできます。



『勇者のきろく』『めざまし同盟』『ペイントパーク』は、好評配信中で価格は無料です。

(C)2012 Sony Computer Entertainment Inc.
(C)2012 Sony Computer Entertainment Inc.
(C)2012 Sony Computer Entertainment Inc.
《冨岡晶》

この記事の感想は?

  • いいね
  • 大好き
  • 驚いた
  • つまらない
  • かなしい

編集部おすすめの記事

ソニー アクセスランキング

  1. 「PS5」の販売情報まとめ【1月24日】─「ノジマオンライン」が新たな抽選受付を展開、1月25日には「イオン」も開始予定

    「PS5」の販売情報まとめ【1月24日】─「ノジマオンライン」が新たな抽選受付を展開、1月25日には「イオン」も開始予定

  2. 自分のPS5/PS4ゲーム総プレイ時間や獲得トロフィーがひと目で分かる「あなたのPlayStation 2021」開催!

    自分のPS5/PS4ゲーム総プレイ時間や獲得トロフィーがひと目で分かる「あなたのPlayStation 2021」開催!

  3. 『Apex Legends』2月9日開幕新シーズン「デファイアンス」トレイラー公開―新レジェンドは「マッドマギー」

    『Apex Legends』2月9日開幕新シーズン「デファイアンス」トレイラー公開―新レジェンドは「マッドマギー」

  4. 『ELDEN RING』新情報ひとまとめ―「台北ゲームショウ 2022」で北尾氏がファンからの質問に回答

  5. ソニーが2022年に発売されるPS5/PS4注目の22タイトルを一挙公開!あなたの気になる作品は?

  6. 発売まであと2か月!『FFオリジン』ファイナルトレイラー公開―テーマソングはフランク・シナトラ「MY WAY」

  7. 「PS5」の販売情報まとめ【1月21日】─「イオン」が新たな抽選受付を来週開始、「ひかりTVショッピング」は抽選受付を展開中

  8. 2020年の総プレイ時間は?「あなたのPlayStation」今年も開催!一足先にPS4&PS5プレイ記録を見てみた

  9. PS5までの歴代PlayStation据え置きハードを振り返る!これまでの進歩とこれからの進歩を見比べよう

  10. 『モンハンワールド:アイスボーン』下手くそでも「ソロ用ムフェト・ジーヴァ」に勝てるのか? 新規救済に見えた“(ある意味)辛い狩猟”をレポート

アクセスランキングをもっと見る