人生にゲームをプラスするメディア

【TGS 2011】グラスホッパーが開発する弾幕シューティング『Sine Mora』を体験した

ソニー PS3

Sine Mora
  • Sine Mora
  • Sine Mora
  • Sine Mora
  • Sine Mora
  • Sine Mora
グラスホッパー・マニファクチュアは東京ゲームショウ会場である幕張メッセから至近のホテル・ザ・マンハッタンにてプライベートイベントを開催し、ハンガリーのデジタル・リアリティ社(Digital Reality)と共同開発している『Sine Mora』(シネモラ)と『Black Nights Sword』(ブラックナイツソード)を日本初披露しました。まずは『Sine Mora』について紹介します。

『Sine Mora』は弾幕系横スクロールシューティングゲームです。本作はグラスホッパー・マニファクチュアがコンセプト設計やアート、サウンド制作を担当、デジタル・リアリティ社がゲームプレイ部分や実開発を行っています。

「シューティングゲームは難しくてコアなジャンルとなってしまいました。それをメインストリームにもってきたいという考えで『Sine Mora』は制作しています。弾幕だからといって、一発で即死ではなくて少し優しい設計をしています」とデジタル・リアリティ社でクリエイティブディレクターを務めるTheodore Reiler氏は本作を紹介してくれました。

本作で重要になるのは「時間」です。ステージ開始当初、プレイヤーに与えられた時間は60秒ほどしかなく、そのままでいるとあっという間にゲームオーバーとなってしまいます。プレイヤーは敵を倒して得られるアイテムで時間を増やしてステージの先へと進んでいきます。周りの動きをゆっくりにする能力を一定時間使う事が出来ます。これで弾幕は避けやすくなりますが、時間は浪費してしまいます。時間との戦いが本作の大きな鍵です。

実際に触ってみました。グラスホッパーがアートワークを担当した美麗なグラフィックが迎えてくれます。横スクロールの2Dシューターではありますが、ステージ自体は大きく回転をしたり形を変えたりと変化の連続で派手な演出で盛り上げてくれます。攻撃は強と弱の2種類。敵の弾幕を上手く避けながら倒し、そして敵が出すアイテムを上手く集めて時間を回復していく必要があります。時間という緊張感はなかなか面白く、早くアイテムを集めないとゲームオーバーになる、でも無理をすると弾幕でやられてしまう、というジレンマをプレイヤーに与えます。全てのステージは2部構成になっていて、それぞれの終わりにボスが登場します。最初のステージのボスは巨大で、その各部位にゲージが用意されていて、全て破壊することで倒す、というような形でした。ステージの前半と後半は少し趣が変わり、空中→水中のように変化を楽しむ事が出来ます。

ティザームービーも公開されていますので是非チェックしてみてください。



ステージは7つ+チュートリアルが存在し、難易度は3段階が選べます。選んだ難易度の中でもプレイヤーの腕に合わせて自動的にバランス調整がされるような仕組みになっているとのこと。ストーリーモードの他にアーケードモードがあり、アーケードモードではより歯応えのある内容で遊ぶ事が出来るようです。

『Sine Mora』は発売日未定ですが、PlayStation NetworkおよびXbox Live Arcadeにてダウンロード配信される予定。追加コンテンツとしてマルチプレイヤーモードを後日配信する計画もあるようです。
《土本学》

編集部おすすめの記事

特集

ソニー アクセスランキング

  1. 『METAL MAX Xeno』は魅力がアンバランス? いいや、特化カスタマイズだ! その特徴や気になる点に迫る【プレイレポ】

    『METAL MAX Xeno』は魅力がアンバランス? いいや、特化カスタマイズだ! その特徴や気になる点に迫る【プレイレポ】

  2. 「『モンハン:ワールド』に期待する次の展開は?」結果発表─1位は4割超え! 多くのユーザーが求める要望とは【アンケート】

    「『モンハン:ワールド』に期待する次の展開は?」結果発表─1位は4割超え! 多くのユーザーが求める要望とは【アンケート】

  3. 奥が深い『レイルウェイ エンパイア』の基本をおさらい―国内向けHow toトレイラー

    奥が深い『レイルウェイ エンパイア』の基本をおさらい―国内向けHow toトレイラー

  4. チョーク落書き風がかわいい!『夜廻』&『ディスガイア』x「GraffArt」コラボグッズ発売決定

  5. 『モンハン:ワールド』「絆を深めよう! 粉塵セット」が配信中―5月25日からは「マム・タロト」も再登場!

  6. PS4版『ファイヤープロレスリング ワールド』発売日決定!―豪華グッズが入った限定版も

  7. PS4は30代に最も支持され、映像満足度が高い ― ゲームエイジ総研によるアンケート調査結果を公表

  8. 『モンハン:ワールド』「登場してほしい過去作のメインモンスターといえば?」結果発表―1位となったのは!?【読者アンケート】

  9. 【インタビュー】完結を迎えた『BLAZBLUE』森Pが明かす心の内 ― 気になるあのシーンやイザナミの脇について訊いてみた

  10. 『シェンムー3』発売が2019年へ延期―鈴木裕、Deep Silverがそれぞれコメント

アクセスランキングをもっと見る