人生にゲームをプラスするメディア

任天堂、第3四半期業績を発表・・・通期の赤字は650億円まで拡大

任天堂が発表した平成24年3月期 第3四半期の業績は売上高5561億6600万円(前年同期比△31.2%)、営業損失164億0800万円(-)、経常損失660億2700万円(-)、純損失483億5100万円(-)となりました。

ゲームビジネス その他
任天堂が発表した平成24年3月期 第3四半期の業績は売上高5561億6600万円(前年同期比△31.2%)、営業損失164億0800万円(-)、経常損失660億2700万円(-)、純損失483億5100万円(-)となりました。

また、通期の業績予想について、ドル安に加えてユーロ安も加わったこと、販売実績から通期の予想販売数量を見直したことから、下方修正し、売上高6600億円(前回予想 7900億円)、営業損失450億円(営業利益10億円)、経常損失950億円(計上損失300億円)、純損失650億円(純損失200億円)としています。

ニンテンドー3DSは春以降苦戦をしていましたが、年末商戦には有力タイトルが揃い、今期の販売台数は1143万台となり類型でも1500万台を超えました。ただ、ソフトでは当初の不振を補うまではいかず、販売本数は2804万本にとどまりました。また、DSシリーズはハードが464万台、ソフトが5120万本となりました。Wiiはハードが896万台、ソフトが8906万本となりました。

円高の影響は大きく、為替差損が537億円発生しています。また、3DSやWii本体の値下げに伴う流通在庫の補償も収支を悪化させる要因となりました。
《土本学》

編集部おすすめの記事

ゲームビジネス アクセスランキング

  1. 今週発売の新作ゲーム『レッド・デッド・リデンプション2』『レゴ DC スーパーヴィランズ』『ストリートファイター 30th AC インターナショナル』他

    今週発売の新作ゲーム『レッド・デッド・リデンプション2』『レゴ DC スーパーヴィランズ』『ストリートファイター 30th AC インターナショナル』他

  2. 業績好調なアイディアファクトリーを直撃!外部技術を有効活用した開発体制

    業績好調なアイディアファクトリーを直撃!外部技術を有効活用した開発体制

  3. 【CEDEC 2010】スクエニ→DeNA、日本→世界・・・「イグアナ海を渡る」

    【CEDEC 2010】スクエニ→DeNA、日本→世界・・・「イグアナ海を渡る」

  4. 【GDC08】ラフ・コスター氏による「理想のMMO論」

  5. 金正男、トランプ移民施策… 話題の陰でプチ進化するゲーム業界【オールゲームニッポン】

  6. 任天堂、中国の製造委託先を調査開始・・・従業員の自殺者が多発

  7. ソフトバンクとガンホーがスマートフォン向けゲームメーカーの「スーパーセル」を1500億円で買収

  8. 2周年を迎えた「PSVR」に読者からコメント─「最高に楽しい!」「名作インディーゲームの宝庫」「課題は多し」など、賞賛から指摘まで【アンケート】

  9. 【CEDEC 2017】AIは『人狼』をプレイできるのか!?カオスな人間vs AI戦も展開されたセッションレポ

  10. 海外アナリスト、2022年までのゲーム業界収益予測を公開―PCゲームのアプリ内課金などが牽引力か

アクセスランキングをもっと見る