人生にゲームをプラスするメディア

【TGS 2011】『モンスターハンター3(トライ)G』さっそく新モンスター・ブラキディオス討伐へ

ニンテンドー3DSで初めてのモンスターハンターが『モンスターハンター3(トライ)G』として、12月10日に発売決定していますが、東京ゲームショウ2011のカプコンブースでは早速プレイすることができました。

任天堂 3DS
ニンテンドー3DSで初めてのモンスターハンターが『モンスターハンター3(トライ)G』として、12月10日に発売決定していますが、東京ゲームショウ2011のカプコンブースでは早速プレイすることができました。

今回の試遊コーナーでは初心者向けのウルクスス、中級者向けのガノトトス(水中戦あり)、上級者向けの新モンスターであるブラキディオスそれぞれの討伐が体験できました。発表されたばかりの拡張スライドパッドは今回は体験できませんでした。

もちろんプレイしたのはブラキディオス討伐。Wii『3(トライ)』と同様の火山のステージ。筆者が普段より慣れ親しんでいるスラッシュアックスを使いました。ブラキディオスはウラガンキン等と同様の剛獣種(?)なので基本的な立ち回りはそれらの経験を生かすことができますが、突然のジャンプからの飛び掛かりやブレス攻撃などの独特なモーションの攻撃を繰り出して、なかなか苦戦させられました。

3DSでの初めてのシリーズ作品ということで気になるポイントですが、操作性は良好でへす。『3(トライ)』のクラシックコントローラ操作や、ポータブルシリーズの経験があればほとんど同様の感覚でプレイできます。そういったプレイヤーにとっての懸念点かと思われたカメラ操作も、下画面のタッチパネルで充分行える印象です。(十字キーでも可能)

3D立体視も『モンスターハンター3(トライ)G』にとっては最強の武器に。しっかりと奥行きが感じられ、迫力も増します。3Dボリュームをオンにしてプレイしたいと思える内容に仕上がっていました。

『モンスターハンター3(トライ)G』は、12月10日に発売予定で価格は5,800円(税込)です。
《》

この記事の感想は?

  • いいね
  • 大好き
  • 驚いた
  • つまらない
  • かなしい

編集部おすすめの記事

特集

任天堂 アクセスランキング

  1. 『モンハンライズ』「卵槌ガーグァ」はネタ武器にあらず!作中最大攻撃力と3種類の特攻が魅力、3本作れば死角無し

    『モンハンライズ』「卵槌ガーグァ」はネタ武器にあらず!作中最大攻撃力と3種類の特攻が魅力、3本作れば死角無し

  2. 『モンハンライズ』「ハイニンジャソード」は脅威の会心100%!片手剣初心者から上級者までオススメ、戦い方とスキル運用について解説

    『モンハンライズ』「ハイニンジャソード」は脅威の会心100%!片手剣初心者から上級者までオススメ、戦い方とスキル運用について解説

  3. 『モンハンライズ』良く聞く「ドシュー」って何?とっても使いやすいライトボウガン、その強みと必須スキルを解説

    『モンハンライズ』良く聞く「ドシュー」って何?とっても使いやすいライトボウガン、その強みと必須スキルを解説

  4. 『モンハンライズ』“斬裂ライト”こと「王牙弩【野雷】」を使いこなす!3分討伐も夢じゃない瞬間火力には、せっかちハンターもニッコリ

  5. 『モンハンライズ』ネコ双剣「レイジネイルー」の半端ない火力はもう体験した?唯一無二の“確定会心”、見た目はネタ武器だけど実力は本物

  6. 川に棲む虹色の…イワシ!?『あつまれ どうぶつの森』で釣れる「レインボーフィッシュ」ってどんな魚?【平坂寛の『あつ森』博物誌】

  7. 『モンハンライズ』Ver3.0における狩猟笛の装備事情―「百竜笛【如意自在】」を用いた安定構築や、バルファルク防具を活かした火力特化まで自由自在

  8. 『モンハンライズ』Ver3.0は“徹甲ヘビィ”が熱い!強力に生まれ変わった「ヘビィボウガン」の魅力を語る

  9. 『ゼルダの伝説 ブレス オブ ザ ワイルド』続編、E3の新映像を考察! リンクの右手が古代兵器に!?

  10. 『モンハンライズ』火力最強「一虎刀【餓刃】」は根強い人気!Ver2.0武器なのに現役、その秘密は特殊な生産ルートにあり

アクセスランキングをもっと見る