人生にゲームをプラスするメディア

最高の情熱をもってこだわりぬいて完成『バイナリー ドメイン』・・・龍が如くスタジオ 記者発表会(1)

ソニー PS3

2月16日に発売する『バイナリー ドメイン』
  • 2月16日に発売する『バイナリー ドメイン』
  • 名越稔洋総合監督
  • 『バイナリードメイン』出演者
セガは、「龍が如くスタジオ」の新作『バイナリー ドメイン』と『クロヒョウ2 龍が如く 阿修羅編』記者発表会を行いました。その様子をレポートします。

「龍が如くスタジオ」は、シリーズ累計出荷本数500万本を突破した『龍が如く』シリーズを手掛けたクリエイター集団によるスタジオで、2月16日に第1弾として完全新作『バイナリー ドメイン』の発売が控えています。また2012年3月22日に発売する第2弾『クロヒョウ2 龍が如く 阿修羅編』は、実写ドラマ化も決定。今回の発表会では、それぞれ3作品の登場キャラクターを演じた豪華なキャスト陣やゲストが登壇しました。

まずは、名越稔洋総合監督が登場。「我々は昨年9月に宣言した、最高の情熱をもってこだわった“ものづくり”をしていくということから、常に新たな作品にチャレンジし、みなさまに優れたエンターテインメントを届けることを目標としてきました。本日は、3つの作品を記者発表という形でお披露目できるのを嬉しく思います」と感謝の言葉を述べました。


続いて発表となった『バイナリー ドメイン』は、三人称視点シューティング(TPS)で、国際法で禁止されている人近似ロボットの開発を突き止めるため、AMADA社の天田洋二博士の身柄を拘束しに行くという2080年の東京を舞台にしたSFシューターとなっています。

ここでは、内務省警察局の刑事・黒澤役の北村一輝さん、地下スラム街でたくましく生きる15歳の少女・ユキ役の武井咲さん、地下スラム街を取り仕切る極道・三船役の松方弘樹さん、国連傘下の査察機関であるIRTA(国際ロボット技術機構)作戦本部司令官・フィリップス少佐役の遠藤憲一さんが登場。

声優に初チャレンジとなった北村さんは「最初はどういう感じか分かりませんでしたが、スタジオの雰囲気がとても良く、アドリブなども入れて楽しく演じさせてもらいました。自分の声の部分しか知らないので、みなさんと重なったらどうなるのか出来上がりを早く見たいですね」と、ゲームプレイへのやる気も覗かせました。

遠藤さんは「外国人の顔は格好よすぎて、自分の声に違和感を感じながらの収録でした(笑) また1人で演じるのをじっと見られたので、掛け声とかは少し恥ずかしかったですね。見てくれたみなさんが楽しんでくれればと思います」とコメント。

北村さんと同じく声優初挑戦の武井さんは「ユキは2080年という未来の渋谷を舞台にたくましく生きる、ちょっと生意気な少女です。自分の声が少し高いと言われるので低めしたり、楽しく演じました」と、生意気キャラにご満悦の様子です。名越監督への印象については「最初は怖かったです(笑) でも実際にお話すると、キャラクターの事など熱く語ってくださって、今では優しい方だと思ってます」といった本音も飛び出しました。

松方さんは「名越さんがとても優しい方で、すぐにOKをくれるのでもう終わり?!というような現場でした。ゲームの出来上がりが楽しみにしています」と感想を述べると、名越監督は「現場が良かったと言ってもらえると嬉しいですね。日本から世界へ送る作品になっているのでハリウッドのような派手さもありますが、とくに“命”をテーマにした人間ドラマにも注目してください」と総括しました。

続いては『クロヒョウ2 龍が如く 阿修羅編』をレポートします。

『バイナリー ドメイン』は、2月16日発売予定で価格は8,390円(税込)です。

(C)SEGA
《近藤智子》

編集部おすすめの記事

ソニー アクセスランキング

  1. PSVR『カイジVR ~絶望の鉄骨渡り~』発売時期変更、2017年7月に延期

    PSVR『カイジVR ~絶望の鉄骨渡り~』発売時期変更、2017年7月に延期

  2. 【PS Vita DL販売ランキング】『ダンジョントラベラーズ2-2』初登場首位、『ソルト アンド サンクチュアリ』は2位へ(4/28)

    【PS Vita DL販売ランキング】『ダンジョントラベラーズ2-2』初登場首位、『ソルト アンド サンクチュアリ』は2位へ(4/28)

  3. 『FFXIV: 紅蓮のリベレーター』のベンチマークソフトが配信開始! 新要素を綴る最新トレーラーもお披露目

    『FFXIV: 紅蓮のリベレーター』のベンチマークソフトが配信開始! 新要素を綴る最新トレーラーもお披露目

  4. PS4『ポータルナイツ』のゲーム内容を紹介する国内向け最新トレイラー!

  5. PS4/PS Vita『祝姫 -祀-』現実と幻覚が交錯する世界を映像でお届け─キーワードは“呪い”と“悪夢”

  6. 【特集】『GUILTY GEAR』石渡太輔氏x「楽園追放」水島精二監督対談―3DCGだからできたことと、CGでは再現できない「魂の部分」とは

  7. あまりにセクシーな2B…『ニーア オートマタ』過去作コスチューム/闘技場DLC発表!

  8. ソニー2016年度連結業績―PS4は2,000万台到達―ゲームは大幅増収増益

  9. PS4が「ロト エディション」になって登場!『ドラクエXI』や「はぐれメタル」USBカバーフィギュアが同梱

  10. 【PS Vita DL販売ランキング】『アマガミ』首位浮上、『無双☆スターズ』初登場2位ランクイン(4/8)

アクセスランキングをもっと見る