人生にゲームをプラスするメディア

【TGS 2011】あの人気フランチャイズも登場? クラウドゲームサービスが日本でも登場

NHN Japanはクラウドゲームサービス「G CLOUD」を2011年10月から開始すると発表。前宮崎県知事の東国原英夫氏を招いてゲーム革命へのマニフェストを発表しました。

ゲームビジネス その他
NHN Japanはクラウドゲームサービス「G CLOUD」を2011年10月から開始すると発表。前宮崎県知事の東国原英夫氏を招いてゲーム革命へのマニフェストを発表しました。

「G CLOUD」はゲームの処理をクラウドサーバー側で行うことで、ゲームユーザーはインターネット環境させえれば、ゲームをインストールすることなしに、描画性能の低い端末でも、時間と費用を削減してゲームを楽しめるサービス。既に米国では「OnLive」「Gaikai」などの同様のサービスがスタートして、人気フランチャイズも次々に登場、好調な滑り出しを果たしています。

東国原氏は「G CLOUD」発表に当たって3つのマニフェストを掲げました。「NO INSTALL / NO SPEC / NO WASTE」です。つまりインストール不要であり、スペックの高いマシンも不要であり、無駄のないサービスであるということです。

NHN Japanでは台湾に本社を置くユビタスインクと共同で本サービスを開発。10月にNTTドコモから発売される「Xiタブレット」にプリインストールの形で提供開始されます。まずはハンゲームの人気オンラインゲームの『ドラゴンネスト』が提供され、タブレットから遊べるようになります。その後のロードマップについては触れられませんでしたが、その他のタブレット端末やスマートフォン、PCへも順次対応が行われるものと思われます。

提供されるタイトルについては『ドラゴンネスト』以外は示されませんでしたが、上映された映像の中には「ソニック」の映像も含まれていて、いずれ提供されることになりそうです。「G CLOUD」向けのゲーム提供はWindowsで動作するものであれば直ぐに対応が可能だということです。

東国原氏は「政治家の我々の想像もできないような速さで技術革新は進んでいることを実感しました。今の日本には閉塞感もありますが、このように元気なコンテンツ産業が引っ張っていって、まだまだ伸びる日本を実現して欲しいし、その手助けをしていかないといけないと感じました」とコメント。クラウドを活用した最先端のゲームサービスに感服の様子でした。
《土本学》

編集部おすすめの記事

特集

ゲームビジネス アクセスランキング

  1. 2019年5月発売の新作ゲームは何を買う?―注目タイトルまとめ!

    2019年5月発売の新作ゲームは何を買う?―注目タイトルまとめ!

  2. 今週発売の新作ゲーム『アサシン クリードIII リマスター』『チームソニックレーシング』『ルルアのアトリエ ~アーランドの錬金術士4~』他

    今週発売の新作ゲーム『アサシン クリードIII リマスター』『チームソニックレーシング』『ルルアのアトリエ ~アーランドの錬金術士4~』他

  3. 中規模開発ならではの、ユニティの意外な「落とし穴」とは?『三国志コンクエスト』ポストモータム

    中規模開発ならではの、ユニティの意外な「落とし穴」とは?『三国志コンクエスト』ポストモータム

  4. 市場規模は113.45%の6845億円に、2007年のゲーム市場―テレビゲーム産業白書刊行

  5. 任天堂、平成27年3月期決算を発表 ― Wii Uは海外で順調、次期見通しにはアプリ収益も見込む

  6. 遺伝的アルゴリズムとニューラルネットワーク、ゲームAIによるキャラクタの「進化」を考える

  7. 【CEDEC 2010】ゲームに込めた情熱・技術を海の向こうまで正確に伝えるために GDD/TDDを書こう

  8. 【GDC Next 2013】F2Pとサブスクリプションの併用というチャレンジ、ディズニー『Garden of Time』の挑戦

  9. バンダイナムコグループ合同入社式メッセージ、171名が入社

  10. 「プロの映像クリエイターがツールを選ぶ基準は?“設計思想”が優れた「Media & Entertainment Collection」―CGCGスタジオ沖縄本社における活用事例

アクセスランキングをもっと見る

1