人生にゲームをプラスするメディア

3DSで新たな狩り、はじまる・・・『モンスターハンター3(トライ)G』

ゲームビジネス 開発

  •  
  •  
  •  
累計販売本数1900万本を超える『モンスターハンター』シリーズ最新作『モンスターハンター3(トライ)G』が、12月10日にニンテンドー3DSで発売されます。



雄大な自然が広がるモンスターハンターの世界では多種多様なモンスターが、時に群れを守り、時に縄張りを争い、複雑な生態を持って生活しています。そんなモンスター達の狩猟を生業とする者たち、それが「ハンター」です。ハンターになって生活し、さまざまなエリアで狩りを楽しみ、ときには強大なモンスターに挑む。時には、一人では討伐できないモンスターを友達と討伐したり・・・。それがモンスターハンターです。

最新作『モンスターハンター3(トライ)G』は、その名が示す通り、『モンスターハンター3(トライ)』のDNAを継承しながらも、ニンテンドー3DSに向けて全てが新たに組上げられた作品。多種多様なモンスター、豊富な武器・防具に加え、カスタマイズ可能なタッチスクリーンによる操作など膨大なプレイボリュームと新操作を採用しています。

モガの村やタンジアの港を拠点に様々なクエストを受注していく


本作に登場する武器ジャンルは全12種類。すべての武器が水中でも使用できます。攻撃力を重視した武器や防御に長けた武器、優れた機動力の武器や遠距離から攻撃できる武器など、その特徴はさまざま。自分の使い勝手や、仲間との連携を考えて武器を選んでください。



今作では「砕竜 ブラキディオス」「白海竜 ラギアクルス亜種」「獄狼竜 ジンオウガ亜種」などが初登場。ブラキディオスは地面に付着させた爆発性の粘菌と機敏なフットワークで獲物を追い詰めていく凶暴さを備えたモンスターです。ラギアクルス亜種は陸地での活動に特化したラギアクルスの亜種です。ジンオウガ亜種は黒い甲殻を持ち、龍属性を操るジンオウガの亜種です。

中にはシングルプレイでは狩るのが困難なモンスターも登場してきます。そういう場合は、共に狩猟に赴くプレイヤー、「狩友」を見つけて協力しましょう。ユーザー同士で広がるコミュニケーションも、「モンスターハンター」シリーズの魅力の1つ。狩友との連携は、強大なモンスターを狩るだけでなく、狩りの新しい楽しさも見つかるはずです。ハンターとしての生活を楽しみましょう。

ハンターサーチ、ギルドカード


そして本作には、「ハンターサーチ」と呼ばれる新機能が登場。3DSの無線通信を使って、近くで『MH3(トライ)G』をプレイしている人を検索できる機能です。ハンターサーチのパネルをタッチすれば、自分のまわりの人がどんな状態なのかが一目瞭然。検索したプレイヤーがオンラインならば、そのプレイヤーのオンライン港へ直接移動することもできます。

またハンターにとっての名刺となる「ギルドカード」を、すれちがい通信で交換することができます。ギルドカードには、現在の装備や武器の使用頻度、生活日記までさまざまな情報が記載されています。さらに、ギルドカードを交換したハンターがオフライン港の酒場エリアにふらっとやってくることがあります。彼らは「ふらっとハンター」と呼ばれ、依頼料を払えばクエストを依頼することができ、その結果に応じて報酬を受け取ることができます。

3DSならではの操作面では、スライドパッドや各種ボタンによるアクション操作に加え、下画面のタッチスクリーンを活用した操作が追加されています。さらにカスタマイズを行うことで自分のスタイルに合わせた使い方をすることが可能となっています。中でも、「ターゲットカメラ」パネル機能は、タッチしてON状態にしておくと、Lボタンで大型モンスターの方にカメラ(視点)が向くようになる機能となっており、これでモンスターを見失うことも少なくなるハズです。特に水中狩猟での立ち回りでもモンスターを捉えるのに便利な機能でしょう。このように便利な機能を備えたパネルがたくさん存在しているので、初めてモンハンシリーズをプレイする人にも、大いに役立つでしょう。

『モンスターハンター3(トライ)G』は、2011年12月10日(土)発売予定で、価格は5,800円(税込)。拡張スライドパッド同梱パックが6,990円(税込)です。

(後編は実際にプレイ!)

《冨岡晶》

編集部おすすめの記事

ゲームビジネス アクセスランキング

  1. 建築ビジュアライゼーションにも活用される『Enlighten』-ゲーム開発技術との関連性は?ヒストリア代表に訊く

    建築ビジュアライゼーションにも活用される『Enlighten』-ゲーム開発技術との関連性は?ヒストリア代表に訊く

  2. 話題のホラーゲーム『Year Of The Ladybug』開発中止

    話題のホラーゲーム『Year Of The Ladybug』開発中止

  3. 【セミナーレポート】スマホゲームのシナリオメイクはどうあるべきか?Wright Flyer Studios主催の業界交流イベント

    【セミナーレポート】スマホゲームのシナリオメイクはどうあるべきか?Wright Flyer Studios主催の業界交流イベント

  4. ゲームボーイ版『マインクラフト』はこんな感じ?―レトロ愛が伝わるファンメイド映像が公開

  5. ニンテンドースイッチ版『RiME』にシリコンスタジオの「Enlighten」を初採用─絵画のように美しい世界を豊かに演出

  6. セガサミー、『PSO2』好調維持『艦これアーケード』堅調で大幅増益―3Q決算

  7. 【レポート】「狼と香辛料」作者・支倉凍砂の新作VRアニメ『Project LUX』を体験 ― ヒロインの声・モーションは田中あいみが演じる

  8. 今までのソーシャルゲームを全否定するような企画書を見て驚愕しました・・・『チェインクロニクル』ビジネス戦略について聞く

  9. 『逆転裁判』は如何にして産まれたのか、江城元秀氏と巧舟氏が語る――『逆転裁判』特別法廷セミナーレポート・前編

  10. 今週発売の新作ゲーム『逆転裁判4』『MONSTER OF THE DEEP: FINAL FANTASY XV』『初音ミク Project DIVA Future Tone DX』他

アクセスランキングをもっと見る