人生にゲームをプラスするメディア

任天堂、台湾の元ディストリビューターに提訴される・・・「信頼関係を裏切った」

台湾における任天堂の総代理店であった博優が任天堂を提訴したと現地メディアのDigiTimesが伝えています。

任天堂 Wii
台湾における任天堂の総代理店であった博優が任天堂を提訴したと現地メディアのDigiTimesが伝えています。

博優は28年間に渡って台湾における任天堂の総代理店として台湾での流通を担当していましたが、任天堂は2008年7月にエイサーの子会社であるWeblink Internationalにも同様の地位を与え、更に今年3月には博優に与えていた免許を剥奪しました。

任天堂は博優の製品流通やアフターサービスに問題があったと指摘、博優は継続する必要のあるアフターサービスなどで20億円近い損害を被っていると主張しています。

また、任天堂は3月1日付で台湾子会社・任天堂薄天の代表を務めていた博優の代表である曽愛玉氏を解任しています。同氏は長年の貢献や信頼関係を踏みにじるものだとして、台北地方裁判所に20億円の損害賠償を求める訴訟を起こしています。

ちなみに博優は現在でもウェブサイトで「任天堂総代理店」との旨を表記しています。
《土本学》

編集部おすすめの記事

任天堂 アクセスランキング

  1. マリオになれるマスクやまさにそのまま「ヨッシーのクッキー」─会場で販売する限定品や先行品をいち早く披露

    マリオになれるマスクやまさにそのまま「ヨッシーのクッキー」─会場で販売する限定品や先行品をいち早く披露

  2. 『スプラトゥーン2』フェス「トリック vs トリート」はトリック派が多数!【読者アンケート】

    『スプラトゥーン2』フェス「トリック vs トリート」はトリック派が多数!【読者アンケート】

  3. 『スプラトゥーン2』Ver.4.1.0の注目ブキ10選!塗り性能変化でナワバリに嵐が巻き起こる!?

    『スプラトゥーン2』Ver.4.1.0の注目ブキ10選!塗り性能変化でナワバリに嵐が巻き起こる!?

  4. 「Nintendo Switch Online」はどんな人が入るべき?そのメリットとデメリットをチェックしよう

  5. 【特集】『スプラトゥーン2』超初心者を脱するための“戦場の鉄則”8箇条

  6. 『スプラトゥーン2』使いこなせたらカッコいいブキ10選

  7. 『フォートナイト』浮遊を始めた小島たちが雷光と共に浮島へ収束ー今度は何が起こるのか

  8. ニンテンドースイッチの新型が2019年後半に発売か―事情を知る複数の関係者が明らかに

  9. 『スプラトゥーン2』でこんなことしていない?“味方にイカしてないと思われるやつ”6つの特徴

  10. 『スプラトゥーン2』次回フェス「トリック vs トリート」はハロウィン仕様! テンタクルズやステージもお祭り気分─特別な仮装ギアもプレゼント

アクセスランキングをもっと見る