人生にゲームをプラスするメディア

任天堂、第3四半期業績を発表・・・通期の赤字は650億円まで拡大

ゲームビジネス その他

任天堂が発表した平成24年3月期 第3四半期の業績は売上高5561億6600万円(前年同期比△31.2%)、営業損失164億0800万円(-)、経常損失660億2700万円(-)、純損失483億5100万円(-)となりました。

また、通期の業績予想について、ドル安に加えてユーロ安も加わったこと、販売実績から通期の予想販売数量を見直したことから、下方修正し、売上高6600億円(前回予想 7900億円)、営業損失450億円(営業利益10億円)、経常損失950億円(計上損失300億円)、純損失650億円(純損失200億円)としています。

ニンテンドー3DSは春以降苦戦をしていましたが、年末商戦には有力タイトルが揃い、今期の販売台数は1143万台となり類型でも1500万台を超えました。ただ、ソフトでは当初の不振を補うまではいかず、販売本数は2804万本にとどまりました。また、DSシリーズはハードが464万台、ソフトが5120万本となりました。Wiiはハードが896万台、ソフトが8906万本となりました。

円高の影響は大きく、為替差損が537億円発生しています。また、3DSやWii本体の値下げに伴う流通在庫の補償も収支を悪化させる要因となりました。
《土本学》

編集部おすすめの記事

ゲームビジネス アクセスランキング

  1. 「創点 弟子入りプロジェクト」で次世代を育てたいーディライトワークス塩川洋介氏インタビュー

    「創点 弟子入りプロジェクト」で次世代を育てたいーディライトワークス塩川洋介氏インタビュー

  2. 【インタビュー】KLabに訊くプロジェクト管理ツール「SHOTGUN」導入事例―管理業務の負担を半分に削減?!

    【インタビュー】KLabに訊くプロジェクト管理ツール「SHOTGUN」導入事例―管理業務の負担を半分に削減?!

  3. BitSummit MMXIIIで見た「日本人ゲーム作家たちの」想像力・・・中村彰憲「ゲームビジネス新潮流」第27回

    BitSummit MMXIIIで見た「日本人ゲーム作家たちの」想像力・・・中村彰憲「ゲームビジネス新潮流」第27回

  4. 【レポート】アーケード型VRホラーゲーム『脱出病棟Ω』を4人でプレイ!怖すぎて店内に悲鳴が響き渡る

  5. 【レポート】VRロボゲー『アーガイルシフト』のロマンと没入感が凄い!男の子の夢、これで叶います

  6. 2018年2月発売の新作ゲームは何を買う?―注目タイトルまとめ!

  7. 並列化時代の今、CUDAでGPUを使いこなすには―シリコンスタジオの開発者とNVIDIA担当者に訊く【読者プレゼントあり】

  8. 【CEDEC 2010】10カ月でPS3タイトルを開発するために・・・『龍が如く』の実例

  9. 暗い場所も味方になる! 高級ゲーミング液晶モニターEIZO「FORIS FS2333」レビュー

  10. 京都信用金庫、マリオの絵柄の生体認証ICキャッシュカードを秋から提供

アクセスランキングをもっと見る