人生にゲームをプラスするメディア

【China Joy 2011】中国でも始まった「Mobage」について聞いた

今年の「China Joy 2011」では初めてB2Bコーナーが設置され、ビジネスミーティング向けのブースが多数並びました。ツールやミドルウェアベンダー、受託開発を行うデベロッパーそしてパブリッシャーなどです。

ゲームビジネス 市場
 
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
今年の「China Joy 2011」では初めてB2Bコーナーが設置され、ビジネスミーティング向けのブースが多数並びました。ツールやミドルウェアベンダー、受託開発を行うデベロッパーそしてパブリッシャーなどです。

そんな中に日本のディー・エヌ・エーやグリーもブースを構えています。ちょうど先週27日より「Mobage」を中国でも開始したDeNA Chinaの唐さんにお話を聞くことができました。

「Mobage」がスタートしたのはAndroid向けのアプリとウェブ版。中国ではグーグルの公式Android Marketが存在しないことから、Q1というポータルサイトの運営する最大手のマーケットでの配信開始となりました。今後も様々なマーケットでの配信を予定しているとのこと。

現在サービスされているのは『怪盗ロワイヤル』『忍者ロワイヤル』『アクアコレクション』そして中国で開発が行われたという『地鼠大冒険』というゲームの4種類。『怪盗ロワイヤル』はウェブ、その他はアプリでの提供です。今後も農場ゲームなどパートナータイトルも含めて順次追加を行っていくそうです。当然今回の出展の目的も現地デベロッパーの開拓があったとのこと。

中国版「Mobage」はゲームのみでなく、ソーシャルネットワーク要素も完備されていて、友達との交流やミニメールのやりとりも出来るようになっています。

まずはPCサイトでの広告などで認知を図り、いずれは日本のようなテレビCMでの展開も行い、ユーザーの拡大を図っていきたいとのことでした。ブースでは孫悟空のような忍者や多くのスタッフがお客さんの対応をしていてディー・エヌ・エーの意気込みを感じることができました。ライバルは多いながらもこの大きな市場でどのように展開していくのか期待ですね。
《土本学》

編集部おすすめの記事

ゲームビジネス アクセスランキング

  1. JeSU「eSPORTS 国際チャレンジカップ」を2019年1月に開催─賞金総額は4タイトル合計で1,500 万円

    JeSU「eSPORTS 国際チャレンジカップ」を2019年1月に開催─賞金総額は4タイトル合計で1,500 万円

  2. スマホゲーム業界のマーケティングカオスマップ(β版)が公開―ゲームのライフサイクルに合わせる形で分類・整理

    スマホゲーム業界のマーケティングカオスマップ(β版)が公開―ゲームのライフサイクルに合わせる形で分類・整理

  3. 【CEDEC 2017】ゲームの特許は難しくない!だれでもわかる効果的なゲーム特許の取得方法

    【CEDEC 2017】ゲームの特許は難しくない!だれでもわかる効果的なゲーム特許の取得方法

  4. 収録曲は180曲以上!PS2『beatmania IIDX 16 EMPRESS+PREMIUM BEST」10月15日発売決定!

  5. 今週発売の新作ゲーム『JUDGE EYES:死神の遺言』『GOD EATER 3』『ボーダーランズ2 VR』他

  6. 物理ベースでの絵作りを通して見えてきたもの/アグニのデザイナーが語るリアルタイムワークフロー・・・スクウェア・エニックス・オープンカンファレンス2012

  7. 【GDC 2015】App StoreやGoogle Playでフィーチャーされる秘訣は「ビックマック」にあり!?

  8. 株式会社そらゆめが倒産―『ひぐらしうみねこカードバトル』の開発、クラウドファンディングサイトを運営

  9. 【OGC 2010】改めて知るMMORPGの特性と魅力~大手各社がパネルディスカッション

  10. 任天堂、ソニー、マイクロソフトが共同制作 「保護者のみなさまへ」ペアレンタルコントロールを解説するチラシ配布中

アクセスランキングをもっと見る