人生にゲームをプラスするメディア

PSVita、CPUはソニー・東芝・IBM連合、通信周りはクアルコム製

ソニー PSV

米国のテクノロジーメディアUBM Techinsightsは17日に日本で先行して発売されたPlayStation Vitaの分解による主要部品の製造元などを明らかにしています。

CPUはPS3のCellと同じくソニー、東芝、IBMというパートナーシップで設計、製造されたクアッドコアのARMベースのCPU(名称は「CXD5315GG」・・・4コアのARM Cortex-A9 MPCore)を搭載。これにサムスン製の256MBのSDRAM「K4P2G324EC」が2枚載っています。

東芝はメモリとメモリコントローラー(THGBM3G5D1FBAIE)も提供しています。

通信周りはクアルコム製を採用。搭載されているのはHSPAとGSMに対応したモデムチップ「MDM6200」。これによりPSVitaではGSMのみに対応し、CDMAには対応しないと見られます。

モーションセンサー周りでは3軸センサーはKionix製の「KXTC9」、ジャイロスコープにはSTMicroelectronics製の「3GA51H」が採用されているとのこと。
《土本学》

編集部おすすめの記事

ソニー アクセスランキング

  1. 【読者アンケート】「PS Awards 2017」ユーザーズチョイス賞から選ぶ今年の1本! 『ドラクエ』『FF』を押さえた1位は…

    【読者アンケート】「PS Awards 2017」ユーザーズチョイス賞から選ぶ今年の1本! 『ドラクエ』『FF』を押さえた1位は…

  2. PS Plus加入者以外も遊べる!『モンスターハンター:ワールド』ベータテスト第2弾の実施決定

    PS Plus加入者以外も遊べる!『モンスターハンター:ワールド』ベータテスト第2弾の実施決定

  3. 『バイオハザード7』DLC「End of Zoe」インプレ―ゾイを救うため、超肉体派主人公が立ち上がる

    『バイオハザード7』DLC「End of Zoe」インプレ―ゾイを救うため、超肉体派主人公が立ち上がる

  4. EP5の騒動から数ヶ月、これからの『PSO2』はどうなる?酒井P&濱﨑Dインタビュー【追記】

  5. 『バイオハザード7』クリスDLCの配信日が決定!―本編後日談を描く新DLC「エンド オブ ゾイ」も

  6. 『ロックマン』祝30周年!最新作『11』の設定画や記念セール情報などを一挙公開!

  7. 『PUBG』に続け!PS4やスマホでプレイできるサバイバルゲーム4選

  8. カプコン公式「ミス春麗決定戦」で「ザンギエフ」が優勝、その結果と再現度に会場困惑

  9. 『モンスターハンター:ワールド』世界を覗く紹介動画「モンスターハンター:ワールド図鑑」の第四弾が公開!

  10. 【12/14更新】『真・三國無双8』登場武将や対応機種は?現時点の情報まとめ

アクセスランキングをもっと見る