人生にゲームをプラスするメディア

海外で大絶賛、日本にもいよいよ上陸『バットマン:アーカム・シティ』発売記念イベントレポート(1)

ソニー PS3

ワーナー・ホーム・ビデオ/デジタル・ディストリビューションは、PS3/Xbox360ソフト『バットマン アーカムシティ』の完成記念イベントを開催しました。

まず初めに、ワーナー・ホーム・ビデオ&デジタル・ディストリビューション ジェネラルマネージャー 福田太一氏が登壇。本作発売を前に心境を語ります。

ワーナー・ブラザーズは、米国と欧州で2004年からゲーム事業を開始。以来大きく成長を続けており「米国では第5位のパブリッシャーになる見込み」と、ゲーム事業が順調に展開しているいることをまず説明。日本では今年からパブリッシャー事業を開始。国内では『フィアー3(F.3.A.R.)』『レゴ ハリー・ポッター 第1章-4章』を発売し、第3弾として『バットマン:アーカム・シティ』を11月23日に発売します。

先に海外で発売される『バットマン:アーカム・シティ』ですが、米国では11月18日、欧州で11月21日にリリース。1週間で460万本出荷達成。そのうち200万本が実売として売り上げて「非常に大きなビジネスになっている」と福田氏は分析。

また、Metacriticのスコアでは(100点中)PS3版が96点を記録。これは2011年発売されたタイトルの中では1位の数字となっており、Xbox360版も94点で2011年中リリースされたタイトルの中で3位となり、非常に高評判であることがわかります。

福田氏は「我々は『バットマン:アーカム・シティ』のようなグローバルで世界観の大きい大型エンターテイメントタイトルのリリースによって、日本のゲーム業界活性化に貢献していきたいと思っています」とコメントしました。

続いて、ワーナー・ホーム・ビデオ&デジタル・ディストリビューション ローカルコンテンツ&ビジネスディベロップメント シニアマネージャー 山口貴也氏が登壇。『バットマン:アーカム・シティ』についてゲーム紹介を行っていきます。

『バットマン:アーカム・シティ』は、PS3とXbox360の2機種で発売。初回特典は「ロビン・バンドル パック(ダウンロードキャラクター)」で、バットマン最大の相棒「サイドキック」が使用可能になります(チャレンジモードプレイ専用)。また、アニメ版スキン(ロビン・レッドロビン)とチャレンジモード用マップ「暴走列車・シオニス食肉処理場」も収録されています。

また、ソフト単品版の他、PS3版のみコレクターズ・エディションも用意。コトブキヤ製フィギュアが同梱されます。海外でも同じものが同梱されていますが、カラーが異なります。さらに特製アートブックやポストカード、追加コンテンツパックも同梱。

続いては前作『バットマン:アーカム・アサイラム』からパワーアップした点について。前作からマップの広さが5倍になり、プレイ時間10時間(前作)から40時間にスケールアップ。登場キャラクターは3倍、敵キャラクターもたくさん登場しています。

バットマンお馴染みのガジェットも新たに追加。既存の物も進化しているので、細かいところもパワーアップ。簡単にコンボが繋げられる「フリーフローコンバットシステム」により、簡単操作で迫力のバトルが楽しめるようになっています。

また、キャットウーマンでもプレイ可能。ダウンロードコンテンツとして登場、本編では遊べませんが、独自に用意されたストーリーを楽しむことができます。

ストーリーは5度のエミー賞受賞に輝くポール・ディニ氏(TVドラマ「LOST」シーズン1にもクレジット)が担当。さらに「スター・ウォーズ」ルーク・スカイウォーカーで有名なマーク・ハミルがジョーカーの声を担当。3D立体視にも対応しました。

海外での評判に関しては、metacriticにおいてPS3版は『The Elder Scrolls V: Skyrim』と同着1位、All Time PS3では『グランド・セフト・オートIV』に続いて2位という順位となっています。

イベント後半は、スペシャルゲストがとして映画コメンテーターの有村昆さん&椿姫彩菜さんが登場し、ゲームを実際にプレイしながら魅力を語ります。

『バットマン:アーカム・シティ』は、11月23日発売予定で価格は7980円(税込)です。

BATMAN: ARKHAM CITY software (C) 2011 Warner Bros. Entertainment Inc. Developed by Rocksteady Studios Ltd. All rights reserved.
DC LOGO, BATMAN and all characters, their distinctive likenesses, and related elements are trademarks of DC Comics (C) 2011. All Rights Reserved.
WB GAMES LOGO, WB SHIELD: & (C) Warner Bros. Entertainment Inc.
《》

編集部おすすめの記事

ソニー アクセスランキング

  1. 『モンハン:ワールド』になぜベヒーモス?『FFXIV』コラボの裏側を、辻本良三氏&吉田直樹氏に訊く【E3 2018】

    『モンハン:ワールド』になぜベヒーモス?『FFXIV』コラボの裏側を、辻本良三氏&吉田直樹氏に訊く【E3 2018】

  2. 『バイオハザード RE:2』リメイクで期待する8つのポイント ─ “豆腐”や“おもしろ謎解き警察署”はどうなる!?

    『バイオハザード RE:2』リメイクで期待する8つのポイント ─ “豆腐”や“おもしろ謎解き警察署”はどうなる!?

  3. 8年ぶりの新作『ロックマン11』ダブルギアシステムによって現代的にリファインされたロックマンがここにある

    8年ぶりの新作『ロックマン11』ダブルギアシステムによって現代的にリファインされたロックマンがここにある

  4. 4K PC版『ソウルキャリバーVI』のゲームプレイ映像が公開―美しくも激しい戦いを目の前に

  5. 『バイオハザード2』フルリメイク『バイオハザード RE:2』17分プレイ映像!【E3 2018】

  6. 父と子の絆が再確認できる『ゴッド・オブ・ウォー』"父の日"トレイラーが公開

  7. 『モンハン:ワールド』次回イベクエで“歴戦王”のヴァルハザクが登場!狩王決定戦のクエストも配信開始

  8. 『モンハン:ワールド』「ナナ・テスカトリに完全勝利した?それともキャンプ送り?」結果発表―ナナの圧倒的強さに脱帽!【読者アンケート】

  9. 『フォートナイト』ダメージを徐々に与える“スティンクボム”近日登場!煙で敵を炙り出せ

  10. 静かに暗殺なんてしない!『アサシン クリード オデッセイ』編集部による先行プレイ映像【E3 2018】

アクセスランキングをもっと見る