人生にゲームをプラスするメディア

オーフェン、読子・リードマン、ケロロ軍曹、あらゆる“能力者”が集うクロスオーバーRPG『ヒーローズファンタジア』

バンダイナムコゲームスは、プレイステーション・ポータブルソフト『ヒーローズファンタジア』の最新情報を公開しました。

ソニー PSP
バンダイナムコゲームスは、プレイステーション・ポータブルソフト『ヒーローズファンタジア』の最新情報を公開しました。

『ヒーローズファンタジア』は、人気アニメ作品10作品を混載した、クロスオーバーRPG。1990年代~2000年代アニメから「スクライド」「舞-HiME」「ケロロ軍曹」「R.O.D -READ OR DIE-」「BLOOD+」「DAKER THAN BLACK-黒の契約者-」「DARKER THAN BLACK -流星の双子-」「スレイヤーズREVOLUTION」「魔術士オーフェン」「魔法戦士リウイ」の10作品のキャラクターが登場し、「現実世界」と異世界「アドロアス界」が交錯した世界を舞台に、多重攻撃入り乱れる迫力の戦闘を繰り広げます。

本作では、敵味方のターンが交互に入れ替わるターン制によるバトルを採用。フォーメーションの自由な入れ替えによるキャラクターチェンジ、多数のキャラクターによる迫力の多重攻撃を手軽な操作で実現するのが、バトルシステム「ダイレクト アクション シフト」です。

「ダイレクトアクションシフト」では、バトルに参加可能な味方(最大16人)の内4人が、それぞれPSPの△○×□ボタンに対応したフォーメーションになっています。□を押すと、□に対応したキャラがアクションし、○を押すと、○に対応したキャラがアクションします。十字キーの上下と左右を押すことで、ポジション(前衛・後衛)の入れ替えが行えます。

ポジションは各作品ごとに振り分けられており、入れ替えを行うと、配置によって行動キャラクターが変わります。キャラクターによって能力・特性が異なりますので、適切な運用が勝利の鍵となります。通常のダメージ攻撃や回復魔法、特殊効果をともなった攻撃など、キャラクターにはそれぞれ異なった能力・特性があるので、これをダイレクトにシフトチェンジしてください。

また、バトルシーンでは必殺技のアニメ演出が挿入されます。各キャラとその必殺技としては・・・

カズマ(スクライド)の「衝撃のファースト・ブリット」
オーフェン(魔術士オーフェン)の「我は砕く原始の静寂」
リウイ(魔法戦士リウイ)の「リウイパンチ」
読子・リードマン(R.O.D-READ OR DIE-)の「ザ・ペーパー」
ケロロ軍曹(ケロロ軍曹)のアンゴル・モアの究極奥義「黙示録撃(ハルマゲドン)」
鴇羽舞衣(舞-HiME)の「カグツチ」
音無小夜(BLOOD+)の「斬撃」
黒(DAKER THAN BLACK-黒の契約者-)の「電撃」
リナ=インバース(スレイヤーズREVOLUTION)の「竜破斬(ドラグ・スレイブ)」
蘇芳・パブリチェンコ(DARKER THAN BLACK-流星の双子-)の「対戦車ライフル」

などなど、オリジナル作品でお馴染みの必殺技が登場します。

『ヒーローズファンタジア』は、今冬発売予定です。

※画面は開発中のものです。

(C)秋田禎信・草河遊也/角川書店・TBS
(C)神坂一・あらいずみるい/富士見書房/スレイヤーズR製作委員会
(C)サンライズ
(C)BONES・岡村天斎/DTB製作委員会・MBS
(C)BONES・岡村天斎/DTBG製作委員会・MBS
(C)水野良・横田守/魔法戦士リウイ製作委員会
(C)吉崎観音/角川書店・サンライズ・テレビ東京・NAS・BV
(C)2001,2002 スタジオオルフェ/アニプレックス
(C)2005 ProductionI.G・Aniplex・MBS・HAKUHODO
(C)2011 NBGI
《冨岡晶》

編集部おすすめの記事

ソニー アクセスランキング

  1. 『Apex Legends』パッチ1.13が配信!音声関連のパフォーマンス、当たり判定一部改善など

    『Apex Legends』パッチ1.13が配信!音声関連のパフォーマンス、当たり判定一部改善など

  2. 『FF7』リメイクで消えちゃいそうだけど魅力的なポイント10選

    『FF7』リメイクで消えちゃいそうだけど魅力的なポイント10選

  3. 『FF7』リメイク版で絶対に見たいシーン・遊びたい要素12選!あの名場面はリメイクでどうなる?

    『FF7』リメイク版で絶対に見たいシーン・遊びたい要素12選!あの名場面はリメイクでどうなる?

  4. 次世代プレイステーションに超高速広帯域の専用SSDが搭載―シーン読み込み時間はPS4 Proと比較して1/10に

  5. 『JUDGE EYES:死神の遺言』をゆるゆる楽しめる10のポイント

  6. 海外版『JUDGE EYES:死神の遺言』ピエール瀧演じた羽村京平の差し替え後映像が公開―日本語音声は未発表

  7. PS4『ゴッド・オブ・ウォー』販売本数1,000万本突破!

  8. 『FF7』リメイク版のPVで気になる10のポイント!バトルはどう進化するのか、原作再現要素など注目すべき点をチェック

  9. 『JUDGE EYES:死神の遺言』新価格版を7月18日に発売!ピエール瀧氏のキャラクターモデル・音声は差替えに【UPDATE】

  10. DLC4弾のストーリー概要も明かされた「ACECOMBAT 極上爆音 FAN MEETING」…「映画にしたほうがいいのでは」発言には拍手喝采!

アクセスランキングをもっと見る

1