人生にゲームをプラスするメディア

【China Joy 2011】中国でも始まった「Mobage」について聞いた

今年の「China Joy 2011」では初めてB2Bコーナーが設置され、ビジネスミーティング向けのブースが多数並びました。ツールやミドルウェアベンダー、受託開発を行うデベロッパーそしてパブリッシャーなどです。

ゲームビジネス 市場
 
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
今年の「China Joy 2011」では初めてB2Bコーナーが設置され、ビジネスミーティング向けのブースが多数並びました。ツールやミドルウェアベンダー、受託開発を行うデベロッパーそしてパブリッシャーなどです。

そんな中に日本のディー・エヌ・エーやグリーもブースを構えています。ちょうど先週27日より「Mobage」を中国でも開始したDeNA Chinaの唐さんにお話を聞くことができました。

「Mobage」がスタートしたのはAndroid向けのアプリとウェブ版。中国ではグーグルの公式Android Marketが存在しないことから、Q1というポータルサイトの運営する最大手のマーケットでの配信開始となりました。今後も様々なマーケットでの配信を予定しているとのこと。

現在サービスされているのは『怪盗ロワイヤル』『忍者ロワイヤル』『アクアコレクション』そして中国で開発が行われたという『地鼠大冒険』というゲームの4種類。『怪盗ロワイヤル』はウェブ、その他はアプリでの提供です。今後も農場ゲームなどパートナータイトルも含めて順次追加を行っていくそうです。当然今回の出展の目的も現地デベロッパーの開拓があったとのこと。

中国版「Mobage」はゲームのみでなく、ソーシャルネットワーク要素も完備されていて、友達との交流やミニメールのやりとりも出来るようになっています。

まずはPCサイトでの広告などで認知を図り、いずれは日本のようなテレビCMでの展開も行い、ユーザーの拡大を図っていきたいとのことでした。ブースでは孫悟空のような忍者や多くのスタッフがお客さんの対応をしていてディー・エヌ・エーの意気込みを感じることができました。ライバルは多いながらもこの大きな市場でどのように展開していくのか期待ですね。
《土本学》

編集部おすすめの記事

ゲームビジネス アクセスランキング

  1. 戦慄ホラー『Outlast 2』開発元が「専用おむつ」を発表!ファンからの「漏らした」報告を受け

    戦慄ホラー『Outlast 2』開発元が「専用おむつ」を発表!ファンからの「漏らした」報告を受け

  2. 見落としや煩雑さが激減し、プロジェクト進捗管理が円滑に――『コトダマン』制作過程における「SHOTGUN」導入事例【CEDEC 2018】

    見落としや煩雑さが激減し、プロジェクト進捗管理が円滑に――『コトダマン』制作過程における「SHOTGUN」導入事例【CEDEC 2018】

  3. 日テレがe-Sports事業に参戦!プロチーム「AXIZ」を結成し7月からは地上波で専門番組も開始

    日テレがe-Sports事業に参戦!プロチーム「AXIZ」を結成し7月からは地上波で専門番組も開始

  4. 【CEDEC2017】『NieR:Automata』の世界を彩る効果音はどのように実装されたのか?デザインコンセプトとその仕組みについて

  5. 「2017年YouTuberタイアップ動画起用社数ランキング」が公開―業種内訳は「ゲーム」が最も多い結果に

  6. 【CEDEC 2017】ゲームの特許は難しくない!だれでもわかる効果的なゲーム特許の取得方法

  7. 【CEDEC 2014】「野生の研究者」のパワーで社会を変える!ニコニコ学会βがめざすも

  8. 『アズールレーン』ケッコンVRでフッドさんとハッピーウェディング【レポート】

  9. 【TGS 2014】CyberZブースにて、日本初来日の海外スマホトップ企業が対談 King.comとMachineZone

  10. それは“絶望の一週間”―『シノアリス』のエンジニアがサービスイン時の混乱を語る【CEDEC 2018】

アクセスランキングをもっと見る